奥永さつき

日々のできごとをそこはかとなくつづります。

「何でも反対とみられているから支持率が上がらない」

2017-04-04 20:17:55 | 社会
 民進党の前原誠司元外相は4日、報道各社の世論調査で、同党の支持率が低迷している現状について「(有権者から)何でも反対しているようにみえていることが、支持率が上がらない大きな要因だ」と分析した。党が配信したネットの動画番組で語った。
 前原氏は「国家、国民のプラスになることには堂々と対案を示し、(与党との)修正協議にも応じ、よりいいものをまとめる。そういう所も見せた方がいい」とも指摘した。(産経)


「みられている」ではなく、「反対」が「対案」なのだから仕方ないでしょう。
「対案を示し、(与党との)修正協議にも応じ」ている日本維新の会を「ゆとう」呼ばわりする資格はありませんね。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まさに「ゼロ回答」 | トップ | 証人喚問とはなんだったのだろう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。