なるようになるのが一番

自問自答、ハイヤーセルフ・高次の存在との対話

みんなが得することを、みんなが幸福になることを..。所有から共有の時代(160927MI)

2016-09-28 | 覚書

マドモアゼル・愛公式ブログさんより http://www.love-ai.com/diary/diary.cgi

次のイメージ  2016年09月27日(TUE)

  時代が押し迫ってきています。

この世を動かす原理は二つあります。ひとつは人や動植物や地球を不幸にさせて経済などを推進させる方法。

もう一つは、それとまったく反対の、人や動植物や自然を良くして生き方を推進させる方法です。

そして残念なことにこれまでの時代は前者である、人や動植物、地球を不幸にさせて金儲けと支配を推進させる方法を取ってきました。

それが今、ピークに至った印象があります。ネットなどで調べれば、この世で現在行われていることがいかにひどいかがわかります。目を背けずにぜひ知ってください。

人が不幸になればなるほど金儲けと支配の構築には良いのです。しかしそれだと誰も動きませんので、それで儲かる人や権力を持てる人を作り、特権を与えて全体を支配させるのです。そして全体方針として人や動植物、地球の不幸化を進めるわけです。

内容はひどいもので、犠牲にあっているのは、とくに子供と女性であり、もっとも弱い立場の人がひどい目にあっています。

それは不幸などというより、悪魔の所業といってもよいものです。いえ、完全に悪魔です。

しかし、物事には必ず作用と反作用があります。行ったことは、必ず帰ってきます。

悪魔的な所業はバレたらおしまいですので、どうしてもマスコミを手に入れておかねばなりません。

今、重要な多くの報道は全部嘘と言ってもいいものです。こうして築き上げられ、運営されている今の社会ですが、豊洲の問題にしろ、原発の問題にしろ、オリンピックの裏金の問題にしろ、世界に起きている迫害や人身売買や不要な拷問や虐殺などの根はすべて同じです。

もう知らないでは済まされない状況になっていると思うのです。一見日本は平和な社会に見られますが、人を不幸にさせて儲けるシステムはむしろ順調に進んでいます。

強い者に弱く、自分が儲かればいい、、、という情けない生き方が日本人にも身についてしまってきました。

その結果、皆が良くなればいいのですが、残念なことに因果応報の原理を身に受けねばならない状況になりつつあると思います。

原発の嘘と現状の嘘は、段々と私たちの体を蝕む可能性があるでしょうし、豊洲の問題にしても、なぜ食料を扱う場所を毒物が浸透しきった地にしたのか、、、そこの問題が出てきているにも関わらず、マスコミは一応は困ったというものの、まだ作ったものを使わないのも税金の無駄遣いという印象操作を行おうとしています。

作ったから使わないと損という問題と、イノチの問題がなぜ平行に論じられるのか、気味の悪さすら覚えます。

原発も同様ですが、それ以前に、日本では多くの食品添加物が許可されてしまい、日本人のイノチを巧妙に弱体化させていることに成功しています。

日本人が出てくる昔の動画と現在を比べてみれば、いかに巧妙に健康が脅かされ、すべての人がやがて病状をいだき、病院にかかり、苦しんで死んでいくかの手応えが伝わるでしょう。

ぜひ、昔の日本人と現代人の表情や体の印象を見比べてみたください。凄い変化だと思います。

すべてが嘘ですから、口先だけ良いことを言い、印象だけを良くして、悪魔的なことを働く、、、、これが今の時代原理です。そして反発する者には、容赦しない方向になっていく。沖縄を見れば露骨にわかることです。

それが1パーセントと99パーセントの対立を生むことになるのですが、日本はこの点でも巧妙にごまかされています。

ともかく、マスコミの印象操作の世界を世界だと思い、それが今の日本だと思い、それが私たちの生活だと思っていると、私たちは悪魔のベルトコンベアに知らないうちに乗せられ、気づいてみると、生きた屍のような人生と、慢性病や癌を与えられ、その上、死に物ぐるいで働かせられ、やがてすべての金も奪われて、死んでいくことになるわけです。

