もともとそれでよかった♡

すべては自分の中にある

高次元の波動に接するほど拒絶反応(心のセンサ―の警告)が。自然の流れに任せて。肉食だけでも十分スピに可能(バ)

2016-10-29 | 覚書

高次元を体験するようになると、摂取する食事の量や質にも変化が起こるようになります。例えば、動物の摂取量が減ったりと、少量でも十分な満腹感を得る事が出来るようになったりと、食事に対する考え方も変わってくるようになります。ですが、高次元を体験するには食事制限が必要というわけではない事を知ってくださいとバシャールは話しています。ベジタリアンでなくとも十分貴方は高次的波動を維持する事が出来るだけでなく、肉食だけでも十分スピリチュアルな存在になる事が可能なのです。ですから、無理やりライフスタイルを変えてゆくのでなく自然の”流れに任せて”ゆくと良いでしょうと、バシャールは話しているのです。

私達のライフスタイルは長い時間かけて、徐々にバシャールのように”太陽光”を栄養源として、エネルギーに変換するカタチへと移行してゆくようになります。固形食→ジュース類→液体食という具合に、だんだんと個体摂取量が減るようになってエネルギー変換がより効率よく出来るようになります。また、近年アレルギー持ちの子供達が増えているのは、かけ離れた波動域に拒絶反応を起こすメカニズムが働いている事にあるのだと、バシャールは説明しています。アレルギー反応と言っても、ここでは物質的な反応というよりも、心の拒絶反応を意味しています。

心の拒絶反応は、全身機能をシャットダウンさせる事だってあります。最初は特に問題なく生活できていたとしても、ある事がキッカケで一気に明るみに出るようになります。特に高次元の波動に接すれば接するほど、拒絶反応が大きく膨れ上がってゆくのは、”ありのまま”の貴方と、”今ここ”の貴方の”差”が大きく開いている事にあるのだと、バシャールは話しているのです。つまり、心のセンサーが”もとの自分に戻りなさい”と、強く警告を発している事にあるのです。

 

貴方の心と体は一心同体であり、一つに統合されたエネルギーであるとバシャールは話しています。特に今ここの波動域では、心の中を隠そうとしても隠す事が出来ないかも知れません。なぜならば、”ブレた”波動は高波動の光によってはじき出されてしまうからなのです。

ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カナダ、オーストラリア、イギリス、トルコ、サウジ... | トップ | 自分の中にパワーを見出し新し... »
最近の画像もっと見る

覚書」カテゴリの最新記事