奥永さつき

日々のできごとをそこはかとなくつづります。

奇々怪々な賞

2016-10-08 16:49:18 | 社会
諸々の賞の多くは、だまっていてもらえるものではなく、推薦というボトムアップから始まります。選考過程ではロビー活動があったりする場合もあるでしょう。

いずれにしても、結構怪しげなものではあります。
その最たるものはノーベル平和賞ですね。オバマ大統領の時もそうでしたし、今年のコロンビア大統領に授与されることになったノーベル平和賞は奇々怪々です。
26万人が死亡し4万5000人が行方不明となっている内戦の終結を目指したコロンビア政府と左翼ゲリラ組織「コロンビア革命軍(FARC)」の和平合意が授賞理由のようです。
でも、コロンビア政府とFARCが9月26日に調印した和平協定は、今月2日の国民投票で、わずかな差で否決されました。
FARCに土地を奪われた国民は数多くいます。
左翼ゲリラ組織なのですから、組織を壊滅して平和を取り戻したというのならば、「平和賞」に値すると思いますが、どうなのでしょう。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「防衛費」か「軍事費」か | トップ | お手本にはならないようで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。