なるようになるのが一番

自問自答、ハイヤーセルフ・高次の存在との対話

カバールの血筋はバビロニア、エジプトの神々は無関係、いかなる次元にいてもアセンション可能(生まれ変わる必要はない)(160926コ)

2016-10-12 | イベント関連

新・ほんとうがいちばんさんより

PFC コブラ・インタビュー 16/9/29

PREPARE FOR CHANGE JAPANさんより
PFC COBRA INTERVIEW 09/29/16 
翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group
Ships.jpg

イベント前では誰が大統領になってもカバールの操り人形。9月のキメラの試み(全面銀河戦争)は失敗に終わった(160926コ)のつづき)

■スイス

Lynn - スイスに本部を置いているカバールのメンバーが多いのですが、イベント後のスイスはどうなるのでしょうか。

COBRA - 実際の所、表には出ていませんが、スイスにはポジティブな騎士団が非常に強い勢力を持っています。イベントになると彼らは民衆の前に現れるでしょう。当然カバールは駆除されます。

Lynn - スイスにはヴォルテクスまたはポータルがありますか。それとも、スピリチュアルまたはオカルト的な象徴を持っているのでしょうか。

COBRA - スイスには多数のポータルがあります。過去数年間にスイスでカンファレンスを行いましたが、その時にそれらのポータルの一部を活性化していたのです。スイスにはプレアデス人の存在感が非常に強いです。

Lynn - ビリーマイヤーが住んでいた場所でもあり、彼はそこでプレアデス人からのコンタクトを受けたのですね。「ええ」 

■ブラジル

Richard - ジルマ・ルセフ大統領への政変に対して、街中で抗議が行われ、ブラジルの民主主義が崩壊しています。新しいミシェル・テメル大統領は闇の使いでしょうか。ブラジルの政治状況について教えて下さい。

COBRA - ええ、残念ながら彼はカバールの操り人形です。そのため、ブラジルの状況はますます悪くなるでしょう。

Lynn - ブラジルのリオデジャネイロのノバフリブルゴに住んでいますが、大きな惨劇が起きました。その災害を起こしたのは何にかしらの兵器だと思います。そのことを調べていたら、2011年1月にこの地域で集中豪雨によって山頂で土砂崩れが起きて257人が死亡し、約1000人が家を失いました。このことについてのコメントをお願いします。

COBRA - 同じことが世界各地で頻繁に起きていますが、残念ながらこれはそれら多数の事例の一つです。イベントが起きるまで、銀河戦争は続けられますが、これはその戦況を反映しているものです。

Richard - ブラジルはいまこれだけ闇に支配されていますが、それに歯止めをかけるためにブラジル国民に出来ることはありますか。

COBRA - ポルトガル語、スペイン語など、ブラジル国民が使う言葉でブログを立ち上げたりして真実を広め、国民に正しい現状認識を持ってもらいましょう。

■南アフリカ

Lynn - 南アフリカからの質問です。現職のズマ大統領はひどい大統領です。南アフリカの政治情勢について何かご存じですか。

COBRA - この国でもカバールの支配が強いため、イベントまでに大きな改善は望めないでしょう。

Lynn - 南アフリカの過去について教えて下さい。たとえば、オランダが東インド会社を設立した時代とか。

COBRA - 確かに、かつていくつかのイルミナティのファミリーが南アフリカを支配していました。ダイアモンドの採掘は支配手段の一つになっていました。19世紀のある時期において、南アフリカはカバールの支配体制の中でも重要なオカルトエネルギのヴォルテクスになっていました。現在その重要性は低下しましたが、カバールの勢力はまだ強いままです。

Lynn - なぜ南アフリカでアパルトヘイトが出来たのでしょうか。

COBRA - カバールの勢力が強いからです。

Lynn - ネルソン・マンデラはどうでしょうか。彼は英雄でしょうか、それとも人々を操るために置かれた操り人形でしょうか。

COBRA - 彼は善良な存在で、数々の悪事を止めてきました

Richard - 南アフリカの鉱山業は多くの人にとって収入源になっています。鉱山だけのために出来た町もあります。現在鉱山業は不振で、すでに多くの人が職を失っています。これらの鉱山町はイベント後にどうなるのでしょうか。採鉱は完全に打ち切られるのでしょうか。この人達はどうやって収入を手に入れるのでしょうか。

