もともとそれでよかった♡

すべては自分の中にある

もし万が一パートナーが浮気をしていても、あなたの目の前の現実になければ、それはあなたの問題ではないのです。いま困っていない、それでいいのです(170403ア)

2017-04-04 | ☆覚書

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなたがいつも頭の中で考えていることは、幻なのです。

過去はただの記憶にすぎず、未来は予測に過ぎないということです。


あなたの現実は、いまあなたの目の前にあるものだけなのです。


あなたが家族のことを思っていたとします。

朝出かけて行った子ども・・その子はいまあなたの現実にはいないのです。

でも、ちゃんと現実の中にいます・・その証拠に朝ちゃんと送りだしのですから・・

と思うかもしれませんが、その子はいまはあなたの頭の中の記憶なのです。


分かりますか?

あなたは子どもの記憶を思い出しているだけなのです。

本当の子どもは、あなたの現実とは関係ないのです。

でも、学校に行っています・・いまは目の前にはいないけど、でも学校にいるのですから

子どもはいます・・と思うかもしれませんが、それはあなたの予測なのです。

難しいですか?


子どもは学校にいる・・それはあなたが予測しているだけなのです。

もしかしたら、学校に行かずどこかで遊んでいるかもしれません。

でも、それはその子の現実であって、あなたの現実には関係ないのです。


でも、帰ってきます・・そうですね、

帰って来て、あなたの目の前に出て来て、はじめてあなたの現実になるのです。



アシュタールは何が言いたいのでしょうか?

見えない?いまあなたの現実に存在しない人を考えても仕方がないということです。

あなたの現実は、過去でも未来でもなく、いまここにしかないのです。


頭の中の幻を信じて、感情を動かしても仕方がないということです。

子どもがもしかしたら学校に行かず、どこかで遊んでいるんじゃないか?・・と

心配しても仕方がないということです。

その学校に行かず遊んでいる子どもは、あなたの頭の中だけの幻なのです。

実際の子どもは、遊んでいるかもしれないし、学校に行ってるかもしれない・・それは

その子の現実であなたには関係ないのです。


それなのに、学校へ行かず遊びまわっている子どもの幻を頭の中で作り、それに対して

心配したり、気をもんだり、怒りを覚えたりしても仕方がないのです。

本当かどうかもわからないことで感情を動かす必要はないということです。

幻を追って、意味も解らず不機嫌になる必要は無いのです。


分かりますか?

子どもが帰って来て、あなたの現実に入ってきてからその子どもと話せばいいのです。

でも、子どもが帰ってきていないうちから、あなたが幻?妄想?で感情を揺らし、いらだって

いたらどうでしょうか?

帰って来るなり・・あなた、今日何してたの?・・と問い詰めることになってしまいます。

自分の妄想で子どもを叱ってしまうことになるのです。


子どものことではピンと来なければ、パートナーの浮気?ではどうでしょうか?

パートナーが浮気しているかもしれない・・と思うとき、同じような状況になるのでは

ないですか?(笑)


自分が見ていないところで何をしているかわかったもんじゃない・・と、確信もないのに

イライラすることはないですか?

いつもより遅い・・どこかで誰かと会ってるんじゃないかしら?・・と妄想し、感情を揺らし

イライラしながら帰りを待つ・・

帰って来たら問い詰めてやる・・そんな気持ちで迎えたらどうなるでしょうか?

ただ仕事で遅くなっただけなのに、浮気?前提で怒りをぶつけられたらどうでしょうか?

怒りをぶつけなくても、なんだかプンプンしたエネルギーを出されたらどうでしょうか?


そのイライラは、あなたの頭の中のただの幻、妄想なのです

それを分かってください。

目の前にある現実だけが、あなたの現実なのです

帰って来る(あなたの現実に入って来る)までの、子どもやパートナーは、あなたとは関係の

ないところにいるのです。


だから、目の前で何も起きていないなら、それでいいのです

目の前で起きていないことまで、妄想し、感情を動かす必要はないのです。

目の前で起きていることがご機嫌さんなら、それでいいのです。

目の前で起きていることが平和なら、そのままでいいのです。


あなたの関係のない現実にまで、フォーカスしようと思う必要はないのです

もし万が一、子どもが学校に行ってなくても、もし万が一パートナーが浮気をしていても

あなたの目の前の現実になければ、それはあなたの問題ではないのです。

勝手に妄想して、不安になったり、心配したり、怒ったりする必要はないのです。


目の前にある現実以外のことを妄想しなくなれば、あなたの現実は平和なものとなります。

あなたの頭の中が平和になるからです。

思考が先、現実があと・・

あなたの思考が平和になれば、現実も平和になります。


頭の中で幻を作り(妄想し)感情を揺らし、平和でないから平和な現実を創造出来ないのです。


子どもやパートナーのことを例に出しましたが・・

他のことも同じです。

お金のこともそうです。

いま何も困っていないのに、月末の支払いのことを考えて(妄想して)心配になったり、

不安になったりする必要はないのです

その妄想を信じて?感情を揺らすから、そのような現実が実際に出来てしまうのです

いま困っていない・・それでいいのです。

そう思って平和でいれば、次の現実も平和なものとなるのです

何も困らない現実をずっと創造することが出来るのです


でも、必ず支払いはしなければいけませんよね・・そんな悠長なことを言ってられないでしょ・・

とあなたは思うかもしれませんが、出来るのです

大丈夫、いま困ってないから・・だから、いつも困ることは無い・・と本当に信じることが

出来れば、心配しなくても支払いに困ることは無いのです。


大丈夫、私はパートナーや子どもと平和な関係でいられます・・

と本気で思うことができれば、パートナーや子どもと平和な関係でいられるのです。


それを阻止してしまうのが、あなたの頭の中の幻、妄想だということを分かってください。

あなたが現実にないことを、妄想するからそれが現実になってしまう・・ということです。

妄想を止めるには、いまあなたの目の前にある現実だけにフォーカスしていてください


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう アシュタール! 感謝します。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さなことからこれが思考が... | トップ | PFCコブラ・インタビュー2/2(... »
最近の画像もっと見る

☆覚書」カテゴリの最新記事