生きる

一度しかない大切な人生!
自然の中に身をゆだねて、めぐり合ったもの達と、毎日を静かに、楽しく過ごしたい!

その女の海 66

2017-07-31 16:56:40 | あの空に太陽を 68

チョンギル製粉はテサン商会の社長ハンとジョンウクの乗っ取りの計画にすっかりはまってしまい、違約金や手形の決済

等金を必要とするのですが、テサン側がすべて手をまわし、チョンギルが破産寸前だとか、製粉に農薬を入れたなど全く嘘のうわさを流して乗っ取りを図ろうとしていました。祖母チョン・グムレもソヌも寝られぬ夜を過ごします。

しかしソヌの見合い相手の祖父がテハン電機の会長ハンで、孫娘の頼みで金を貸してくれることになったのです。

テサン商会の社長がちょうど乗っ取りのために祖母社長のところへ金を貸す話に来ていたところに電話があったのでした。

計画が没になり、帰社したハンはジョンウクを怒鳴りつけます。

スインの母は胃の痛みが止まらず薬で抑えることが不可能になっていました。

ダルジャは結婚して3年たつのに子宝に恵まれず焦っていたのです。

ある日祖母ハンは疲れから体を壊していました。

運転手になったテスが部屋まで祖母社長を送ってきます。その時スインが心配して出てきました。

スインをみて驚くテス。スインもおっぱーと言って驚きの声を上げました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その女の海 65

2017-07-28 15:28:21 | あの空に太陽を 68

ソヌの見合い手相手は同業者ハン会長の孫娘でソヌを大変気に入り、交際を望みます。喜ぶ祖母とスイン。

ソヌはスインに好きだと言い出せないでいたのです。

スインは先日ギョンヒに会った時、息子の戸籍がないから誰かと再婚して息子に父親を作ってやりなさいと言われたことを思い出して複雑な心境ではあったのです。

チョンギル製粉では先日工場長が首にした工員が逆恨みして、ある日車で帰社した会長を襲います。運転手は殴られ倒れてしまい祖母会長も殴られそうになった時、助けに入った男性がその工員を殴り、祖母会長を守ります。カン・テスでした。祖母はその青年を探しにソヌをやり、会社に連れてこさせました。礼を言い、金を包みますが受け取らないテス。聞けば自分は4年間盗みで監獄にいた前科者であること。そして自分は盗んでいなかったのに罪を着せられたことなど言って帰っていきます。祖母会長はテスを気に入ってちょうど退職を希望していた運転手の代わりに雇うことになったのです。

さてテサンではチョンギルを乗っ取るために着々と工作をしていました。小麦粉を納入している会社に賄賂を渡し、チョンギルとの取引を停止させたのです。これでチョンギルは小麦粉の生産ができず、資金繰りが苦しくなり、破産寸前に陥ります。

仁川のクッパやではスインの母が胃を痛め、医者から精密検査を進められていました。(胃がんではないかしら?)

テサンではジョンウクが幅を利かせて威張り散らし、あのやーさん社長も嫌気がさしていたのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その女の海 64

2017-07-27 16:27:02 | あの空に太陽を 68

セヨンとジョンウクはセヨンの卒業後結婚することで、セヨンはその日を首を長くして待ち望んでいました。ジョンウクは益々悪人になって、テスが4年の刑を終えて帰ってきたことを知ると、社長のハンに何とかせねばと話を持ち掛けます。しばらく様子を見ようと言う社長の言葉で納得。テスは服役中に世話のなった義父に死に別れれいたのです。すべてをコ班長達が世話をしてくれたのでした。そして義父の墓参りを済ませて帰宅したテスを一家はご馳走を作って暖かく迎えたのでした。

スインは生まれた息子と幸せに会長宅で暮らしていたのです。そしてソヌはどうしてもスインをあきらめられず、見合いをしてもうまくいかなかったのです。会社に再就職したチャ執事はソヌがスインに心を寄せているのを知っていたのです。結ばれない縁だからあきらめろと言うチャンに悩むソヌです

ソヌの祖母は長年の夢だった貧民のための財団を作る夢を実現すべくチョンギル財団を起こします。祝いにやってくるハン社長夫妻とジョンウク。彼らがチョンギルを乗っ取ろうとしているなど夢にも思わなかったのでした。

