生きる

一度しかない大切な人生!
自然の中に身をゆだねて、めぐり合ったもの達と、毎日を静かに、楽しく過ごしたい!

あの空に太陽が 103

2017-04-04 16:32:30 | あの空に太陽を 68

急いで病院へと運ばれるスンジュン。元気がありません。最近風邪気味で熱が下がらなかった事。あざができやすい事から、医者は精密検査をします。

看病するインギョンは気が気ではありません。そのうち鼻血が出え始めます。

インギョンの家族は心配して病院に詰めかけていました。

ジョンホも電話で駆けつけます。心配そうな一家。

スンジュンが病気で入院したことはナム議員にもジョンホから知らせます。見に行くナム議員ですが、決して直接合おうとはせず、病室の入り口からスンジュンを見ていました。お祖父ちゃんに会いたいと盛んに言うスンジュン。

ミヌもさすがに心配して病院へと行きますが、中には入らず病室の外で不安そうに見ていました。

結局スンジュンは急性骨髄性白血病とわかり、抗がん剤治療を医者から勧められます。

何としてもスンジュンを守って見せると決心するインギョンでした。

そして私が代われたらと思うのでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの空に太陽が 102 | トップ | あの空に太陽が 104 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あの空に太陽を 68」カテゴリの最新記事