健康の金メダリスト わかすぎ周栄堂(若杉鍼灸整骨院) 若杉昌司

Stay Gold:「ゆっくり歩くことを恐れるな 立ち止まることを恐れよ」

階段・坂で鍛える:上肢篇 6/15

2017-06-16 08:44:22 | パワーウォーキング
祓え給え
清め給え
神(かむ)ながら守り給い
幸(さきわ)え給え
            上河川敷 千人塚


千人塚から数えて二つ目の階段
偶数目の階段は行きは上り
       帰りは下り
今、上りきったところ

 ※階段・坂の上り下り:上肢篇
  肘の角度は90度。
  平地・上りは、軽く脇をしめる。
  下りは、少ししっかり脇をしめる。
           上河川敷 第2階段


千人塚から数えて四つ目の階段
偶数目の階段は行きは上り
       帰りは下り
今、上りきったところ

 ※階段・坂の上り下り:上肢篇
  手は軽く握る。
  親指を軽く立てる。
           上河川敷 第4階段


千人塚から数えて八つ目の階段
偶数目の階段は行きは上り
       帰りは下り
今、上りきったところ

 ※階段・坂の上り下り:上肢篇
  右腕をしっかりと引いた際
  左足はしっかりと大地を蹴る。
  同時に右腕と左足の間を
  振り子のように右足を出す。
  右腕と左足は右足に推進力を与える。
  反対も同じ。
  上腕三頭筋・円回内筋を
  鍛えることになります。  
           上河川敷 第8階段


折り返し地点の赤川鉄橋。
以前は貨物列車の線路と並行して
歩道があった珍しい鉄橋だった。
JRおおさか東線として間もなく開通する。
           上河川敷 赤川鉄橋


千人塚から数えて二つ目の坂
坂は下って上って往復
今、下り上りきったところ

 ※階段・坂の上り下り:上肢篇
  下り
  腕はほとんど振らずに、
  上下運動を抑制しながら
  下肢の小趾球着地を意識する。
  上り
  腕をしっかりと振り、
  足は大地をしっかりと蹴り、
  上下運動を抑制しながら、
  下肢に推進力を伝える。
  この際、頭部の揺れを抑制し、
  体幹をねじりながら上ると
  外・内腹斜筋を鍛えることになります。
  ウサイン・ボルトの様に・・・♪    
            上河川敷 第2坂


千人塚から数えて六つ目の階段
偶数目の階段は行きは上り
       帰りは下り
今から下りるところ

 ※階段・坂の上り下り:上肢篇
  特に下りは、
  ドローイン・スカイフックを意識する。
  躓いたりケガをするのは下りが多い。
           上河川敷 第6階段


千人塚から数えて一つ目の坂
坂は下って上って往復
今、下り上りきったところ

 ※階段・坂の上り下り:上肢篇
  一歩一歩的確に把握して歩こう。
  丁寧に丁寧に
  すると自分の身体のクセが見えてくる。
  他人のクセは見抜けても
  自分のこととなると・・・
  なくて七癖
  謙虚に歩こう。
            上河川敷 第1坂

  
先の戦争も
たび重なる天災も
決して忘れてはならない
合掌
            上河川敷 千人塚

街道をゆく
2017/6/14        淀川左岸河川敷
Hartwig Gauder Power Walking Association Instructor 若杉昌司
散歩・ウォーキングランキングへ -->
『ウォーキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 香りに思うツボ | トップ | ラッキョウに思うツボ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む