COBRA - 採鉱はほぼ完全に打ち切られるでしょう。当然ながら、人々は他の収入源を得ることが出来ます。より大事な活動があります。何より、すべての人々が豊かになれるのです。そういう問題は二度と起きないでしょう。

■土地と住宅の所有

Lynn - 南アフリカでは、土地の所有権について大きな論争が起きています。イベント後にすべての国境が取り払われますが、人々はまだ土地を所有できるのでしょうか。住宅と土地の所有にどんな影響が及びますか。

COBRA - 人々は土地を所有できます。しかし、土地への投資熱はいまほど起きないでしょう。そのため、いま起きている紛争も容易に解消されるでしょう。さらに一定期間を過ぎると、土地の所有という概念は重要でなくなります

■シンガポール

Richard - シンガポールのようなアジアの小国が金融界でどのような役割を担っていると見ていますか。

COBRA - シンガポールはカバールの金融システム拠点の一つです。そこでのロスチャイルド家の存在感が強いです。

■ベトナム

Lynn - ベトナムからの質問です。中国は隣国に対して強硬姿勢を取っています。カバールのアジアでの新世界秩序の一環として、第二次世界大戦後に彼らがチベットを侵略したように、中国がベトナムを侵略することは許されるのでしょうか。ベトナムはこの侵略を生き延びることは出来ると思いますか。

COBRA - 個人的な見解では、現時点において、中国がベトナムを侵略するとはとても考えられません。

Richard - 最近、巨大な赤い光を放つUFOが都市上空にしばらく滞在したことについて、トルコのある市長が発言しました。その説明によると、赤い光に囲まれた星が上空に現れて消えたそうです。これについては何か知っていますか。

COBRA - 少しは。

Richard - それは何でしょうか。

COBRA - 光の勢力が今のトルコの情勢に対して、なんとか光を注ぎ込もうとしていたのです。

■エジプトの神々

Lynn - 今度はエジプトです。最近、エジプトの神々は地球を侵略した巨人族だとデービッドウィルコックが話しました。これらのエジプト人はカバールの血筋の起源でしょうか。そうでなければ、カバールの血筋はどこからきたのでしょうか。

COBRA - エジプトの神々はカバールとは全く無関係で、カバールの血筋とも関連ありません。カバールの血筋はバビロニア帝国から来ており、エジプトとは関係ありません。

Richard - この質問者がいうには、フィンランドはネガティブな勢力に統治されていて、市民に敵対しているそうです。なぜフィンランドがこうなったのでしょうか。カバールはフィンランドを統治しているのですか。何をすればいいでしょうか。

COBRA - これは惑星上のあらゆる国で起きていることです。カバールはすべての国の政府に潜入していました。

■共産主義

Richard - 以前、ロシアの十月革命は共産主義を導入するために、イエズス会の操作によって作られたものだと言いました。それはつまり、共産主義はカバールによってもたらされたものでしょうか。

COBRA - イエズス会の謀略に適合するように、共産主義の本来の思想がねじ曲げられ、操作されていたのです。

Richard - ということは、カール・マルクス、ウラジーミル・レーニン、ヨシフ・スターリン、毛沢東、金日成はカバールのメンバーでしょうか、それとも普通の人?

COBRA - 彼らの多くはカバールです。

■1989年の共産主義体制崩壊

Richard - 共産主義体制の崩壊に結びついた1989年の東欧諸国とロシアで起きた革命について話して頂けませんか。

COBRA - それは光の勢力の計画でした。これらの国では抑圧がはびこっていたためです。しかしその一方で、この革命の混乱に乗じて、カバールは反撃の計画を立てていました。その崩壊の最中、彼らはロシアから大量のお金を吸い出してカバールの金庫に移しました。

■ハンガリー

Lynn - 今度はハンガリーからの質問です。動物に対する残虐行為を見聞きすると心が痛みます。クジラ、イルカ、アシカ、象などの本来は地球土着でない動物たちを故郷の惑星に避難させて癒やしてあげることは出来ないでしょうか。彼らがここにいる必要はあるのでしょうか。

