生きる

一度しかない大切な人生!
自然の中に身をゆだねて、めぐり合ったもの達と、毎日を静かに、楽しく過ごしたい!

明成皇后

2010-05-30 16:37:59 | 日記
大院君はミン妃一族の開国政策を批判して、大衆を動かし宮廷内に乱入させ、ミン妃、及び一族を殺害しようとします。
ミン妃だけは側近に守られて難を逃れ一族の家にかくまわれます。

一方大院君は再び王を差し置いて権力を握り、次々と自分の理想の政策実現へと向かっていきます。
ミン妃の遺体が無いにもかかわらず、妃が結婚式で使った衣装を棺の中にいれ葬式を執り行いますが、この間王は何も言えずただ涙するのみ。
父親の遺伝子は全く受け継がなかったみたいです。

ところで王は一人で寝ることが出来なかったけでなく、王妃と自由に寝ることも出来なかった。周りから常に監視され八人の年輩の尚宮が寝室を取りかこむように作られた八つの小部屋から王を監視していたのだ。

この八人の年輩の尚宮が王の体に無理がかからないように、吉日を選んでその日を決めたそうだ。その日になると、仕えている宮女が今夜は王の部屋に布団を敷けなどと命令。
王妃は桃色のチョゴリに藍色のチマ、そして薄化粧に装飾品を身につけ王の部屋へと手を引かれていった。
聞いただけでも窮屈な生活だったのですね。

一方王は王妃以外なら、どの宮殿でもどの宮女のところでも自由に寝所を選べ、王妃は必ず自分の寝所を寝所としなければならなかった。
又王が他の宮女の所に泊まっても王妃は嫉妬してはならなかった。
さもないとあのヨンサングンの実母のように、廃妃あるいは死薬を飲まされる事になるからだ。

ミン妃さんも苦労したのですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明成皇后31    大院君の住居 雲ニョン宮(ウンニョングン)

2010-05-23 12:30:29 | 日記
高宗の父、大院君はミン妃が日本はじめ諸外国との修好条約を結んだ事を快く思わず、密かにミン妃暗殺、ソウルの日本大使館襲撃などを計画実行に移していきます。(壬午事変)
このじいさんいくつになっても野心を捨てないおっさんだったのですね。
写真を見ても普通の人相ではないですもの。かなり手ごわい人物だったのでしょう。
この方の住まいが雲ニョン宮です。
王宮以外でも現存している唯一の王族の住まいで、高宗の生家であり、ミン妃との結婚式もここであげた邸。
当時は身分に応じて邸の広さも決まっており、この邸は約一万坪あったと言うから昌徳宮と同じくらいの広さだったことになりますね。
現在は2148坪。地下鉄3号線安国駅3番出口下車すぐ。
見学は自由に出来、邸は表むきは質素だが、中は王宮に匹敵するほど豪華な住まいだとか見ごたえがあるでしょう。
この邸宅内には遺物展示館もあり、二つの部屋からなっていて、最初の部屋は大院君にかんするものが置かれ、高宗が嘉礼をしたときの衣装なども展示されている。
つぎの部屋は大院君の生きていた時代が簡単にわかるようになっている。
私はまだ行っていませんが、膝をなおして一度訪れたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明成皇后

2010-05-16 15:29:36 | 日記
高宗は父の大院君との不仲から多少王妃に対する嫌悪感もあったのか、不仲になり始めチャンサングンと言う側室のもとへと通い始め、チャンサングンは身ごもり王子を産みます。
このまたチャンサングンと言う側室が凄い悪で、言動不一致もいいところ、王や王妃の前では
しおらしく王妃様に何もかも従いますといいながら、裏で6度目の妊娠をした王妃に魔術をかけたりで実にいやなやつなのです。実際はどうか知りませんが、ストーリーを上手に展開して見るものを飽きさせません。
王妃は6人目の子供も早産で100日にして亡くなってしまいます。
ミン妃は夫の高宗とは親戚関係で、血のつながりもあったりで、子供が出来てもうまく育たなかったのでしょう。後の純宗はミン妃が暗殺されてから、後年1907年からわずか三年間最期の王位につきますが、子供が出来ない男性だったのです。
ドラマを見ていると、ミン妃が気の毒になります。
この当時日本が強行に修好条約を結ばせ朝鮮のっとりへの足がかかりをつけはじめるのですが、開国を望むミン妃、それに反対する大院君との葛藤。
あまりにも単純な高宗。
ドラマの中でミン妃が、「自分は農夫の妻にでもなって夫や子供たちと平和に暮らしたかった」と言うセリフがありますが、躍動する社会状況の急激な変化のなかで、必死に国母として国を守ろうとした王妃の本音だったのでしょう。

高宗


ミン妃 明成皇后


大院君
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明成皇后続き

2010-05-06 19:23:25 | 日記
全128話の42話まで見ました。
ミン妃が息子を授かり、跡継ぎとして承認されます。後の最後の王、純宗です。
ここにいたるまで、ミン妃はその明晰な頭脳で、巧みに舅の大院君を追放します。
夫の高宗を演じるイ・ジヌが頼りない夫を、見ていてもいらいらするくらい上手に演じています。
追放された大院君を押す一派が、密かにミン妃の実家に爆薬を送り、知らずに開けたミン妃の弟。大爆発で弟とその息子は即死、母親は大やけどの重症をおい、亡くなります。
ミン妃はこの苦しみを乗り越え、開国政策を取り始めます。
彼女が実に巧みに夫をあやつり政治の実権を握っていく様は見事です。

大院君と言う言葉は元々王の父親を現す言葉だそうですが、彼はあまりにも有名なので大院君と言うとこの方を現すそうです。
彼は息子の高宗が11歳で王になると、摂政としてその権力を振るい、両班から税金をとったり、平民の幸せのために色々な政策をとり、かなり人望もあったようですが、チャンドックン建立で人民からかなりの税金をとり、これにより人民から嫌悪されるようになります。又嫁のミン妃とはそりがあわなかったのか、かなりの葛藤があったようです。

ミン妃は後にロシアに近寄っていきますが、それでもロシアの高官たちにも決して自分の顔がわからないようにしていたと書いてあります。
よほど用心深かったのでしょう。
ですから、角田房子著の王妃ミン妃の著作の表紙の人物も、ミン妃ではなく女官だと言う説もあるようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓流ドラマは韓国語で

2010-05-03 18:17:51 | 日記
見るのが一番です。
最近チャングムを又やっていますね。
以前はNHKの日本語の吹き替えで見ていましたが、今回は韓国語でみていますがやはり全然雰囲気も違うし、見たな!と言う感じです。
あのチャングムの子供時代をやった女の子の演技も、ぐっとそのよさが増してきますもの。
よく仕事をしながら見るので日本語の方が良いと言う人がいますが、理解できません。
そんな見方をするなら見るのはお止めなさい!と言いたいです。
次回からはイ・ヨンエが登場します。彼女の声を聞けるのも楽しみですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加