スインは息子に会いたがっているギョンヒに会いに行きます。喜ぶギョンヒ。二人を送って帰宅すると、テスが待っていてスインを訪ねてきたのでした。どこにいるのか知らないと言うギョンヒに、自分はソウルに住むことになったから、住まいが決まった知らせると言って帰っていきました。テスはスインの無罪を晴らすことを目的にソウルに出て来たのです。

テサン商会はチョンギルを奪うために、社員を手なずけていました。その中の一人が暴れだしたと言う工場長の電話が入ります。まあ心配ないだろうとたかをくくっている会長ですが。

ソヌは見合いをします。相手はソヌを気に入って交際したがります。スインはソヌの気持ちに気づかず決まってくれればいいのになどと言いますが、ソヌはどうしてもスインをあきらめられないのでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その女の海 63

2017-07-26 15:12:03 | あの空に太陽を 68

テスの脅迫にジョンウクは社長ハンに相談します。そしてジョンウクの案を翌日実行することに。ジョンウクは益々悪に染まっていきます。

次の日妻が同窓会に行くっと言っているのを気持ちよく送り出す夫ハンですが、妻の引き出しからごっそり宝石を抜き取り、

その包みをテスの上着に入れました。そして警察に連絡し、犯人を捜させテスの上着のポケットから出てきた宝石。テスは犯人にされたのです。仕事から帰る途中で逮捕され全く意味が分からず警察に連行され宝石を盗んだ犯人にされたのです。必ず真実を明かしてやると心に誓うテス。

さてスインは初雪の降る日に男児を出産します。ソヌは最初スインの妊娠を信じられず複雑な心境でしたが、赤ん坊の靴やソックス、産着などをお祝に送っていたのでした。そして会長宅で用意したベッドなど、幸せな生活が始まります。

ダルジャはどうしてもコ班長をあきらめきれず、チェ・チュボクに断りを入れ、めでたくコ班長と結ばれました。

長期にわたって拘留されたテス、やっと刑務所から出てきます。必ず社長たちの悪事を暴いてやると心に秘めていたのです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その女の海 62

2017-07-25 16:47:00 | あの空に太陽を 68

ハン社長は棒切れとシャベルを持っていたのです(ナイフではなかった)。

犯人の男(あの10年前に濡れ衣を着せられ逃げていた男をハン社長の命令で殺害し、スインの父、ドンチョルが殺人犯にされたのでした)。その男を追ってドンチョルと布屋の社長パンが追いかけていたのですが、今回も取り逃がしていたのです。

その男がセヨンを誘拐、ナシ小屋に拉致したのでした。電話でハン社長を呼び出し金を置かせその場所で調べていた犯人をハンが襲ったのでした。シャベルや棒で殴って山の斜面に投げ捨てます。その一部始終を会社帰りのジョンウクが見ていたのです。枯葉をかけられ死んだものとして娘を探しに行き助けます。警察に連絡しようと言う娘に、この事実が世間に知られたらお前の身に悪影響を及ぼすと諭して家に帰ります。ジョンウクは半死の男を助けて旅館にかくまいました。そして殺されそうになった理由を聞かれ、スインの父を殺人犯に仕立てて服役させた状況を説明しました。

テスは社長室で話しているハンとジョンウクの話から、スインが社長とジョンウクの帳簿操作の犯人に仕立てられたことを知ります。

チョン会長はスインの部屋で母子手帳を見つけ、スインを問い詰めます。父親は誰か?の質問に死んだと答えるスイン。スインは出ていこうとしますが、その体でどこで働くつもりだ?家にいなさい!と言ってくれます。

ソヌはスインにプロポーズしようときれいなネックレースを買い、翌日プロポーズするつもりでいました。

しかし帰宅したソヌは祖母がスインにあなたは身重なんだからと言う言葉を聞き驚きます。

練炭中毒死寸前のコ班長を救ったダルジャ、コはやはりダリジャが好きだったと気づき告白しますが、ほくろが私の運命の人と話すダルジャに片腕を脱いで大きなほくろを見せるコ班長。びっくりするダルジャです。

テスはジョンウクにお前が守らなければならなかったスインを犯人に仕立てたなんて許せないと迫りました。

 

(ジョンウクが追われて死の寸前の男を収容した宿屋は、あの夜学学校ですし、ソヌが住んでいる家は私の心に太陽がの家。

病院は何度も出てきらドラマと同じ病院です!)

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加