マニラ りぱぶりっく狂笑国

狂笑国へ余計なお世話漫遊記

ボッタクリが消える日

2016-07-18 | フィリピン
7月18日 記念すべきことが起きました。 悪名高きマニラ空港公団が規則改正。 自ら利権を放棄したと言っても過言ではない、一般タクシー乗り入れ、しかも到着口へ乗り入れを開始しました。 これであのクソ高いバン始めボッタクリのイエローキャブに大きな影響が出ることは確かです。 なぜ国の顔とも言える玄関が今まで放置していたのか。 今更論じても始まらないのですが、果たしてどこまで改善されるか。 . . . 本文を読む
コメント (1)

旅に病気はつきもの

2016-07-17 | フィリピン
海外へ出かけ一番厄介なものは病気。 東南アジアで香港などの場合その医療費はアメリカ以上。 しかも自由診療が故に法外な請求に驚かされます。 盲腸で250万円。胆石摘出で470万円くらいが相場です。 まだフィリピンはましとしても施設などを考慮すれば大きな病院が最適です。 ちょっと変と思ったら迷わず帰国。 ホテルなどへ滞在、下痢や熱が出た。 世界でも最悪と言われるフィリピンのネットワーク状 . . . 本文を読む
コメント

身分より目先の小銭

2016-05-26 | フィリピン
銃弾事件の弊害 1億5千万ペソの巨額を投じて導入した全身スキャナー。 機関は責任なすり合で未使用続行中。   マニラ空港の全ターミナルに設置された全身スキャナー14台。 このスキャナーは頻繁に故障する。その都度修理に出しているので未使用。 担当職員の研修が未実施。 全くもって時代くれな釈明。 このスキャナー運用で、おなじみ歩いて通る金属探知機とは全く違って処理も早く、乗客が長蛇の列 . . . 本文を読む
コメント

さー選挙2016

2016-05-08 | フィリピン
過激発言で知られる南部ダバオ市長ロドリゴ・ドゥテルテ氏(71)   前内務自治相マヌエル・ロハス氏(58) 女性上院議員のグレース・ポー氏(47) ビナイ副大統領(73) ドゥテルテ氏は「犯罪者は殺してマニラ湾の魚のえさにする」「南シナ海の中国の人工島にフィリピンの旗を立てる」など型破りな発言を続けてきた。これまでの政治家にない魅力を感じる有権者も多いとみられ、陣営幹部は「国民は過去の欠 . . . 本文を読む
コメント

これからも変わることがあるのかな?

2016-04-24 | フィリピン
今までに何回この空港のことを書いてきたことか。 これほど変わらない空港も珍しい。   空港到着。 飛行機のドアが開いた途端。 入り口付近にとぐろを巻いている意味不明の空港職員。 ただ流れに沿って入国審査上。とにかく待ち時間が長い。 積極姿勢の見られない入管職員。状況を把握せずマイペース。 預けた荷物がこれまた遅い。 荷物を引き取りいざ。獲物を狙う、違法性ではなく金目当ての税関。 . . . 本文を読む
コメント (2)

心の貧しさ

2016-04-21 | フィリピン
ノリがよく、前向きに生きている人もたくさんいるフィリピン。 しかし、何が好きでこんな世界の恥とも言えることをする国なのか。 所詮は外国人目当ての言いがかり強盗にしか過ぎない。 主犯は、空港の入り口の手荷物検査の害虫(外注)員。 権利でも得たかのようにターゲットは外国人。 包括的銃器取締法違反。たるもっともな罪名。 これを縦に、悪徳警察官と結託、手荷物に銃弾が入っていると言っては別室へ。 . . . 本文を読む
コメント (2)

玄関口は最悪。でも中にはいいところもある

2016-04-11 | フィリピン
東南アジア諸国の中でも、確かに植民地時代は長いにもかかわらず、首都圏を見ていただけばよくわかると思いますが、食文化にしても中国と比較したら断然先進国に部類していると思います。 今までにこのフィリピンほど伸びるチャンスを世界から与えられた国はないのではないかとも思います。 戦後70年経過しても未だにあーでもないこうでもない。謝罪がない。政権が変わるたびに言い放つ中国や韓国と比較したら、このマニラ . . . 本文を読む
コメント

