もともとそれでよかった♡

すべては自分の中にある

隠すのではなく、あえてオープンにするのです。昇華させ、自由に(アシュタール151025)

2015-10-25 | 覚書

破・常識 あつしさんのブログより

ただあなたの個性にすぎないbyアシュタール

今日の破・常識!

あなたの個性を堂々とオープンにしてみて。

あなたがオープンにすれば みんながあなたの個性を受け入れ 

とてもオープンな関係を築くことが出来る・・・らしい(笑)

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

あなたの中に何かコンプレックスのようなもの、

そこに触れたくないと思うこと、恥ずかしいと思っていること、

などがあれば あえてそれをオープンにしてください


それらは抱え込めば抱え込むほど大きくなっていきます

押し込めれば押し込めるほど発酵していきガスが溜まり 

最後にはコントロールが利かないところまで来てしまいます。


あなたが思っているほど案外他の人は大したことだとは思いません(笑)

あなたが恥ずかしいこと、人には知られたくないこと、だと思っていても、

それはあなたが思っているだけで

他の人はそんなに気にしていないものです(笑)

イヤな言い方に聞こえるかもしれませんが・・

そんなにあなたが気にするほど 

人はあなたを気にしていませんので安心してください


すべてオープンにしてみてください。

隠すのではなく あえてオープンにするのです

そうすればあなたは楽になります

別に他の人に懺悔するためにするのではありません・・

そこを間違えないでくださいね。

他の人から許してもらうためにオープンにするのではないです。

あなたの中からそれを昇華させてしまうためにオープンにするのです

同じことのように見えますがまるで違います。


すべてを出してしまえば それは大したことではなくなるのです

コンプレックスではなくあなたの特徴になるのです

あなたの個性になるのです。

そうなれば あなたは自由になれます


あなたが傷だと思っているものでも それはあなたの個性なのです。

傷ではなく ただあなたの個性にすぎないのです。

傷は何も恥ずかしいことではないですね。

傷を恥ずかしいと思ってしまうから隠そうとしてしまうのです。

傷を個性だと思えば隠す必要はないですね。


あなたは純粋で、潔癖で、常にきちんとしていて、常識的で、やさしくて、

素晴らしい(とされている)人になる必要はないのです。

そんな人は存在しません・・それはただの幻です。

そのような幻を追ってしまうから 何かそれにそぐわないことがあると 

自分はダメだと思い コンプレックスを抱えてしまうのです。

コンプレックスがあれば自分に自信がなくなり 

エネルギーは内側に回ってしまいます。


常識、平均値にそぐわなくても それは何も恥ずかしいことや

コンプレックスに感じることではありません。

それは あなたの個性なのです。

体型、学歴、いろいろな成績、数値など

あなた自身には何も関係ないのです。

あなたが他の人より劣っていると思っていることも 

それは劣っているのではなく得意なことではない、

ツールとして持っていないだけのことです。

あなたには あなたの得意なことがあります

それを大切にしてください・・

不得手なことを恥ずかしがることはないのです。


体型もそうです・・。

それは あなたの個性です。


ですから堂々と出来ないことは出来ない・・

とオープンにしてみてください。

考えていることも 聖人君子のようなことでなくていいのです。

意地悪な気持ちもあっていいんです。


何か触れたくないと思っている過去も 

それはもう終わってしまったことです。

今のあなたには何も関係ないのです。それを分かってください。


あなたの中に何かコンプレックスがあるのならば そ

れをオープンにしてください。

私はこれをコンプレックスに思っています・・

と、オープンにしてみてください。

そうすればそれは昇華され コンプレックスは消えてしまいます


コンプレックスというのは 自分を否定していることですので、

それが消えればあなたはあなた自身を好きになることができます

自分自身を認め 許し

(なぜ許すということをしなければいけないのかわかりませんが)

好きになり、大切に思うことが出来るようになります。

自分を好きで大切に出来る人は、

他の人も大切に出来るようになります


あなたがコンプレックスだと思っていることは

大したことではないのです。

あなたが大したことだと思い込み、隠そうとするから 

あなたの中でもっとそれが大きくなり、苦しくなっていくのです。

傷ではありません・・あなたの個性です。


あなたの個性を堂々とオープンにしてみてください。

何も恥ずかしがることはありません。

それがあなたなのですから・・あなたがオープンにすれば 

みんながあなたの個性を受け入れ 

とてもオープンな関係を築くことが出来るのです

隠そうと鎧を着るから他の人も鎧を着てしまうのです。

あなたがオープンになれば他の人もオープンになります。


あなたには隠すことなど何もないのです。

恥ずかしいと思うことなど何もありません。

それはすべてあなたの個性なのですから・・

個性を大切にしてください。個性を大切に出来ると 

あなたの中にエネルギーがあふれて来て波動も軽くなります。

セルフイメージを高く持ってください。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気の元素の声(シルフ151021) | トップ | 誇りは自分自身を基準にしま... »
最近の画像もっと見る

覚書」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事