粉雪の万座へ

万座の粉雪と雪景色、流れる雲と青空に魅せられ綴っています。

今シーズン初の万座

2016年12月31日 | 16~17シーズン

12月29日、8時半に万座に到着。快晴でした。

プリンスゲレンデ、昨シーズンに比べると良いコンディション
でした。

朝日山にはほとんど積雪がありませんでした。

北アルプスや志賀高原方も、心なしか少雪の模様。

残念ながら富士山の姿を見ることは出来ませんでした。

白根山や坊主山も、少し雪化粧してるだけでした。

リフトに乗ってるとゲレンデから聞き覚えのある声が。
よく見ると、村里敏彰さんがレッスンをしていました。

レッスンを終えた村里さんに挨拶をすると、いきなり「準指を
受けるんだって?」と言われビックリ。
東京オリンピックの仕事で忙しく、FISは重責で大変なハズ
なのに、私のことを気に止めてくれていることに驚きました。

夕方、宿の温泉に入ると村里さんも入浴中。
毎年、万座の温泉の湯船でも村里さんと一緒になり、裸の
つきあいが続いています。
思い起こせば、お互い20代のときにニュージーランドのジャ
グジーや真冬の氷が張ったプールにも一緒に入ったのでした。


30日は、昨夜からの雪がまだ降り続いていました。

昼過ぎには青空が広がって来ました。

この日は小渕圭樹先生に、不得手の横滑りを教えていただき
ました。
横滑りも足元からの運動が大事であること、そして、股関節の
動きや目線の大切さも教えていただき、なんとなく横滑りを
克服できそうな気がしています。

横滑りをまだまだ練習したかったのですが、今年の年末は仕事
とスキーのために、年賀状書きや大掃除も何もしてないので、
東京へ帰りました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 曇り、雨、雪、晴れの菅平高原 | トップ | 謹賀新年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

16~17シーズン」カテゴリの最新記事