生きる

一度しかない大切な人生!
自然の中に身をゆだねて、めぐり合ったもの達と、毎日を静かに、楽しく過ごしたい!

どうして君が好きになってしまったのだろう?

2010-04-26 16:32:17 | 日記
東方神起の歌です。
いいですね!
私はパソコンをする時はこのCDをかけて、聞きながら仕事をしています。
仕事?
そうです。殆どがブログを書いたりゲームをしながらです。
日本語でうたってくれているので、よく意味もわかっていいです。
全16曲、いい曲が沢山ありますが、でもこの歌が一番好きです。

解散なんかしないでいつまでも歌い続けて下さいね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風の絵師

2010-04-18 18:39:45 | 日記
全20巻見終わりました。
朝鮮王朝時代に実存した大絵師のキム・ホンドとシン・ユンボクの話。
キム・ホンドに関しては確りした記録があるが、シン・ユンボクは(1758~没年不明)と言うように素晴らしい絵は残っていても、その生涯については殆ど知られていない。
ユンボクの画風は当時の上層階級の風俗を背景に両班とキーセンを中心にした男女間の愛情を扱った繊細で粋な風俗画を得意とした。このドラマを見ていても色々な絵が出てきて、当時の暮らしぶりや、服装など楽しめた。
彼の一族は代々画員。しかしユンボクは俗画を沢山描き図画署を追い出されたようだ。

このドラマはユンボクを実は女性だが男装をして、キム・ホンドの弟子として描かれている。
当時の正祖と貞純王后との対立を軸にちょっとミステリーめいた謎解きもあって結構たのしめた。
キーセン役の女優さん(ムン・チェウォン)が美しく、見ているだけでもうっとりしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明成皇后 ミン妃

2010-04-11 20:22:57 | 日記
見始めました。
以前角田房子さんの本を読み、チャンドックンにある妃の住居が復元されているのを見たりして、興味があったからです。
彼女は父を早くに亡くし、かなり質素な生活をしていたようですが、王妃になってからも三年間王から何の寵愛も受けず、ひたすら読書により学を積んでいたのでした。
やっと出来た子も流産。その後生まれた王子も肛門がない子で三日で死んでしまいます。
何て不幸なのでしょう。
今はここまで見たのですが、本によると彼女は四人の子供を授かるのですが、三人は皆亡くなり後の王になった息子一人だけ成人したのでした。
舅との葛藤などかなり苦労したでしょうが、中々の人物で、内気な王をうまく操縦して偉大な権力を持った王妃に成長して行きます。
最後は日本政府の陰謀で暗殺されるのですが、映画ではどう描かれて行くのか見て行きたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加