いえ、死んでも気づかないのかもしれません。なので、それでいいじゃないか、、、の考えもあるでしょうが、それは今のうちだけで、これからはもっと厳しい未来になっていく可能性もあるのです。

私はそうはならないと思っていますが、そうなる可能性はあるのです。

だから早く気づかなければダメなのです。そんなこと言ったって、どこが不幸かもわからないし、けっこういい時代じゃないの、、、と思う人もかなりいると思います。

しかし、若者や不利な条件で働く大勢の人は、社会の悪魔性にだんだんと気づいているはず。わからないのは、小銭をため込み、自分だけはどうにか生きられる、、、と思っている老年層の人、もしくは、この厳しい社会の中で、勝手に自分が勝ち組だと思っている人ぐらい。

しかし、小銭をため込んで余生を楽しもうとしている多くの老人でさえ、どことなく体が苦しい、、つらい、、、という人も多いのではないでしょうか。そういう人は本当の友達もなく、場合によっては子供たちからも敬遠されているのでは。失ったものに気づいてないだけなのです。

昔の動画を見てください。老人も老人らしい恰好はしていますが、よく見ると、皆健康そうです。今とは違っているのです。

こうした社会の悪魔性は弱い立ち場の人にだんだんと押し迫りつつあります。世界では日本よりずっと貧しい国が多くありますから、そこに暮らす子供や女性は本当にひどい状態にあると思うのです。

戦乱があればなおさらで、快楽殺人はもとより、人体が金になる恐ろしさを今の地球はもっているのです。臓器目的の殺人が快楽殺人という異常さをともなって戦乱の中で起きていることも、ネットでは見ることができるのです。

もう完全に悪魔の時代です。怖いのはそれと同じ原理によって、この世界も日本の運営もなされているという点です。同じ原理なのです。だから怖いのです。

日本人の健康よりも金儲けが優先、、、これが原発や豊洲問題の根底にあるわけで、それを巧妙にマスコミが隠す、、、、悪魔性を本気であやるということじゃないですか。

そうなんです。本気なんです。権力と金儲け、そして恐怖や脅しが一体化した上は、本気なのです。

しかし、行ったことは、必ずその人に戻ります。時間差があるからわからないように見えるだけで、作用と反作用は一体なのです。

私はマスコミの仕事をもう40年近く続けていますが、ゴシップ記事を書く記者を長年見てきて、どの方も人に見えない大きな独特の不幸と縁があることを感じます。

40年見てきて思うのですから、きっと何かあるのだと思います。人の不幸で飯を食ってはいけないのです。

自分のためにも、そうしたことは危険なのです。数年、数十年は持つかもしれませんが、きっとダメになります。

ダメなことをしたら、やっぱりダメになるのです。すぐじゃないからわからないだけです。意識がすべての現実を作るのです。病原菌でも感染してからの潜伏期間があるように、ダメなことにも、応報期間があるだけ。必ず自分に戻ります。

みんなが得することを考えなくてはいけないのです。みんなが幸福になることを考えなくてはいけないのです。それを実行する以外に私たちに未来はないのです。

次のブログでは、次なるイメージとして、10年以上前からイメージしてきた、所有から共有の時代について、具体的に語りたいと思います。


SHOPマドモアゼル・愛
グーグルマップに掲載されました。

東急大井町線尾山台駅 ハッピーロード沿い
13時―18時  日月お休み

この記事をはてなブックマークに追加

全ての人と同じ目線、自分こそ大衆であるという自覚..無心で受け入れる。人間五十歩百歩、選ばれし者などいない(far)

2016-09-25 | ☆覚書
 私が人の前世を読めるようになったのにはきっかけがあった事はお話をしました。
それは自分の中の「チャンネル」或は「チューニング」が合うようになったからと言う事もお話しました。
しかしこれは最近の事です。
それまではなんとか霊能的な力が欲しい、人様なにか出来る事はないのだろうか?等思い続けてきました。

 それこそ教義だドグマだ宗教書だ、挙げ句に寺を回り禅を組んでみたり写経をしてみたり、精神性が上がる為の解説書籍を読みあさり、挙げ句には自分には何か出来るはず、人とは違った知識もある。
等など、これは今思えば思い違い、思い上がりも甚だしかったように思います。
そして人とは違うと言う、根拠の無い優越感や選民意識に浸ろうとしていたように思います。更に諸々を理解する為には上級の博識やストイックさも必要と。

