健康の金メダリスト わかすぎ周栄堂(若杉鍼灸整骨院) 若杉昌司

Stay Gold:「ゆっくり歩くことを恐れるな 立ち止まることを恐れよ」

ゴーヤーの思わぬ力

2017-07-12 08:00:16 | 東洋医学
ゴーヤーに含まれるビタミンCは熱に強く
油炒めにしても壊れにくい
という特性がある

素揚げ
天ぷら
なんかも美味しいかもしれない

蒸し暑い夏をのりきるための
南国育ちは
今や全国区で
日除けにグリーン・カーテンとしても
重宝されている

夏の盛りに歩いた後は
一風呂浴びて
足三里に灸をすえて
ゴーヤーを食べて
疲労を素早く回復して滋養すれば
気分も爽快になる

※僕的注釈
 調理例
 汗腺開カレー 
  ゴーヤー丸ごと一本炒めのっけて

 薬食同源
   食材ゴーヤー
  【所属】ウリ科ツルレイシ属
  【成分】モモルデシン
       血圧・血糖値低下作用
       食欲増進
       肝機能改善
       (独特な苦味成分)
      ビタミンC
       抗酸化作用
       免疫力向上
       肝機能向上
       コラーゲン生成促進
       鉄の吸収促進         
      カリウム
       運動後筋肉疲労早期回復     
  【五気】寒
  【六味】苦
  【臓腑】心・脾・胃
  【効能】涼血止痒
       血熱を冷まして
       痒みを止める
      清熱止渇      
       火照りこもった熱を取り除き
       のどの渇きを止める
      清熱解暑
       火照りこもった熱を取り除き
       暑さから身体を守る
      清熱消食
       火照りこもった熱を取り除き
       消化を促進する
      清肝明目
       肝の熱を取り除き
       目の機能を正常にする
      清肝寫火
       肝の熱を取り除く
 医食同源
  ゴーヤーと同じ効能のツボ
   経穴:足三里(あしさんり)
  【所属】足の陽明胃経
  【取穴】犢鼻の下3寸、
      脛骨外縁より約1横指
  【筋肉】前脛骨筋
  【効能】理脾胃(温中祛寒)
      調気血
       気血の巡りを良くする
      補虚弱
       腎の気を調え、虚弱を補う
      
公益社団法人 大阪府鍼灸師会
スポーツ鍼灸プロジェクトチーム 若杉昌司
東洋医学ランキングへ
『ウォーキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スピードを養う 7/11 | トップ | 心拍数 7/12 »
最近の画像もっと見る

東洋医学」カテゴリの最新記事