健康の金メダリスト わかすぎ周栄堂(若杉鍼灸整骨院) 若杉昌司

Stay Gold:「ゆっくり歩くことを恐れるな 立ち止まることを恐れよ」

ラッキョウに思うツボ

2017-06-16 11:44:22 | 東洋医学
テニスの試合の合間に
選手がバナナを食べているのを
よく見かけるようになった。
エネルギー源の糖類を摂るという
一面もあるが
やはり「カリウム」だろう。
五気はなので
火照りこもった余分な熱を適度に取り除き
運動時の筋肉疲労の早期回復が期待できる。

香り系」の野菜は
春から夏にかけてが「」のものが多い。
食欲をそそり
消化吸収を助け
身も心も軽くなるのは
香り」と「カリウム」のお蔭である。
スポーツの後に
一風呂浴び
五気がである野菜を食べると
冷えないように体温を調整して
運動後の筋肉疲労の早期回復が期待できる。

そういえば
「香り系」で五気が涼の野菜に
セリ、セロリがある。
試合中に食べる選手が出てくるかも・・・

 ※調理例
   お野菜の自家製酢漬けぶっかけうどん

 ※薬食同源
  食材:ラッキョウ
 【所属】ネギ科ネギ属
 【香り】アリシン
     硫化アリルの一種
      食欲増進効果
      消化吸収促進
      精神安定作用    
 【成分】カリウム
      運動後筋肉疲労早期回復
 【五気】温
 【五味】苦・辛
 【臓腑】肺・胃・大腸
 【効能】芳香行気
      香りにより、
      気の巡りを良くする
     辛温発散
      発汗により、陽気を発散する
     理気寛胸
      気の流れを良くして、
      胸のつかえを改善する
     理気和胃
      脾・胃の機能を向上する
     活血化瘀
      血の流れを良くして、
      血の滞りを改善する
     理気活血
      気の巡りを良くして、
      血の流れを改善する      
 ※医食同源
  ラッキョウの香りと同じ効能のツボ
  経穴:足三里(あしさんり)
 【所属】足の陽明胃経
 【取穴】犢鼻の下3寸、
     脛骨外縁より約1横指
 【筋肉】前脛骨筋
 【効能】理脾胃(温中祛寒)
     調気血
      気血の巡りを良くする
     補虚弱
      腎の気を調え、虚弱を補う
     
  経穴:湧泉(ゆうせん)
 【所属】足の少陰腎経
 【取穴】足底の中心線上
     前から1/3のところ
 【筋肉】短趾屈筋
 【効能】開竅
      五官の機能的障害を取り除く
     寧神
      心(神)を平静にする
 【主治】五官科疾患
     五官:眼・口腔・咽喉・鼻・耳   
     
公益社団法人 大阪府鍼灸師会
スポーツ鍼灸プロジェクトチーム 若杉昌司
東洋医学ランキングへ       
         
『ウォーキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 階段・坂で鍛える:上肢篇 6/15 | トップ | 階段・坂で鍛える:関節篇 6/16 »
最近の画像もっと見る

東洋医学」カテゴリの最新記事