健康の金メダリスト わかすぎ周栄堂(若杉鍼灸整骨院) 若杉昌司

Stay Gold:「ゆっくり歩くことを恐れるな 立ち止まることを恐れよ」

階段・坂で鍛える:関節篇 6/16

2017-06-19 11:18:44 | 東洋医学
祓え給え
清め給え
神(かむ)ながら守り給い
幸(さきわ)え給え
            上河川敷 千人塚


千人塚から数えて一つ目の階段
奇数目の階段は行きは下り
       帰りは上り
今から下るところ

 ※階段・坂の上り下り:股関節篇
  進行方向に足先をそろえて、
  股関節を内転位に保ちます。
  着地時の衝撃防止と左右運動の抑制に
  つながります。    
           上河川敷 第1階段  


千人塚から数えて三つ目の階段
奇数目の階段は行きは下り
       帰りは上り
今から下るところ

 ※階段・坂の上り下り:膝関節篇
  膝関節は、1歩行周期(1サイクル)で、
  伸展⇒屈曲⇒伸展⇒屈曲します。
  これを二重膝作用といいます。
  着地時の衝撃防止と上下運動の抑制に
  つながります。
           上河川敷 第3階段


千人塚から数えて五つ目の階段
奇数目の階段は行きは下り
      
 帰りは上り
今から下るところ

 ※階段・坂の上り下り:足関節篇
  足関節は、1歩行周期(1サイクル)で、
  屈曲⇒伸展⇒屈曲⇒伸展します。
  (背屈⇒底屈⇒背屈⇒底屈)
  膝関節と連動することで、
  着地時の衝撃防止と上下運動の抑制に
  つながります。
           上河川敷 第5階段


千人塚から数えて二つ目の坂
坂は下って上って一往復
      
今、下って上ったところ

 ※階段・坂の上り下り:足関節篇
  前の足が着地するまで
  後の足は離地してはいけない。
  前の足が着地と同時に
  後の足は素早く離地する。
  出来るだけ両側支持期を短くすると、
  着地時の衝撃防止と上下運動の抑制に
  つながります。
            上河川敷 第2坂  


折り返し地点の赤川鉄橋
今日も貨物列車には会えなかった。
次が楽しみである。
           上河川敷 赤川鉄橋


千人塚から数えて一つ目の坂
坂は下って上って一往復
      
今、下って上ったところ

 ※階段・坂の上り下り:股・膝・足関節篇  
  まとめ
  ①着地時の衝撃防止
  ②上下運動(上下のブレ(動揺))の抑制
  ③左右運動(左右のブレ(動揺))の抑制
            上河川敷 第1坂


先の戦争も
たび重なる天災も
決して忘れてはならない
合掌
            上河川敷 千人塚
  
街道をゆく
2017/6/16        淀川左岸河川敷
Hartwig Gauder Power Walking Association Instructor 若杉昌司
散歩・ウォーキングランキングへ -->
『ウォーキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラッキョウに思うツボ | トップ | 朝採れ野菜 »
最近の画像もっと見る

東洋医学」カテゴリの最新記事