もうもう赤面の至りです。

 全ての人と同じ目線、そして自分こそ大衆であると言う自覚を持ち、町行く子供や老人達の笑顔を美しいと感じ、高校生達が公園の階段に座って夜中まで騒いでいようと、出勤に慌てる女の子が電車の中で化粧をしていようと、無心で受け入れる事が出来る様になってから俄然意識が変わり物事を客観的に見る事が出来るようになった気がします。

 リーディング(アカシックへのアクセス)に取って一番に厄介な事は「自分流の教義」です。
全てを客観的に見なければならない事が絶対条件であるリーディングに少しでも断罪や嗜好の心を持てば、リーディングそのものに即支障を来してしまうように感じます。
目の前を遮るブラインドになってしまうのです。

 
 前世を読む事は、私はそう難しい事ではないと思っています。
しかし、逆を言えば今までの価値観や恋愛観、教育、イデオロギー、宗教観をいかに捨て去る事が出来るかがポイントでもある訳で、敬虔に生き道徳を重んじて日々ストイックに生きて来たのであればある程、その道が遠くなってしまうのでは、そんな事すら思ってしまいます。
元来スピリチュアル的に生きる事とストイックに生きる事とは関連性は薄いのではないか、そんな気さえするのです。


 例えば裏社会に生きる人々にさえ人格者はいると思っています。
いや、人の苦しみや恐怖を糧に生きる人たちであれば、そして望むと望まざるとに関わらずその世界に生きなければならなのであれば、なおの事むしろ多くおられるのではとさえ感じるのです。
彼らに建前はありません、私も建前のある生き方は避けたいと思っています。
そして彼らに対しても人としての敬意を持って接する事が出来るかもポイントだと思います。
人を裁くものにはリーディングの道は遥か遠く霞んでいるかもしれません。

 人間五十歩百歩、選ばれし者など居ないと肩の力を抜き脱力感を感じた時世の中が明るくなり多くを感じ取れるようになった気がします。

 街の総菜屋のおばちゃんが屈託なく「5円オマケだよ!」と言う笑顔が美しいと思えないうちは、真理だアセンションだなんてとこに行き着くには1000年も早いと思い知るのでした。


ドグマはこの際ゴミ箱行き、と言うお話でした。
今回のお話はちょっと道徳の時間?


いえいえとんでもありません。
前世を読む為の方法論に他なりません。

この記事をはてなブックマークに追加

支配者たちの歴史ではない歴史を知ることを意図して。歴史が分かると、すべてが見えてきます(ア

2016-09-23 | 覚書
今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは^^ こうしてお話し出来ることに感謝します。

歴史がわかれば、いまあなたの社会で起きていることがよく見えてきます。

朝から晩まで働いても暮らしが豊かにならないのはどうしてなのか?

どうしてこんなにたくさんの人がいるのに、人々は孤独感にさいなまれるのか?

いつも何かの怯え、心配し不安ばかり感じるのはなぜなのか?


