もともとそれでよかった♡

すべては自分の中にある

感情が動くイメージさえできれば、もう現実化したのも同じ。今からイメージが大切に、慣れて、楽しんで(ア)

2016-10-29 | 覚書
今日の破・常識!

わたし達は、右脳を抑え込む教育を受けてきたので、
右脳をフル活動するイメージは苦手になってしまっている。
いまからイメージが大切・・・らしい(笑)

では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

頭だけで考えていても現実化は難しいです。


イメージです・・すべてイメージからなのです

そしてそこに感覚?感情が乗ればもっと良いですね。

出来る限りリアルにイメージするのです。

そうすれば、そこに感情が動きます。

それが、一番簡単に現実化する方法なのです。


”波動使い”は、イメージ使いなのです。

イメージを上手に使いこなすことができれば、

現実を変えることが出来ます

例えば、いまあなたのまわりの波動が重く、

なんだか息をするのもつらいな・・と思ってるとします。

軽い波動に変えたいなと思うのであれば、

気持ちの良い景色などを思い出してください。

最初なれない時は、実際に行ったことがある、

体験したことがあるところが良いです。

気持ちがいいなぁ~~・・って思った海辺を

イメージの中で再体験するのです。出来る限りリアルに・・

海の波の音、潮のかおり、肌に当たる風の感覚、

そして、それを感じた時のあなたの感情・・・そうすれば、

あなたのまわりの(あなた自身の)波動を軽くすることができます。

反対に重くしたいと思えば、

重く辛いと感じた時のことをイメージすればいいのです(笑)

波動には良い悪いはありませんが、重い軽いはあります。

そして、あなたの気持ち?感情?気分?で

それを自由に変えることができます


現実もそれと同じで、イメージ次第で

いくらでも好きに変えることができます

感情の乗ったイメージは、とても大きなパワーを持っているのです。

頭ばかりでイメージしても、波動を動かすことは出来ないのです。

そこに感情というエネルギーが乗って

はじめて動かすことが出来るのです。


ただ鉄の棒を近づけても砂鉄は動きませんね。

鉄の棒に磁気が乗る?から、砂鉄はその磁気の力で動くのです。

頭で考えるだけのときは、ただの鉄の棒だということです。

そこに感情という磁気が加わるから磁石となって

砂鉄(波動エネルギー)を好きなように動かすことが出来るのです。


イメージをすることに慣れてください。

どれだけ感情を伴うリアルなイメージが出来るか・・

それで現実化が違ってきます。


そして、どんなに一生懸命感情が乗ったイメージをしよう

と思ってもなかなか出来ない・・と思うときは、

それは本当に自分が望んでいることなのか?

とちょっと考えてみてください。


本当にやりたいことならば、努力などしなくても

勝手にイメージしています

イメージすること自体が楽しくて仕方がなくなります

やめようと思っても、気が付いたらまた

そのイメージをして楽しんでいる・・という感じになるのです。

だから、イメージしようとしても他のことを考えはじめたり

(雑念が入る)してイメージに集中できなかったり、

楽しいと思わないことはハートが望んでいないことだと思ってください


頭(マインド)で望んでいることと、

ハートで望んでいることは違うのです。

だから、マインドで考えてるのか?ハートで望んでいるのか?

わからないと思うときはイメージをするときの感覚をみてください。

イメージをするのが楽しくて仕方がない、

勝手にいろんなイメージが出てきて

どんどんそのイメージが膨らんでいく・・と思えるのは

ハートから出ている望みです。


そうではなく、ちょっとでも努力?頑張って?みたいな感じで

イメージをしようとしているならば、

それはマインドからの望みだと思ってください。


すべてはイメージなのです。

あなた達は右脳を抑え込む教育を受けてきましたので、

右脳をフル活動するイメージは苦手になってしまっているのです。

いまからイメージが大切になります。

イメージをすることに慣れてください。

そして、イメージをすることを楽しんでください。

感覚?感情が伴った楽しいイメージは現実化します。


感情が動くイメージさえできれば、もう現実化したのも同じなのです。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」




ありがとう アシュタール!
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 68年ぶりの最接近、11/14スーパー... | トップ | 被害者意識・制限意識の放棄。... »
最近の画像もっと見る

覚書」カテゴリの最新記事