COBRA - これはイベントの後に行われます。現段階では、光の勢力による惑星への介入は許されません。彼らはイベントが起きるまで待たなければならないのです。

Lynn - もう一つ、ハンガリーからの質問です。Arvisura という人のチャネリング情報によるハンガリー人の古代史では、彼らはアトランティス時代の Atais 島に由来していて、既存のハンガリー人は「シード」の魂だそうです。「シード」は命と知識のガーディアンです。イベント時のハンガリー人の役割は何でしょうか。

COBRA - ハンガリーには、非常に強力でポジティブな白貴族騎士団の集団があります。彼らはハンガリーの情勢に多大な影響を与えており、イベントの時に民衆の前に姿を現すでしょう。スイスと同じように、非常にポジティブで実力を持っている集団です。従って、イベント時に公開される情報によって、この両国では何らかのサプライズがもたらされるでしょう。

Lynn - 彼らの先祖は本当にシリウスからやってきたのでしょうか。

COBRA - 私が話しているこの特定の集団とその他の一部の人はシリウス由来ですが、ハンガリーの国民全体はそうではありません。

■チャネリング情報から来た噂

Richard – このリンクによると、16年7月31日付けでカバールの最高階級は惑星から取り除かれたと書いてありました。ミカエル大天使、セントジャーマインと評議会もこれを確認したようですが、本当ですか。 

COBRA - 確認出来ません。

Lynn - ミカエル大天使がいうには、人類は移行・アセンション・イベントへの準備はできていないけれど、それに関わらずイベントは起きるそうです。あなたはこれに同意しますか。

関連リンク 

COBRA - ミカエル大天使がそれを話したとは思えません。

■プレアデス人

Richard - プレアデス人について知っていることを教えて下さい。銀河戦争での彼らの役割は何でしょうか。彼らは非常に霊的に進化していることは知っていますが、彼らは他の種族と戦うのでしょうか。

COBRA - 彼らは不正との戦いには参加します。彼らは戦闘種族ではありませんが、必要であれば戦いますし、効率よく戦います。

■ライオン族・猫科族

Lynn - ライオン族または猫科族と呼ばれるETについて教えて下さい。

COBRA - この種族はシリウス星系から来ています。彼らは多くの国でスピリチュアル的な発展に尽力し、積極的に活動してきました。

Lynn - 彼らの末裔に人間はいますか。それとも地球上の猫科動物、家猫、虎、クーガー、ライオンなどですか。

COBRA - 彼らは(猫科の)原型になっていますが、エネルギ的には無関係です。同じ進化過程をたどっていません。

Lynn - これらのライオンETは地球の猫と交信しますか。

COBRA - 交信できますし、たまに交信します。

■ETの娯楽

Richard - 地球と同じように、他のET集団の社会ではスポーツで競い合いますか。

COBRA - スポーツをやる種族もいますが、同じではありません。競う方式ではありません。どちらかというと、動きやチームプレイのようなことを練習したり、楽しんだりするのが目的です。

Richard - これ以外に、他の文明が楽しむことは何かありますか。

COBRA - ダンスだったり、音楽だったり、旅行だったり、地球と同じような活動がたくさんあります

■ケンタウリ星系

Lynn - (太陽系に最も近い恒星であるケンタウリの惑星である)プロキシマbに文明はありますか。彼らは私たちのことを知っていますか。彼らと連絡を取るにはどうしたらいいですか。

COBRA - 本当を言うと、アルファケンタウリ星系全体は巨大な文明の一部であり、多くの種族がいます。イベントになると彼らはコンタクトしてくるでしょう。正確に言うと、イベント後のファーストコンタクトに至る段階にです。

Lynn - 彼らは人間と同じ外見ですか。

COBRA - 人間と同じ外見の種族は一つあります。

■シリウス

Richard - シリウスには人間と同じ外見の種族はいますか。

COBRA - います。

Richard - 16000年前に144,000人がシリウスからやってきたのでしょうか。

COBRA - 違います。

Richard - どこから来たのですか。

COBRA - 16000年前に地球にやってきた集団は確かにシリウスの種族でしたが、それは非常に小さな集団で、144000人ではありません。

Richard - とても小さな集団でしたか?16000年前にシリウスからやってきたこの人たちで、私たちが知っている人はいますか。

COBRA - 現段階でそれは機密情報です。

Richard - 彼らはいまも私たちとやり取りして助けてくれていますか。

COBRA - 彼らは様々なやり方で大きく助けてくれています。それぞれが非常に大きな存在感を示しています。

■古代マヤ族

Richard - 古代マヤ族について教えて下さい。彼らは1万年前から存在したと思いますが、彼らは地球を離れたのでしょうか。彼らは次元上昇したのでしょうか。それとも地球内部に入ったのですか。

