奥永さつき

日々のできごとをそこはかとなくつづります。

メリハリのある世界に

2017-01-30 21:32:59 | 社会
米国のトランプは「公約」通りイスラム圏からの入国を制限し、航空会社も多少混乱しているようだ。これまでのビザ発行を見直し再発行すると宣言し、準備期間を設ければよいものをいきなりだから反発を食らう。

世界は、漠然とした淡色の世界からメリハリのある世界に変わるのだろうか。

国連では無能事務総長、米国もダメオバマだったから、ナショナリストのロシアのプーチンやシナの習が幅を利かせてきた。神様がそれではいかんと思ったのかどうか、対抗軸として米国国民にトランプを選ばせた。
新しい事務総長の手腕は知らないが、トランプは実業家だから思考回路は単純で、わかりやすいと言えばわかりやすい。トランプには中東の複雑な多元・非線形連立方程式を解くことはできないから、諸々の変数は無視して、ISを滅ぼすことが当面の解になる。ビジネス社会の優先順位の高いものから片づけましょうということらしい。大胆な仮定の下の消去法とも言える。その仮定が正しいか否かは結果が判定するのだが。

さて、フランス。
ここも大統領選に向けて混とんとしているようだ。
社会主義国家の一公務員にすぎないかと思われるほど影が薄かったオランドはさすがに次の大統領選には出馬しない。自己の能力を正しく評価しているという意味では、まあ真面だったというべきか。
フランス国民がメリハリを求めればルペン女史ということになる。
だが、多分そうはならないだろう。
革命を経験した歴史ある国民はリベラリストでかつナショナリストだから。

日本はリベラル(非リベラリスト)=反日、保守=天皇崇拝者という全く可笑しな国だ。いつになったらまともな国になるのだろう。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日の関東は4月並みの暖かさ | トップ | ゼネコンの言い値 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。