もともとそれでよかった♡

すべては自分の中にある

イメージから始めて!提供するも・してもらうも当たり前..何も困らない・豊か、みんなご機嫌・一緒にいても気苦労なし..そんな暮らし

2016-09-19 | 覚書

今日はさくやさんが言いたいことがあるそうで・・・お伝えしますね^^

血縁とか、契約上の夫婦とか、そんなのまったく関係なしみんなで一緒に
住めばいいのよ。

何度も言うけど、みんなで一緒に住めば今あなた達が困ってる問題はほとんど

解決するのよね。

一緒に住むって言っても同じ家とかじゃないわよ。

同じ地域?って感じかな。

そしてそれぞれが得意なことをみんなに提供すればいいじゃない。


だいたいね、あなた達が今困ってることは手が足りないってことでしょ。

子どもを預ける人がいない、病気や怪我をしたときに頼る人がいない、ってことじゃない。

そんなのみんなで手を貸しあえば何の問題もないでしょ。


江戸時代の人たちのように暮らせばいいんじゃないの?

あの子たちは、手を貸し合ってたわよ。

お金なんて使わなくても十分に豊かに暮らしてたわ。

それは、みんなが得意なことを提供しあってたから。

魚を獲るのが好きで上手な人が魚を獲って、お米を作るのが上手な人たちがお米を作って、

食器や包丁をつくるのが好きな人はそれをして・・・・みんなで提供してた。


今作られてるドラマとかは、お金を使ってそれらを買ってるみたいに描かれてるけど

ちょっと違うのよね。

もちろん、江戸の終わり位の都市部ではそうだったところもあるけど、ほとんどの地方では

お金など使わないで村全体で提供しあって暮らしてた


子どもも村の子としてみんなで育てたし、病人や怪我人の世話もみんなでしてたわ。

見返り?お礼?そんなのは全く気にしない。

だって、みんな提供して、みんな提供されてるんだから・・

クルクルと提供が巡ってるだけなんだから、してあげることも、してもらうことも

当たり前だったの。

Aさんにしてもらったら、今度は自分が出来ることをBさんにしてあげる・・

そして、Bさんが出来ることをCさんにしてあげる、そしてCさんがAさんに何か

提供する・・もっと大人数でこれをしてただけ。


わかる?

提供するのも当たり前、提供してもらうのも当たり前・・だから、スムーズに循環が起きる

だから、みんな何も困らないってこと。

子どもを預かってもらったら(っていうより、みんなの子どもだから預かるも何も

ないんだけどね、たとえばよ)怪我した人のご飯をつくってあげるみたいな感じ。

そして怪我した人も治ったら、今度は別の人の屋根を直してあげる・・みたいな感じ。


出来ることを、出来る時にする・・義務とか義理とかそんなことじゃないの。

当たり前のこととしてとらえてたから、変な諍いもなかったのよ。

してあげたのに、感謝しない(お礼も言わない)・・なんて思うこともないから。


あなた達も、そうやって集まって提供しあえば何も困らないのよ。

老後の心配することもないし、貧乏になって食べることが出来なくなったら、怪我したり

病気になったらどうしようという心配もいらないし、必死に保育園を探す必要もない。

そうやって提供しあって暮らしてたらお金も必要なくなるわ。

あなた達のほとんどの悩みのタネはお金に関わることでしょ。

お金っていう概念がなくなれば、その悩みも吹っ飛ぶってことよ。


そんなこと、今更出来ないよ・・って思うから出来ないの。

そりゃ、明日明後日に出来るってものじゃないわ。

でも、そんな暮らしが出来ればいいな、そんな暮らしをしたい・・って思っていれば、

そちらに現実は動いて行くんだから(少しずつよ)

だから、そんな暮らしをいっぱいイメージしてちょうだい。

イメージ出来ることは、自分で止めなければ絶対に現実になるの。


そしてね、そういう生活、暮らしの方が長いのよ。

じょうもんの子たちは何万年もそうして暮らしていた。

江戸時代の子たちも300年近くそういう暮らしをしていた。

今の分離された暮らしを始めてまだそんなに経ってないでしょ。

今のあなたの暮らし方の方が短いの。

そして、すごく不自然な暮らし方なの。


今からでもいくらでも変えることは出来るわ。

集団で生活すると気苦労ばかりで大変・・って思わされているだけ

分離させておいた方が、支配者たちは楽に庶民をコントロールすることが出来るから。

分離させて、たくさんのことを一人でしなければいけなくなって疲弊させれば、

重いエネルギーをたくさん放出してくれるから。


たくさんの人と暮らすってとても快適なのよ。

一日中働かなくても十分豊かな生活が出来るのよ。

自由な時間もたくさん持つことが出来るのよね。


そして、みんな好きなことをしているから楽しいわよね・・だからみんなご機嫌さんで

居られる。

ご機嫌さんな人は、他の人に干渉しようとしない・・だからとても風通しのいい、気持ちのいい

関係をと持つことが出来るから、みんなで暮らしても気苦労なんて感じないってこと。

気苦労を感じるのは、みんながご機嫌さんじゃないから

ご機嫌さんじゃない人達が集まれば、人のことに干渉し、人とコントロールしようとし、

比較し、どちらが立場が上かなどナンセンスな争いをはじめる・・

だから気苦労が絶えないことになる。


ご機嫌さんたちが集まれば、あなた達の抱えている問題は解決するの。

ね、簡単なことでしょ?


イメージだけでもいいから、そこからはじめてみてちょうだいね

あなた達を心から愛してるわ~~」



ありがとう さくやさん!

私たちもさくやさんを心から愛してるよ~~^0^
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1万3千年のアトランティス人・アヌンナキ支... | トップ | 我慢することがどれだけナンセンス... »
最近の画像もっと見る

覚書」カテゴリの最新記事