COBRA - 殆どのマヤ族は地表を離れて、地下にある彼らの文明に移りました

Richard - 彼らが戻ってくる予定はありますか。

COBRA - イベント後に戻って来る人もいるでしょう。すでにプレアデスに戻った人たちも、イベント後に戻って来るかもしれません。

■イベント前に死んだ人たち

Lynn - イベントについての質問がいくつか続きます。イベントの直前に死んだ人も、「死後の世界」から次元上昇したり、次の段階へ進めるのでしょうか。どういう仕組みですか。

COBRA - 創造のいかなる次元界にいても、アセンションは可能です。

Lynn - 死後に次元上昇するために、生まれ変わる必要はないということですね。

COBRA - 生まれ変わる必要はありません。

■セントラル・サンからの光とエネルギ

Richard - 光またはエネルギが、銀河のセントラル・サンから、地球に到達するまでにどのくらいの時間がかかりますか。

COBRA - 物理的な光子は地球に届くのに約25000年かかります。高次元の光はほぼ瞬時に届きます

■もしイベントが起きなかったら?

Lynn - もしイベントが起きなかったら、人類はどうなるでしょうか。

COBRA - イベントが起きなければ、人類は21世紀中に絶滅するでしょう。

Richard - 世界各国の軍や情報局はイベントについて知っているのでしょうか。

COBRA - 十分に高い階級にいる人たちは知っています。厳密に言えば、彼らはそれを推測しています。彼らは具体的な情報をもっていませんが、推測で何かに気付いています。確実で正確な情報を持っているのは、そのずっと上の階級にいる人たちです。

Lynn - 先月に、共和国も通貨のリセットもイベント前ではなく、イベント時に起きると言いましたが、集団逮捕もその時ですか。

COBRA - ええ。計画はもう何度も説明しました。繰り返す必要はないと思います。

Richard - イベントが起きるためには、地球のアストラル次元をきれいにする必要がありますか。

COBRA - きっちりときれいにする必要があります。ただ問題はアストラル面ではなく、プラズマ面です。現状よりもずっときれいにしないとダメです。

■悟り

Lynn - 以前のインタビューでは、イベントの時に二元性が終わりを迎えると言いましたが、イベントが起きれば誰もが悟りを開くと言うことでしょうか。

COBRA - 違います。

Lynn - 「悟りを開く」とは具体的にどういうことでしょうか。

COBRA - 悟りを開くと、本当の自我である「一なる存在」(The One) とつながりはじめることを自覚し、実際につながったことを意味します。人格全体が転換済みである必要性はありませんが、イベントの瞬間から転換し始めることはあり得ます。

Richard - イベント後に人々が悟りを開くことは可能ですか。

COBRA - できます。徐々にね。

Richard - 徐々にというと、どのぐらいの期間が必要ですか。

COBRA - 殆どの人にとっては数年といっていいでしょう。

Richard - この学習の過程を教えてくれる機関または学校はありますか。

COBRA - ええ。イベントの後に、この過程を手伝うための神秘学校が開校されるでしょう。

■他の惑星でのイベント

Lynn - 他の惑星でもイベントのようなことが起きるのでしょうか。近隣の惑星は、銀河のセントラル・サンの大きなクシャミ無しに解放されたようですが、本当ですか。

COBRA - ええ、確かに。しかしこの惑星は違います。ここには、カバールとともに、あまりにも多くの種族が集中しているためです。解放のために、ほかより強力なサポートが必要です。

