想い事

カメラのお仕事
家族の記録 ALSの父
最近 自律神経失調症と診断され
激しく動揺中
小説 詩も描いているよ

「やっと一人前になったな」祖父の後ろ姿が寂しそうに笑った。

2016-10-14 20:59:23 | 日記

この 薄っすらと黄金色した液体って …




水炊きである

子供の頃 母がよく作っていた 鳥の鍋

ぽん酢の旨さすら理解できない子供には

何の味もしない

ただ 酸っぱい醤油で食べる 質素な食べ物でしかなかった

昔は 今ほど色んなだしの 鍋の素があったわけでもなく

我が家は 水炊きが冬の定番

どちらかと云うと 苦手な鍋だった


数日前 

娘が突然「水炊きが食べたい」と云ってきて

どこからの情報だろうと思いつつ 

作ってやろうってことになった

で あらためて調べてみると

本格的にやったら 鳥のがらからスープを作り

果汁でぽん酢を作ったり

かなり奥の深い食べ物であることが判ったし

大勢のひとが 美味しいお鍋と絶賛しているのも 知った

でも 鳥がらを2時間も煮込む余裕も 財力もないので

30分 骨付きの鶏肉を煮込み 

鍋ごとバスタオルで包み 更に 防寒用のシートで包み

30分置く これを二度繰り返し

かなり 熱の入ったスープが完成した

あとは 安いエノキ 豆腐 白滝 肉団子を少々

昆布のぽん酢でいただく前に

透明なスープを味わってみた

旨い … 

コクがある え? 私の知ってる水炊きのスープなんて

白湯に近かったぞ

これは どういう状況だ?

これが 本当の水炊きなのか!?

娘もスープを味わい 残ったスープで また別のスープを作って欲しいと云う

とにもかくにも スープの旨さが 尋常じゃない

ぽん酢でいただいても 勿論おいしかった

明日の 娘の朝食用に このスープでうどんつゆを作った

残りは 野菜スープにでもしようかな

水炊き 侮れない

この冬 何度も我が家の食卓に 登場するような予感。










ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 突然見るのも嫌になったの。... | トップ | この公式が人生の役に立つだ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。