生きる

一度しかない大切な人生!
自然の中に身をゆだねて、めぐり合ったもの達と、毎日を静かに、楽しく過ごしたい!

花を咲かせろ!ダルスン  41

2017-12-12 17:15:43 | あの空に太陽を 68

その時ヨンファの横を工員が通り過ぎます。ヨンファの気持ちがそちらに行っているのを見て瞬間、その燃えた靴を後ろ手に隠していたのを、ごみ箱の中に投げ入れました。そしてヨンファとにこやかにもどっていくホンジュ。

やることなすことすべてダルスンを貶めることしか考えていない小悪の女ホンジュです。

工員から靴の焼け焦げたのがごみ箱の中にあるとの通報でヨンファたちが見に行きますが、その時素早くダルスンのペンを持ち出して現場に落とすホンジュ。そしてさも今見つけたかのように、ここにダルスンのペンが落ちている。あなたが犯人だと叫んだのです。驚くダルスン。懸命に自分が燃やしたのではないと言いますが、怒ったヨンファ、ダルスンを自分の部屋の助手からもとの職人になって靴を作れと言ったのです。内心ニヤリとするホンジュ。テソンにダルスンを首にしろとホンジュは提言。優秀な職人をまだ犯人かわからないのに首にはできないとテソンは言ったのです。

ヨンファは信頼していたダルスンが靴を燃やしたと誤解してすっかりダルスンに嫌気がさしていたのです。会社の同僚たちもすっかり犯人はダルスンだと思って何かとダルスンにつらく当たります。その時やって来たホンシク室長、ただそれだけで犯人とは言えないとダルスンをかばってくれたのでした。

ホンシクから事件を聞いたユンジェもダルスンはそんな人間ではないと思っていたのです。

あの老人の靴職人長がある日テソンのところへやってきて、あの靴事件の日、焼却炉から逃げっていったホンジュを見たと告げたのです。テソンはその話は口外しないようにその老人に頼みます。そして物的証拠を見つけようとしていた時、家政婦が洗濯物を持ってきて、何でこのズボンは焼け焦げがあるのだろうと言っているのを聞いたテソン、そのズボンを手に取って焼け焦げを見たのです。これこそがホンジュが犯人である証拠だとそのズボンを握りしめているところに、ヨンファと食事をしてご機嫌で戻って来たホンジュ、義父の手の中にある自分のズボンを見て仰天したのです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花を咲かせろ!ダルスン  41

2017-12-12 10:12:49 | あの空に太陽を 68

例えホンジュがユンジェの気を自分の方へ向けさせようとしても、ユンジェの心は自分の方には決してむきませんでした。ただダルスンのみだったのです。次の日ダルスンを大学際に連れて行ったユンジェは同窓生だった女友達から小学卒の彼女と付き合っているなんて他のあなたのファンが黙っていないとあからさまに言われ落ち込んでいました。ブニバーとともに生活している姉さん(ホンシクたちの生母)にユンジェのことを相談します。そりゃもちろん親は黙っちゃいない。所詮無理な話だと一蹴されてしまいます。ある日偶然ダルスンはユンジェの両親とは知らずに二人が歩いていた時、声を掛けます。チョンファはダルスンがコンテストに出した靴のすばらしさを覚えていて、明るく挨拶を交わしたのでした。そして偶然その両親と話しているユンジェが彼らの一人息子だと気づいたのです。

それでも翌日自分の手料理で保健所でもてなすユンジェに断りを言えずにいました。そこへユンジェの両親が突然日ごろの息子の生活を見にやって来ます。驚いたユンジェ、ダルスンを机の下に隠して、両親を外へ連れ出したのです。その場は何とか収まりますが。

ヨンファはウンソルの誕生日が近づくと、会社のベテラン老人の靴職人に娘の靴を作らせていました。ある日ヨンファは靴をその老人のところへ取りに行ってくれとダルスンに頼みます。ヨンファの机の上にその靴箱を置いたダルスンでしたが、その靴がウンソルへのものとは知らないホンジュが意地悪をしてその靴を燃やしてしまったのです。偶然その近くを通った例の老ベテラン職人、なんでホンジュが焼却炉のそばにいるのか不思議に思ったのでした。

さてウンソルの靴箱を開けると靴が亡くなっているのを見たヨンファは、ダルスンを厳しくとがめます。

その靴が行方不明のウンソルのものだったと知ったホンジュ、急いで焼却炉から焦げて半分燃えた靴を取り出していると、そこへ何をしているの?と義母ヨンファがやって来たのです。慌てて靴を後ろに隠すホンジュです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加