PPK_Japan ・・・ Leaves dancing in the wind

世の中の柵(しがらみ)から離れ、気ままに、あるがままに

山犬段~天水 散々山行・虫に注意!!

2017年07月09日 22時29分00秒 | 富士山を見る

 週一山行もそろそろ暑さ対策で夏枯れ時期に突入しそうな感じの昨今である。
今回は富士山ビューを楽しめる西限?の山を選んでみた。
 富士山からの距離としては大札山と同じぐらいであるが、展望状況は現地調査して
みないと分からない・・・ということで山犬段起点の山行を計画する。

【H29年7月09日(日)の記録】
 山犬段はオフロード四駆で林道走りをしていた頃に一度だけ行ったことがある場所である。
当時は山歩きには全く興味がなかったので、単なる通過点。
 今回は山歩きの起点として久々の林道走りで現地へ向かう。

 山犬段到着は午前4時40分 気温は18℃
 
 林道蕎麦粒線は想像していたよりも荒れてはいなかったがオフロード四駆向きの道路。
現用中のオンロード四駆では少々頼りなく、ブロックパターンの厚いゴムタイヤが懐かしい。
 大札山・肩登山口からの5.3Km30分ほどかけて低速走行で通過。

 山小屋

 これは帰路での撮影 早朝到着時は虫対応で撮影する余裕は無し

 午前5時前に到着しクルマを降りる、コバエのように飛び回る黒い虫(ブヨ?)が群がってくる。
早々に駐車場所を移動してみたが状況は変わらず。
 ドアを開けると車内に虫が入る・・・普段はクルマのドアを開けっぱなしで靴の履き替えから
始まる山行準備をするのであるが、今回はそうもいかず、着替えに必要なものだけを車内から
取り出しドアを閉め、車外で手早く着替えをする、という手順でなんとか準備を完了する。

5時09分:群がってくる虫から逃れるようにして駐車地を離れて目的地へ向かう

 コンクリート路を5分ほど歩くとゲートに突き当たる。 ゲート脇を通る。

 さらに5分ほど歩くと八丁段へ向かう分岐点が見える
 
 コンクリート路から未舗装路へ
注:コンクリート舗装路を直進すると八丁段を通らずにホーキ薙に至る

 八丁段展望地への指導標
 
 駐車地で襲ってきた飛び回る黒い虫は山中でも付きまとう

5時37分:八丁段展望地 視界不良・・・

 ここは八丁段の山頂ではなく・・・展望地 地面はフカフカの柔らかい状態

 展望地に咲く
 
 幼木、大木が混在している
5時46分:展望地を離れて山頂へ 

5時51分:
山頂は展望無し
 

 八丁段から板取山ルートの迂回路案内
 

5時58分:ホーキ薙


 工事現場の鹿
 

6時18分:広河原峠を通過
 
 単なる鞍部 展望無し

6時41分:板取山に到着
 
 南アルプス方向の展望あり 雲に隠れて視界不良

6時44分:天水へ向かう
 

7時12分:天水 気温は19℃
 

 天水からの展望

 中央の小さな三角形の山は黒法師岳

 天水は痩せ尾根の展望地
 
 安倍東山稜のバラの段に似た地形である

7時24分:天水から沢口山を目指す
 痩せ尾根歩きから広々とした尾根筋歩きに転じる。
木々の葉で陽射しは少なめな林の中を下る
・・・今度は黄色と黒の縞模様の虫(アブ?)が羽音を立てて回りを飛び回り始める

7時34分:うつなし峠
 
 地理院地図の「うつなし峠」の位置よりも東に位置する
ここから登りに転じるかと思ったが、さらに高度を下げる歩きは続く

 天水⇒沢口山へ向かう道筋の立木にはが目立つ
 
 沢口山→天水の向きではは少なめ
幅広い尾根の林の中、踏み跡が明瞭でないところでコースアウトする可能性あり

 沢口山手前の小ピークにて予定時間超過のため天水へ戻る
天水⇒沢口山への下り行程で同行してきたアブ?は復路行程でも延々とカラダの回りを
飛び回り、休憩もままならない。

9時19分:復路の天水では展望はNG

 山道から外れて
 
 足元の花 天水→板取行程の途中

10時02分:板取山通過

10時38分:ホーキ薙

 吹き上げてくる霧で八丁段は雲の中
うるさく飛び回っていた虫とはここでお別れ、ほっと一息。

 八丁段ルートをとおらずバイパスルートを選択する
 

11時02分駐車地へ戻る 気温21℃
 朝に飛び回っていた虫は見当たらなかったが、より大型の虫がクルマに張り付いていた。
いかにも刺されそうな感じの虫の形態、汗を吸った山ウェアを脱ぎながら虫の動向に注意。

行程時間
駐車地⇒天水:2H03M(八丁段展望地経由)
天水⇒駐車地:1H40M(八丁段経由せず)

天水⇒沢口山の手前小ピーク:46M
小ピーク⇒天水:1H09M(朝食タイム15分含む)

全行程:5H53M
 消費したPETボトル二本、久々の大量発汗の結果である。

 まさかのブヨ、アブと思われる虫のお出迎え。蛭除けスプレーは持参していたが、昨シーズンに
携行していた蜂、アブ対策の殺虫剤は携行せず。 事前の準備不足を痛く反省orz
山犬段小屋の宿泊者いわく、トイレの中はもっと凄いよ・・と、この時期は虫対策が必須!!

虫刺されの顛末
 歩き始めてすぐに右手の人差し指と中指の付け根に出血箇所が二つ、異常な痒みで気がつく。
グローブの上から刺されたのか、グローブをつける前に刺されたのか。 右手の甲が腫れている。
痛くて痒い
 自宅に戻って入浴時に気がついた・・・右と左のこめかみ辺りに虫刺され痕、両目の瞼が
腫れてきた。右腕の内側にも新たな赤い虫刺され痕あり、腫れている。

富士山ビューを期待しての山域としてはXに近いの判定。 歩くなら春、秋頃がベストな山域か。

 end

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山伏(やんぶし)岳 体力測... | トップ | 山犬段~天水 散々山行の行... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

富士山を見る」カテゴリの最新記事