生きる

一度しかない大切な人生!
自然の中に身をゆだねて、めぐり合ったもの達と、毎日を静かに、楽しく過ごしたい!

その女の海 15

2017-05-19 16:08:08 | あの空に太陽を 68

ジョンオクはセヨンにあんな失礼な事を言った俺が、借金取りに押しかけられるのを見てさぞ良い気味だと思っただろうと言います

セヨンはそんなことは思わないと言い、もう飲むなと止めるのでした

立ち上がったジョンオクはフラフラしながら帰ろうとしてセヨンの胸に抱きついてしまったのです

驚くセヨン

送って行くと言うセヨンを遮ってフラフラしながら帰って行くジョンオク

翌日登校途中のセヨンにあったジョンオク、昨夜の 飲み代の会計を渡そうとすると、今度夕食をご馳走してと言っ去って行きます

ジョンオクは倉庫に用があって行くとカン、テスがいて、自分も父の病気で金を貸してやれずすまない、社長に頼んでみたらどうかと言います

社長に呼ばれたジョンオク、使いを頼まれますが借金の事は言い出せずそのまま出ていきました。

議員のユン氏に何かと金をやっては土地取引の便宜を計って貰っているハン社長ですが、ある日議員の息子の嫁を探してほしいと頼まれます

早速手下を使ってその息子の素性を調べさせます

頭の中にセヨンがあったのでしょう

ある日ジョンオクはセヨンとの約束の夕食を一緒に食べますが、急にセヨンが苦しみ出し彼女を背負って病院に駆けつけます

急性虫垂炎で手遅れになったら大変だったと言う医者

電話で知らせを受け慌てて駆けつけた両親はジョンオクに感謝します

翌日スンアとジョンオクは見舞いに行きますが、

両親はジョンオクに何度もお礼を言います

何でジョンオクがお礼を言われるのかわからず戸惑うスンアです

ジョンオクが仕事で外出しているとき電話がかかります

それはジョンオクの妹からで、借金取りが来ていて困っていると言うものでした

スンアは妹に会い、ジョンオクには内緒だと言って金を渡します

外の仕事から戻ったジョンオクに母親から電話がありジョンオクの金だと思って借金取りに払ってしまったと言う電話だったのです

スンアは黙っていますが、ジョンオクは気がついているようでした

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その女の海 14 | トップ | その女の海  16 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。