生きる

一度しかない大切な人生!
自然の中に身をゆだねて、めぐり合ったもの達と、毎日を静かに、楽しく過ごしたい!

その女の海 36

2017-06-16 16:29:49 | あの空に太陽を 68

警察署の留置所に急いでやってきた母親スンオク、あんたがそんなことやるはずがない!と怒ります。
おんま、ごめんなさい!とだけしか言えないスンアです。

カン・テスは驚いて社長に談判に来ますが、何も弁解しない社長。テスはやーさんの事務所に行きますが、部屋の入ろうとしてドアの前に立つと、
中から話し声が聞こえてきます。あの10年前のドンチョルの事件も、テサン商会の社長が仕組んだものだった。それで彼は10年も服役したんだ。それなのに今度はその娘まで犠牲にするとは・・・と話していたのです。驚いたテス、道で待ち伏せして子分を捕まえ2つの事件の真実をはかせます。
やはりそうだったのかと思ったテスは社長の部屋の行き、スンアを釈放してくれたら、社長のどんな命令も聞く。社長の犬になるからスンアを釈放してやってと頼みます。

それなのに、ジョンオクはスンアが自首した瞬間から恋が終わったと決心、セヨンに乗り換えたのです。ジョンオクが面会に来てくれることを願ったスンアですが、全く顔を見せなかったのです。
(ひどい男だ!)

町で鍋の修繕やをやっている父、ドンチョル、周りからあの父親も10年殺人事件で監獄にいたのに、今度は娘まで横領で逮捕されたなんてと噂話をしている人々を見て殴りにかかり、親友の布やに止められるのでした。

家ではダルジャやヨンソンが、スンアにかぎってそんな事は絶対やらないと信じていました。

ジョンオクはセヨンの交際の申し出を受け入れ、食事を共にし、別れ際にキスをしようとしているところを通りかかったセヨンの父、社長が偶然その
様子を目撃、びっくりしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その女の海 35 | トップ | その女の海 登場人物の俳... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。