ついに全容が見えてきた

2016-04-06 | フィリピン
おきまりの結末  2014年5月首都圏パラニャケー市で射殺された岩崎さん。 確かこの時に奥さんはどんな事をしても殺人犯を探す。と報道陣へ答えていたような記憶があります。 今年の1月実行犯グループが拘束された事を機に、日本人とそのフィリピン人妻が殺害を110万ペソで請け負ったのが、比治安当局の指示で容疑者などを暗殺する秘密任務員。 日本人の小倉とそのフィリピン人妻が用意周到に殺害を計画殺害し . . . 本文を読む
コメント

なん(難)だかなー

2016-04-01 | フィリピン
いつになってもこないナンバープレート 納車からすでに4ヶ月半。 LTOへ問い合わせをした。 発行が間に合わないので今しばらくお待ちください。 憤慨する気持ちを抑えるのはさすがフィリピン人はうまい。 実はとんでもないことだ。ナンバープレート製造所にイースター時期に泥棒が入り、 アルミ材料及び未使用すなわち未発行のナンバープレート1万枚が盗難にあっていた。 ガード万がいた。例によって恒例 . . . 本文を読む
コメント

イースター

2016-03-24 | フィリピン
4連休 イースターの4連休。 足をタガイタイへ向けた。 スカイウエイへすんなり。さすがに首都圏はガラガラの状態だけあるなと・・・・・・・ スカイウエイを抜け一路南ルソン高速道路へ。 思ったほどではないと・・・・・モンテンルパを通過した途端、高速の凄まじい渋滞。帰省する人々。避暑地へ出かける人々が一気に集結したようなもの。 いつものことながら込み合うのはわかっているのだが、これ程の渋滞と . . . 本文を読む
コメント

巧妙なり

2016-03-11 | フィリピン
最近このマニラで新聞紙上を賑わしているのは、 中国人による覚せい剤密売。非常に多く頻発している。 もちろん、逮捕数も非常位に多い。 その次に多いのが未成年女性との性的暴行。 ただし、この性的暴行事件は非常に難題。 携帯電話をつまりiphoneを買ってくれたら一緒にベッドイン。 しかも2、3回繰り返したらホテルへ警察やNBIが踏み込んできた。 相変わらずこういった内容で摘発を受ける日本 . . . 本文を読む
コメント

遅いな

2016-03-07 | フィリピン
東南アジアでも一番ネット速度の遅い国。 フィリピンに特化して状態を書いてみます。 設備環境のトップはやはりPLDT ただしサービスに関しては業界最低のサービス。 例えば、日本人が賃貸で家を借りたとします。 もちろん前の方が住んでいてPLDTの設備を使用していたこと場合の参考例です。 前の住人が電話料金を支払っていなかった場合、新規で申し込んでもかなり苦戦します。PLDTへ抗議しても電話 . . . 本文を読む
コメント

幸せなフィリピン人

2016-02-28 | Weblog
ピープルパワー後30周年。 今年はその息子のアキノがこの日記念式典で「黄金時代ではなかった」そして当時のマルコス政権を痛烈批判をした。 マニラ国際空港で兇弾に倒れ早いもので30年を経過した。 しかしおかしなことにエドサ革命後に生まれた若者層を中心にマルコス支持が広がっている。 そういった傾向は世界中どこにもあること。 ただし、このフィリピンは本当に行政に対して信頼を持っているのだろうか。 . . . 本文を読む
コメント (2)

慣れ

2016-02-04 | フィリピン
マニラ線の航空機。乗り合わせた方からよく聞かれること。 「何回めですか?」 ことマニラ線ではこういったことを頻繁に耳にする。 正直だからなんなの。なのだが・・・・・・・ 昨日フィリピン国家警察が、犯罪多発地帯地域を通知するアプリケーション開発。を発表した。 最近またマラテ、マカティ地区などで犯罪が多発している。自分のいる位置の犯罪率を知ることで利用者の警戒を即し犯罪予防に役立てる。のが目 . . . 本文を読む
コメント (2)

護送費?

2016-01-18 | Weblog
今フィリピン国内で表面化してきた爆発規制物の最新情報です。 イスラム反政府勢力モロイスラム解放戦線による反政府活動が活発なおり、日経企業を含むフィリピンの製造業界で経済的な打撃が出始めています。 国家警察や関税局が実施している爆発物規制の影響です。 この規制対象品には、危険性が非常に低い化学製品も含まれていて、本来爆発物にだけ課される「荷下ろし費(unload fee)」や警察への護送費と称 . . . 本文を読む
コメント