Lynn - 惑星を解放するために、光の勢力はその大きなクシャミのエネルギを利用しようとしているのでしょうか。

COBRA - ええ、当然です。

■イベント後の人類移住

Richard - 以前に、イベント後に人類は減少していくと言ったと思いますが、私の理解が間違っているのでしょうか。

COBRA - ある時期になると、惑星から出て他の星に移住する人が現れるでしょう。集団としての絶滅とか、そういう意味で言っているわけではありません。

Richard - なぜ移住しようとするのでしょうか。

COBRA - 彼らはそれを望むからです。宇宙のあちこちで成長体験を得たいと思うようになるでしょう。ずっとここに留まりたいと思わないでしょう。他の星系を探索したり、他の種族と交流したりしたくなるでしょう。

Richard - つまり、ETがコンタクトしてくるようになると、彼らはこういう移住を提案してくれるのですね。

COBRA - ええ。

■イベント時に肉体を離れた人たち

Lynn - 肉体から離れた魂はどうやってイベントのことを知るのでしょうか。

COBRA - 向こう側の世界では、情報を持っていて準備にも協力してくれるスピリチュアル・ガイドがいますよ。

Lynn - 状況が進展すると、彼らは地球の将来についての情報も受け取っているのですね。

COBRA - ええ。

Lynn - 肉体を離れたこの人たちはイベント後に地球に戻ってくるのでしょうか。

COBRA - 彼らがそう望むのなら、戻って来られます。

■次元上昇を望まない場合

Lynn - 今のままでいたい人でも、次元上昇しなければいけないのでしょうか。

COBRA - そのままでいたければ、次元上昇する必要はありません。すべてはあなたの自由意思次第です。

■ソースに対するイメージ

Richard - 「神」という言葉は男性を指し、女性の場合は「女神」という言葉になります。イエスは神を「父」と呼んでいました。あなたはソースを「絶対的な、意識の宇宙領域」とも、「一なる存在」(The One) とも表現しました。男女の概念を超越して、頭の中でこの「絶対の存在」につながるために、どのようなイメージを持つべきでしょうか。

COBRA - スピリチュアル体験を直に得ることが出来れば、男女の極性についての概念は自然に崩れ去っていくと思います。男も女もないのです。ソースはすべてを包み込むような存在であり、あらゆる善の源です。私ならこのように表現します。

Richard - 同じ質問者からです。イエス(サナンダ)と、シュメールのアヌ神とは、スピリチュアル的に関連性がありますか。

COBRA - ありません。

■健康関連・遠赤外線治療・電磁波

Lynn - 続いては健康関連の質問です。遠赤外線治療法について聞いたことがありますか。身体の内部を治療できるのでしょうか。

COBRA - ええ、身体の細胞組織を治すことができます。

Lynn - テラヘルツ周波数の電磁波は人体に対して、有益または有害でしょうか。

COBRA - 周波数次第で、有益にもなれば、有害にもなります。

Lynn - 珪藻土が身体に対して解毒作用があるって本当ですか。

http://www.thescienceforum.com/health-medicine/24011-diatomaceous-earth-food-grade-really-so-good-dangerous.html 
http://diatomaceous.org/heavy-metal-detoxification/ 
http://diatomaceous.org/orthosilicic-acid/ 

COBRA - 大いに役立ちますね、はい。

■チンターマニストーン関連

Richard - 身の回りにチンターマニストーンを置いていると、挑戦しがいのある人生になりました。チンターマニストーンの影響でしょうか。

COBRA - それ自身の転換のために、あなたの潜在意識に隠されていたすべてのものが触発されるのです。

Richard - つまり、ちゃんとした理由があるのですね。

COBRA - ええ。

Lynn - では、最後の質問です。コロンビアナイト石(Colombianite Stone)の働きを教えて下さい。

COBRA - これはシリウス星系からやってきた石で、神の恵みのエネルギを惑星にもたらすのに役立ちます。

Richard - 地球上に見つかりますか。

COBRA - 珍しい石ですが、見つけることは可能です。

Lynn - ラピス・ラズリ(瑠璃)の働きを教えて下さい。

COBRA - この石は眉間にあるチャクラ、第六チャクラの活性化と、高位の霊能力を解き放つのに役立ちます

Lynn - これで終わりです。今日もありがとうございました。素晴らしい十月を迎えますように。では、また来月にお会いしましょう。

COBRA - はい、よかったです。

Lynn - ありがとうございました。

COBRA - ありがとうございました。またね。

(転載終了)

ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イベント前では誰が大統領になっ... | トップ | 地球上の完全平和は1000年続... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む