奥永さつき

日々のできごとをそこはかとなくつづります。

与党内野党は切り捨てましょうよ

2017-03-15 21:16:04 | 社会
総選挙や参議院選挙で「選挙区は××を、比例は公明党を」なんて選挙カーが駆け巡るが、「比例も自民党」という自民党支持者がほとんどだろう。逆に、創価学会員のどれだけが自民党候補に投票しているのかも定かではない。
連立政権で公明党が足を引っ張っているから、安保法制も自衛隊員のリスクを増大させたように、良いことはない。
キャスティング・ボートが決めるというのは「民主主義」に反しているわけで、自公連立政権は解消してもらいたいと常々考えている。

来る東京都議会選では、公明党は「都民ファースト」と手を組むようだ。民進党議員も勝てないから、ドロ舟は捨てる。キャスティング・ボートになりたいと言えば聞こえはまだましかもしれないが、実際のところは保身だけだ。
自民党の二階さんも下村さんも覚悟は決めたのだろう。お二人の手腕が試されるというものだ。

この機会だから、安倍さんも与党内野党は切り捨てたらどうだろう。
いや、家庭内野党の夫人と同じで、切れないか。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「小池知事は情報操作」 | トップ | 法に厳格な判決と、情を重ん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事