粉雪の万座へ

万座の粉雪と雪景色、流れる雲と青空に魅せられ綴っています。

菅平特別レッスン、万座オフピステ

2017年03月14日 | 16~17シーズン

軽井沢のインストラクタ梶伸之先生からメールをいただき、2月24日に菅平で検定対策の特別レッスンを受けることに。

梶先生と私のほかに2人の女性インストラクタも加わり、華のあるレッスンに。

華があると、自然と力が入りました。

レッスン終了後に梶先生から自信がつくような言葉をいただき、自分自身でも少し上手くなった気分になりました。


24日の夕方は、菅平から万座へ移動。



25日の朝、万座の気温はマイナス9℃。万座にしては暖かな気温。


お天気は快晴。

朝日山を見ると、雪面に縦皺が。初めて見る不思議な文様です。

パノラマゲレンデの山頂から浅間山方面を見ると、浅間山の左手に富士山が見えました。


25日~26日は、小渕圭樹先生のオフピステスキーイングを受講。
残念ながら新雪滑走はできませんでしたが、ファットスキーでの滑り方を教えていただきました。

昼どき、たくさんのスキーヤーで賑わっていました。


26日の朝、気温はマイナス12℃。

これで新雪がたっぷり積もっていれば、申し分ないのですが。


新雪は積もっていませんが、朝日山を登ることに。

初めてシールを板に貼って登りました。

想像以上に楽で、疲れることなく登れました。

スノーシューを履いて登る人やツボ足で登る人は、苦しそうでした。

しばし休憩。

風がないためシールを使って登っても、ジンワリと汗をかきました。


朝日山第2リフト降り場まで登ったところでシールを外し、誰も滑っていない斜面を滑走。

気になっていた縦皺ですが、前夜わずかに降った雪が皺を少し埋めて、苦にすることなく滑り降りることができました。


午後はここへ。

ツボ足で少し登りましたが、シールに比べると随分と疲れました。

ここからほんの少しオフピステを滑走。

 

昨シーズンは小雪のため、深雪を滑ることができませんでした。
今シーズンは運に恵まれず深雪を滑ることはできませんでしたが、オフピステは楽しむことができ満足でした。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四国の雪山 | トップ | 市民スキー教室 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

16~17シーズン」カテゴリの最新記事