もともとそれでよかった♡

すべては自分の中にある

あなたがそれでいい..と思えば、それがあなたにとっての正解なのです。決まった答えなどない、自分にしかわからない、あなたが決めるのです(170421ア)

2017-04-21 | 覚書

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^


「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

誰かあなた以外の人に、これは正解ですか?・・と聞かないでください。

これは正しいですか? これで大丈夫ですか? これで合ってますか?・・


あなたにとってどれが正解で正しいことなのか答えられる人は誰もいません。

それは、あなたが決めることなのです。

あなたがそれでいい・・と思えば、それがあなたにとって正解なのです

誰の太鼓判もいらないのです。


あなた達は、学校でこれが正解ですという答えを覚えるように訓練されています。

正解は一つです・・と、教えられるのです。

あなたは考える必要はありません・・答えを覚えればいいのです・・と。

答えは決まっている・・○か×か・・二つしか世界は無いと思い込んでしまいます。


そして、選択するときも、あらかじめ選択肢がいくつか決められており、その中から

選びなさい・・と。

それは自由に選択できるように見せかけていますが、制限のある選択しか出来ない

ように訓練されているのです。

用意された選択肢以外は、間違いだと思わされているのです。

あなたは考える必要はありません・・用意されたものの中から選べばいいのです・・と。


だから、常に誰かに提示された答えを探そうとしてしまいます。

答えはもう決まっているのだから・・と。


決まった答えなどないのです。

あなたが決めるのです。

だから、誰に聞いてもわかりません


私がここテラに転生してきた理由?目的?はなんですか?・・と誰に聞いても

それは分からないのです。

自分にしか分からないのです


誰かに聞いて答え合わせをしたくなる気持ちはわかります。

誰かに、これがあなたの目的ですよ・・と教えてもらえれば楽だということもわかります。

でも、もし誰かがそれをしたとしたら、それは自由への介入になるのです。

あなたは、この目的のために転生してきました、あなたの使命は○○です・・と

言ったとします。

それが正しい答えだとあなたが受け入れてしまうと、あなたはその現実を創造して

しまうのです

あなた自身で考えることを止めてしまい、それが自分の目的だとして、その方向を

目指してしまうのです。

分かりますか?

それだと自分の人生ではなくなってしまいます

それでは、その人に自分の人生を渡してしまうことになるのです。


私は自分でこれがしたくて転生してきたような気がします。

そして、それがしたいです。

それをするにはどうしたら良いでしょうか?・・という問いならば、お答えする

事は出来るのです。

いくつかの方法を提案することは出来るのです。


私はお腹がすきました・・私は何を食べればいいでしょうか??・・と誰かに

聞かれたらあなたはどうしますか?

困りますね・・あなたは何が食べたいですか?・・と聞くしかないですね。

私は何のためにここに転生してきたのでしょうか?と聞くのは、これと同じことです。

私がしたいことはなんですか?楽しいことはなんですか?何の仕事に向いていますか?

私の良いところはどこですか?私のパートナーはどこにいますか?どんな人ですか?

私の人生これからどうなりますか?・・と聞いているのと同じです。


例えば、パスタはどうですか?・・お寿司はどうですか?・・天ぷらという選択も

ありますよ・・と提案することはできます。

いまパスタの気分か、そばの気分か、お寿司の気分か・・その中にピンと来るものが

あるのかないのか・・それはあなたにしか分からないのです。

こんなメニューがありますよ・・と、人は提案するしか出来ないのです。

決めるのはあなたなのです

その中で私は何が食べたいのでしょうか?・・と聞かれても、それはわかりませんと

答えるしかないのです。


あなたはカレーを食べなさい。

それが正解です。それがあなたにとっての答えです・・と答えたらどうでしょうか?

違和感がありますね。

そんなこと勝手に決めないでよ・・・って思いませんか?

それとも、決めてもらってよかったって思いますか?


決めてもらってよかったと思う人は、どうでしょうか?

言わなくてもわかりますね。


簡単に説明しましたが、あなた達がいつも誰かに問いかけている答えはこういう

ものです。

正解はどれですか? 答えを教えてください・・という問いかけは、何を食べたら

良いですか?私が食べるものをあなたが決めてください・・と言っていると同じです。


食べたいものを好きに食べてください。

あなたが食べたいものを知っているのは、あなただけなのです。

そして、その食べたいものがあなたにとっての正解なのです。

他の人が違うものを食べていても、それはあなたが食べたいものではありません。

それは、その人が食べたいものであって、あなたの正解ではないのです。


あなた以外の誰かに、あなたの答えを聞かないでください。

あなた以外の人に、あなたの正解は分からないのです


そして、これがあなたの正解だから、こうしなさいと言う人がいるならば、

その人から離れることをおすすめします。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール! 感謝します。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ㉒恐れの回路を弱める。その瞬... | トップ | 世界はやはり危険ではあるも... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む