奥永さつき

日々のできごとをそこはかとなくつづります。

ふるさと納税の返礼品過熱はよいことだ

2017-05-16 21:04:23 | 社会
FNN報道によれば、鹿児島県曽於市に500万円以上ふるさと納税すると300万円の手製キャンピングカーが貰えるとのことで、「即完売」らしい。
総務省は、返礼品は寄付金の3割に抑えるように通達しているとのこと。
だが、曽於市の場合には、200万円は入るのだし、キャンピングカー製造会社も潤うわけで、3割に抑えるなどという制限を設けず地方活性化のためには大いにやればよい。それで東京都などの税収が減ったとしもたいしたことないだろう。東京都は5000億円以上かけてできた豊洲市場を遊ばせておく余裕があるのだから。

政府は一方で「地方創生」などと掛け声だけは上げているのだが、自己矛盾していないか。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ自衛隊なんだ | トップ | 加計学園の何が問題? »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (北極熊)
2017-05-17 13:18:32
ふるさと納税をしたものは、2,000円損するのだから、それを補填できるだけの返礼品にしないと駄目だね。寄付額にかかわらず、2,000円でその自治体が地元で仕入れられるものなら、寄付する側からみた小売価格では、3,000以上に見えるものだろうから丁度言い。ふるさと納税は、強制的に田舎の産品を買わせるような制度ではいけない。 

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事