もともとそれでよかった♡

すべては自分の中にある

彼らは分裂させ対立・争わせることで支配。だから団結しないで、個々で離れて個人で動いて(160915ア

2016-09-16 | 覚書
2016-09-15 
テーマ:
 
私、幼稚園から大学までカトリックの学校で育ったんですが・・

ほとんど聖書を読んだことがありません(学校では聖書の時間があって

読みながら寝てしまって神父様にこっぴどく怒られたのだけは

覚えてるんですが、内容はまったくと言っていいほど覚えてないんです(苦笑)


で、何気なくネットを探っていたら、すごく興味深い言葉を見つけました。

聖書に書かれているそうです・・・


旧約聖書『創世記』11章01節

「世界中は同じ言葉を使って、同じように話していた。」



旧約聖書『創世記』11章05-07節

主は降って来て、人の子らが建てた、塔のあるこの町を見て、 言われた。

「彼らは一つの民で、皆一つの言葉を話しているから、

このようなことをし始めたのだ。

これでは、彼らが何を企てても、妨げることはできない。

我々は降って行って、直ちに彼らの言葉を混乱させ、

互いの言葉が聞き分けられぬようにしてしまおう。」




新約聖書『マタイによる福音書』10章34-36節

「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。

平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。

わたしは敵対させるために来たからである。

人をその父に、/娘を母に、/嫁をしゅうとめに。 

こうして、自分の家族の者が敵となる。」

(これはイエス・キリストの言葉だそうです)



聖書も読む角度によっては、面白いですね。



では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

何度もお話ししていますが・・あなた達が思っているような完全無欠の”神”と

いう存在はいないのです。

あなた達が”神”と呼んでいる存在は、古くからあなた達を支配・コントロール

している”宇宙人達”なのです。


あなた達が”神の書”としているものも、宇宙人達の話なのです。

ですから、時々”神々”という言葉も使われていると思います。

完全無欠の神が複数だということに疑問を持っていただけると、いろいろな

角度から物語を見ることが出来ます。

そして、その神々がどのようなことをしている話かを今までと違う角度から

読んでいただけると理解していただけると思います。


彼ら(あなた達を支配・コントロールしている存在達、宇宙人)は、

直接あなた達に何かしているわけではないのです。

彼らがしているのは、思考の操作・・それだけなのです。

それが一番効率的に支配できることをよく知っているからです。


あれをしてはいけない。これをしてはいけない。こうしなければいけない。

それを守らなければ、大きな罰があたる・・守れば天国へ行け、守らなければ

地獄へ落ち永遠の苦しみを味わうことになる・・と脅します。

そして、実際にいろんな形で罰を与えます。

この情報を、親から子へ受け継がしていくのです。

そして、小さなころから親だけでなく教育機関でも教え込みます。

知らず知らずのうちに、その思考が正しいものだと思い込み、それだけが許される

考え方だと思ってしまうのです。


そして、少しでもそこから外れようとする人を許すことが出来なくなり、

集団で糾弾することになるのです。

正義、正しさの名の下では何をしてもかまわないと思い込んでしまうのです。


そして、少しずつその正義、正しさを変えていきます。

この地域ではこれが正義、この地域ではこの正義・・と。

自分の正義が正義だと思っている人たちは、違う正義があることが許せないのです。

だから、自分の正義が正義だと主張しあい、争いあい、敵対し合うのです。

何のためにそんなことをするのでしょうか?


そうです・・あなた達を団結させない為です。

彼らが一番恐れているのはあなた達が団結することです。

数的に彼らは圧倒的に少ないのです。

少数が多数を支配・コントロールするためには、分裂させておくのが一番なのです。

そして、お互いを見張りあい、少しでも自分たちと違う考え方をする人たちを

みんなで糾弾し、他の人もそんな考え方をしなくなるように仕向けるのです。


テラは一つです・・でもそこに国を作り、国境を張り巡らせ争わせる。

国の中でも、政治政党をいくつか(大きな二つが効果的)作り、お互いに意見の

食い違いを巡って争わせる

会社でもそうです・・組織が出来れば必ず分裂が起きるようにしてあるのです。


ですので、団結しないでください。

何か社会に疑問を持ち、それを変えたいと思うのならば集まらないでください。

人々が集まれば(団結すれば)、彼らは喜びます。

彼らは分裂させることに長けています・・とても巧妙な罠を仕掛け分裂させることは

とても得意なのです。


今からたくさんのことが起きてきます。

今まで隠されていて分からなかった理不尽なシステムなどが、隠しおおせなくなって

表面に出てきます。

その時に団結して抗議しようと思わないでください。

デモをしても何も彼らは困りません・・あなた達の話を聞く気は毛頭ないからです。

そして、団結することで彼らに力を渡してしまうのです。


だから、これからは個々で離れてください。

みんなで一斉に何かをしようとするのではなく、個人で動いてください。

自分一人では何も出来ない・・そんなことはありません。

あなたの社会システムを支えているのは、あなただということを思い出してください。

あなた達一人一人がそっと離れれば、ピラミッドは自ら崩れていきます


また長くなってしまいました(笑)

