奥永さつき

日々のできごとをそこはかとなくつづります。

プロ野球CSは不要

2016-10-16 21:28:52 | 社会
プロ野球CSは、少しでも収益を上げたいという球団や、それに便乗したいマスコミの金銭的理由からやっているのでしょう。でも、過去のCSの勝者のほとんどはペナントレースの勝者です。今年も、ご多分に漏れず、セリーグはぶっちぎりでペナントレースを制した広島がDeNAを軽くあしらいましたし、パリーグもペナントレース終盤の勢いを駆って日ハムが制しました。大谷投手の最速165 km/hと、初セーブというおまけはありましたが。
仮にDeNAやソフトバンクが勝ったとしたら、広島ファンや日ハムファンは不条理だと思うでしょうね。

レギュラーシーズンで負けたら、勝者を尊敬し、来年こそは負けないぞと心する。それがあるべき姿です。「敗者復活」なんてのはスポーツ界に相応しくない。社会保障制度ではないのですから。プロ野球CSは興ざめだから、止めるべきです。

もう一つ。
サッカーJリーグの2ステージ制も止めたほうがよい。

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳥にも勝てない | トップ | 東電は重く受け止めべきだ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。