生きる

一度しかない大切な人生!
自然の中に身をゆだねて、めぐり合ったもの達と、毎日を静かに、楽しく過ごしたい!

あの空に太陽が 84

2017-03-07 18:31:38 | あの空に太陽を 68

ナム議員はミヌにインギョンの子供の父は君か?と聞きました。驚き一瞬何も言えなくなるミヌ。

そこへインギョンとジョンホが入って来ます。ナム議員はすかさずインギョンに君の子の父親は誰か?と聞いたのです。驚いたインギョンも戸惑って返事が出来ないでいると、ジョンホが俺の息子です。と言ったのです。驚くミヌとインギョン。

ホン院長の店、スンジュンはクムスンと一緒です。スンジュンは画を描くことが好きでその時も画を描いていました。そこへナム議員がやって来ます。

きちんと挨拶するスンジュン、叔父さんの顔を書いていいか聞いて描き始めました。クムスンは気を利かせて、応接間にナム議員を通しました。帰宅したインギョンはクムスンからナム議員が来ていることを聞き、応接間に行きます。

言わなくてもわかるな?二人を認めることは出来ない。

至らない分もっと努力しますと言うインギョンに、努力で変わることではない。しかも結婚もせず子供を産むとは!君ばかりを責めるつもりはない。息子にも非がある。世間では俺だけでなく、家族に目を向けるものも多い。ジョンホが確りしないな

ら、君が目を覚まさせないと。

そこへスンジュンが画を持って入って来ます。ママと言って。驚くナム議員。その子は誰だ?私の息子です。とインギョン。

驚くナム議員。スンジュンから絵を貰うと帰って行きます。驚いた顔をして、店の外に出たナム議員、スンジュンの描いた画の自分の顔を見見て、お前がジョンホの息子なのか?

インギョンの自宅へやって来たジョンホ、スンジュンに自分はスンジュンのパパだと言います。大喜びのスンジュンでした。

ジョンホは義母にインギョンと結婚することを許してほしいと頼みます。スンジュンが喜ぶ様子を見てついに妥協し、二人の結婚を許す義母。

この話を戸の外で立ち聞きしていたチュンジャは驚きます。クムスンたちが知っていたことも。そしてハンスも驚きますが、義姉が幸せになればいいと賛成し、祝ってくれました。

会社、ミヌがジョンホに話があると言い、カンさんの息子は本当に義兄さんの子なのかと聞きます。

それはどう言う意味か?とジョンホ。深い意味はない。ただ理解出来なくて。本気で自分の子にするのか?

本当に俺の息子だ。しかし不愉快な質問だな。  それ位驚いたので。 

驚かない方が変だろうとジョンホ。 お義父さんはこの結婚を許しまか?とミヌ。

これからは俺は守るべき家族を優先する。俺の息子はナム・スンジュンだ。

ピョンはジョンホが自分の息子だと言ったことを不思議に思っていたのです。上手くごまかせたと内心にやりとしているミヌ。

そこへやって来たソヨンはインギョンの息子の父がジョンホだと聞き、狂い始めます。私がまだ離婚する前に出来た子だ!と。

ジョンホの所へ急ぎ行ったソヨン、泣きわめいて攻めたのです。すまなかったと謝るジョンホ。

立ち聞きしていたヒエ。兄さんの子だ?と驚き、義姉との離婚もインギョンのせいだ、許せないと怒ります。

ナム議員は秘書にインギョンの家を調べさせ、家の前に出掛けて行きます。庭でスンジュンと楽しそうに遊ぶジョンホの姿を見て、家では見せない笑顔をしていると思ったのです。

インギョンの家に行ってインギョンの息子の姿を見て来たピョンが、インギョンの息子があまりにもミヌに似ていると驚いて報告したのです。不安が心をよぎるミヌ。

ナム議員の居間、一家が集まっています。ナム議員は誰かを待っているようです。

呼び鈴が鳴って入って来たのはジョンホ、インギョン、スンジュンでした。ミヌの顔がこわばります。

さてナム議員は口を開きました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの空に太陽が 83 | トップ | あの空に太陽が 85 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あの空に太陽を 68」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。