なるようになるのが一番

自問自答、ハイヤーセルフ・高次の存在との対話

人類初の公な離脱文明構想が発表されました、アスガーディア、申し込みが殺到、カナダ・ルーマニア・ロシア・アメリカ宇宙専門家、目的は鉱物採集と地球を守る(161013コ

2016-10-14 | イベント関連

2016年10月13日

原文: Breakaway!

http://2012portal.blogspot.jp/2016/10/breakaway.html

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group

 

昨日、パリのある記者会見で、人類初の公な離脱文明構想が発表されました。http://www.sciencealert.com/a-multinational-group-wants-you-to-join-asgardia-the-first-outer-space-nation-with-a-mission-to-defend-earth

この離脱文明国家の名前は北欧神話にちなんでアスガーディア(Asgardia)と名付けられています。最初の10万人の応募者はその市民権を保証されるとのことです。導かれていると感じたのなら、登録はこちらのリンクから:
 
http://asgardia.space/join
 
訳注: Asgardia の名は日本では北欧神話よりも、米国の有名なテレビドラマシリーズ「スターゲート」に登場した名前のほうがずっと知名度が高いため、その中で使われた英語からの日本語訳としてのアスガードからアスガーディアに訳しました。最も有名なのは雷神トールです。スターゲートの物語の中でも地球を守る神として描かれています。彼らの基本スタンスはスフィアビーイングと同じで「不干渉」です。
 
申し込みが殺到しているため、10万人という目標は6~12時間以内に達成される見込みです。
 
私の情報源によると、この構想はカバールと関係ありません。彼らのロゴにあるホルスの目は、プロジェクトを闇の勢力からエネルギ的に守る目的のために、ある善良なオカルト秘密結社に提案されたものです。
 
十分な数のライトウォーリアーとライトワーカーがこのプロジェクトに参加すればこの離脱構想内で形成される集合意識は、技術一辺倒の暗黒郷から離れ、より精神性を意識する社会に向けて、正しい舵を取ることは確実にできるでしょう
 
Victory of the Light!
 
訳注: 以下に記事の摘要(主に前半)を紹介します。
 
プロジェクトには、カナダ・ルーマニア・ロシアやアメリカの宇宙専門家が含まれています。その目的は小惑星からの鉱物採集と、危険な隕石・宇宙ゴミやその他の脅威から地球を守ることです。
 
計画では、1年半以内に人工衛星を打ち上げ、いずれは独自の主権と法律をもち、人が居住して働ける宇宙ステーションの建設を目指します。彼らは「宇宙を民主化」しようとしているそうです。
 
最終的な目標は、宇宙からきた人為的、自然的な脅威から人類を守る最先端の保護シールドを作ることです。「地球の資源はいずれ枯れてしまいます。私たちは宇宙に出て行きたい願望に逆らえないのです」と広報担当のワールド氏が話しています。現在そのプロジェクトに参加している研究者の数は不明です。
 
プロジェクトはまだ早期の段階にあり、この最初の発表によって、技術者、科学者やその他の有能な人材に興味を持ってもらいたいそうです。
 
専門家以外でも募集しています。最初の10万人の応募者は、地上の国籍を保有したまま、アスガーディアでの市民権を保証されます。
 
国旗、紋章、国歌についてもクラウドソーシングで募集しているようです。資金源や計画についての資金計画も明かされていません。「一年半以内の人工衛星打ち上げには自信がありますが、十分な資金があるかと聞かれると、まだそこまで行ってません」とワイルドが述べました。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒラリー側近の「極秘UFOメール」が続... | トップ | しっかりとしたイメージができれ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む