今日はこの辺にしたいと思います。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。
 
-------
2016-09-16 
テーマ:

昨日の記事についてちょっとアシュタールから補足?的なメッセージが

来ましたのでお伝えしますね^^

「こんにちは^^ こうしてお話し出来ることに感謝します

昨日、団結しないでください・・とお伝えしました。

でもその前に、あなた達を支配・コントロールしている存在たちは、

あなた達が団結するのが一番怖いのです・・とも書きました。

そこで、怖いならば団結すればいいのに、どうして団結しないでくださいって、

アシュタールは言うのかわからない??というエネルギーがたくさん

飛んできましたので、この件についてもう一度お話ししたいと思います。


彼らはあなた達が団結するのが一番怖い・・それは真実です。


そして、それを阻止するためにあなた達の思考を操作して分裂させるのです。


分裂することが出来るのは、団体になる時だけです。

団結して、団体になることはそんなに怖くないのです。

伝わっていますでしょうか?


言葉の壁ですね・・どう表現すればわかりやすいでしょうか?


彼らが怖がっているのは、思考が団結することです

思考が同じ方向へ一斉に動いて行くことなのです。 


現実的なところで団結しても、それを阻止することは簡単ですが、一人一人の思考が

集まって、同じ方向へ流れはじめるのが怖いのです。


思考が団結することが怖いのです。

それは、阻止することが出来ないからです。


たとえば、ある企業の物を買うことをやめましょう・・と誰かがリーダーとなって

不買活動のデモをして、シュプレヒコールをしても彼らは何も怖くないのです。

お得意の方法でそのデモを切り崩していくのは慣れていますので。

そして、そのデモは分断され、いつの間にか力を失い、うやむやになってしまいます。

 

でも、その企業のやっていることが表に出て、そのことで購買者の一人一人がそれぞれの

意志で買わなくなる・・それが怖いのです。

 

一人一人の意志は彼らにはどうしようもないからです。

リーダーがいない団結は、分断しようがないからです。

 

水にナイフを入れるようなものです。

いくら切ろうとしても切れないのです。

 


彼らが怖がっている団結は、こころを一つにするということです。

 

同じ考え方の人たちがそれぞれ集まれば(肉体的にではなく)、その思考が社会を

変えていくからです。

 

この企業の物を買わない・・と言う人が増えれば、企業が何をしようとしても何も出来ないの

です。


戦争を起こしたくていろんな画策をしても、ひとりひとりの思考が戦争はしないと決めれば

どんなに煽っても戦争は出来ないのです。

 

誰かがリーダーとなって団結して反戦運動をすれば、それは簡単に

無力化されてしまいます。

 

でも、それぞれの人が戦争はイヤだよねぇ~・・私たちは関係ないよねぇ~・・やりたければ

勝手にやればいいじゃん、私たちを巻き込まないでよ~・・って思っていれば、誰も何も

出来なくなるということです。

 


戦争はイヤだという思考をする人が増え、そうだよねって思う人たちが思考で団結すれば、

彼らには手も足も出ないということです。


私がお伝えしたかったことは、リーダーをつくって肉体的に団結しないでください・・

でも、考え方、こころで団結してください・・ということです。

 

団結という言葉が誤解を生むのでしたら、同じ方向を向いてくださいと言い換えます

 

思考が同じ方向を向けば(リーダーもいなくて、何の制限もなくて、その所だけが同じ方向)

彼らの社会から出ることが出来ます

 

すべて何もかも同じ方向という意味ではなく例えば戦争のことに

ついてだけでもいいんです。

 

戦争はイヤ・・これだけで戦争は起こせなくなるのです

 

あとの考え方は別に同じでなくてもいいということです。

 

いっせいに出るのではなく、一人一人がそっと離れればあなた達のピラミッド社会は自ら

崩れて行くのです。


今までのように誰かリーダーがいて、そのリーダーにしたがって行動を起こす・・

というやり方に慣れているあなた達にとって、リーダーはいないけどそれぞれに

同じ方向を向いている人たちと思考だけでつながる・・

というのは、イメージしにくいかもしれません。


でも、それがこれからのやり方なのです。

 

もう、リーダーのもとに団結して何かに対して反抗するというやり方は

通用しなくなっているのです。

効果的な方法ではなくなっているのです。

 

今までみたいに、きっちりと整列してリーダーの後に続いて歩いていくのではなく、

バラバラのように見えて、何となくみんな同じ方向へ歩いている・・みたいな感じでしょうか?

ゆる~くそれぞれが歩いているけど、なんとなく集まって?歩いている・・って言えば

イメージ出来ますか?

 

これからは、個の時代です・・個がすべてを決める時代なのです。

 

あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」


ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ報道されないの?震災時... | トップ | 波動が軽くなり、思考エネルギーの... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む