健康の金メダリスト わかすぎ周栄堂(若杉鍼灸整骨院) 若杉昌司

Stay Gold:「ゆっくり歩くことを恐れるな 立ち止まることを恐れよ」

躓:足+質量

2017-03-30 06:48:12 | 東洋医学
変化の少ない道ばかりを歩いたり
歩くことがへってきたら
重力の変化が少なくなり
不変の質量で歩くことになる

踵が受け取る情報も極端に少なく均一化し
耳石もだんだんと休みがちになると
平衡感覚が失われていく

すると
チョットした段差で
躓くことになる

「足」+「質」=「躓」
足がしっかりと大地を捉えることの大切さを
表現した素晴らしい文字である




次回は、思うツボ:委中・合陽をお伝えします。

公益社団法人 大阪府鍼灸師会 スポーツ鍼灸プロジェクトチーム 若杉昌司
東洋医学ランキングへ 
『ウォーキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8:39 JR京都線 2017/3/19 | トップ | 9:03 万博記念公園 2017/3/19 »
最近の画像もっと見る

東洋医学」カテゴリの最新記事