奥永さつき

日々のできごとをそこはかとなくつづります。

気持ちはわかるのだが

2017-01-25 21:20:10 | 社会
 死者58人、行方不明者5人を出した2014年9月27日の御嶽山(長野・岐阜県境)噴火で、気象庁が噴火警戒レベルの引き上げを怠ったなどとして、死亡した登山者5人の遺族11人が25日、国と長野県に総額1億4000万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁松本支部に起こした。
 御嶽山では噴火前の9月10日に52回、同11日に85回の火山性地震が観測された。訴状で原告側は、噴火警戒レベルを1(平常=当時)から2(火口周辺規制)に引き上げる基準の1日50回以上の火山性地震に該当しており、気象庁は遅くとも同12日早朝には引き上げる義務があったと指摘。火口周辺約1キロの立ち入りが規制されていれば、犠牲者は出なかったと訴えている。
 県については、山頂付近などに設置した地震計2カ所が13年から故障しているのを知りながら、放置していたと指摘。県は地震計のデータを提供する協定を07年に気象庁と結んでおり、精度の高い観測ができていれば、噴火前に警戒レベルを引き上げられたと主張している。
 気象庁はこれまで、火山性微動や地殻変動が当時観測されなかったなどとして、総合的に判断してレベルの引き上げを見送ったと説明してきた。(時事)

噴火の約2週間前から火山性地震が増加していたが、発生していた地震のタイプは2007年と異なり火山性微動は観測されていなかった。しかし、噴火の約11分前と噴火直後の約30分間に北東に11km 離れた高感度地震観測網の開田高感度地震観測施設 (N.KADH) では火山性微動が観測されていたほか、7分前には傾斜計で山体が盛り上がる変位も観測されていた。
常設の地震計を設置している名古屋大学の観測チームによれば、噴火の前兆として阿蘇山などで観測される特徴的な長周期震動は観測されなかった。(Wikipedia)


噴火前の9月10日と11日に火山性地震が基準を超えたとしても、その後収まり、火山性微動がなかったのだから、気象庁がレベルを上げるという判断は難しかったと推測する。
残念ながら、今の我々の科学レベルでは、地震も火山噴火も予知はできない。

あの福島原発事故以降、「想定外」は許されないという雰囲気なのだが、全知全能の神でもない限り、「想定外」はある。そう認識して行動する以外にないのだし、今回の裁判で被告側の担当者が「ある意味での責任」を負わされるようなことになれば、地震学者・火山学者や、気象庁・自治体の担当者になりたくないという風潮が生まれるのではないだろうか。
そうなれば、今でさえ困難な予知や予防に関する研究や対策が後退するのではないかと懸念される。
原告の悔しい気持ちはわかるのだが、訴訟はいかがなものか。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学級会か | トップ | 関空は日本一! ???? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。