たくさんのあなた達が抱えている疑問や問題の解決法が見えてきます。

あなた達は真実を教えてもらっていないのです。

真実を教えてもらっていないので、解決法が見つからないのです。


・・と言うより、解決されては困る人たちがあなた達に教えているのですから、

解決できるわけがないのです。

間違った教科書でいくら勉強をしても、解答は得られないのです。


あなた達が教えてもらっている教科書は、あなた達に真実を知られたくない人たちが

作っているのですから、真実を教えるわけがないのです。


真実はとてもシンプルです。

それは、あなた達は誕生したときからずっと搾取されているということです。

あなた達は自由ではないということです。


搾取といって物質的なことだけではありません。

物質的なもの(お金など)は、本当に搾取している人たちから見ればいらないのです。

彼らが本当に欲しいのは、あなた達のエネルギーなのです。

それも、重い波動エネルギー(怖い、悲しい、苦しいなど)です。

彼らは、軽いエネルギー(楽しい、うれしいなど)はいらないのです。


だから、彼らはあなた達を幸せにしようなどとは一切考えていません。

反対に幸せになってもらっては困るのです・・重い波動エネルギーが搾取出来ませんから。

だから、朝から晩まで働いても豊かにならないのです。

だから、人はたくさんいるのに孤独感を感じるのです。

だから、いつも怯え、心配し、不安ばかり感じるのです。


それは、意図してそうされているのです。

あなた達の社会は、自然発生的に出来たものではありません。

あなた達を支配・コントロールしている存在たちが、あなた達から搾取するためだけに

作り上げたものなのです。

ピラミッド型をしている組織は、すべて搾取のためのものです。

ピラミッドの中間くらいにいる人たちは、お金などの物質を搾取することを目的

していますが、ピラミッドの本当のトップの人たちはそんな物質的なものではなくエネルギーを

搾取することを目的としているのです。


彼らは、あなた達を閉じ込め、そこしか世界はないと教えています。

そこでしか生きられないのだと教えています。

あなた自身に自分の人生を動かす力はないと教えているのです。

あなたは自分は自由だと思っているかもしれませんが、その自由は制限された中での

自由だということを知ってください。


あなた達人類が生まれた時からずっとその不自由で搾取の歴史なのです。

それが当たり前だと思わされてきたのです。

そして、教えてもらってきた歴史は大切なところは隠され、

彼らの都合のいいところだけなのです。


真実の歴史を知ってください。

それは、教えてもらってきたものとは正反対だと思います。

アメリカ大陸の歴史をちょっと見るだけでもそれはわかると思います。

アメリカ大陸でどのような歴史があったかご存知ですね。

ヨーロッパから移住してきた人たちが、もうすでにそこにいた人(先住民たち)に

対してどんな行いをしたか・・ということです。

でも、そのことは教えません。

移住してきた人たちは、その子供たちに自分たちがどれほど勇敢で、どれほどの苦労をして

この国をつくり豊かになったか・・を教えます。

そして、その苦労の原因が先住民だと教えるのです。

先住民は野蛮で恐ろしくて、自分達を突然襲いひどいことをした人たちだ。

だから、仕方なくそれに抵抗したんだと・・教えます。


ずっとその歴史を教えていると、その国の人たちはそれが真実だと思いこんでいくのです。

そして、自分達の先祖は勇敢で善なるもの、反対にその先祖に対してひどいことをした先住民は

悪だと本当に思ってしまうのです。


でも、真実はその反対ですね。

ただ先祖代々ずっとそこに住み続けていた人たちがいただけなのです。

静かに平和に暮らしていただけなのです。

でも、急に理不尽にその暮らしを取り上げられた・・そして仕方なく抵抗しただけなのです。


勝者(支配者)の立場からの歴史と、先住民の立場からの歴史では、まったく反対なのです。

あなた達が教えられている歴史は、勝者(支配者)の歴史だということを分かってください。

そして、その立場からの歴史では真実は見えてこないということもわかってください。

公に伝えられている歴史は、勝者に都合よく作られたものだということを分かってください。


私たち宇宙ファミリーは、あなた達が教えてこられた歴史と違う観点の歴史をお伝え

しています。

ある意味、先住民の立場から見た歴史をお伝えしています。


そちらの立場の歴史がわかれば、社会の見方も変わってきます。

どうしてこんなに苦しい思いばかりなのかの原因がわかります。

原因がわかれば、解決方法もわかるのです。


支配者たちの歴史ではない歴史を知ることを意図してください。

そうすれば、いろんな情報が入ってきます。


今日は詳しい歴史はお話しはしませんので、もし興味があれば今までの私たち宇宙ファミリーが

お伝えして来た歴史の話をお読みくださいね。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

この記事をはてなブックマークに追加

あなたが少しでも我慢をしていたら、それは平和ではない。あなたの中が平和でないから。個性のハーモニー(ア

2016-09-23 | ☆覚書
 
では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

表面上の平和を望み、我慢しないでください

いくらその時は穏便に平和になったように見えても、それは平和ではありません。

調和でもありません。


あなたが少しでも我慢をしていたら、それは平和ではないのです。

あなたの中が平和でないからです。

あなたの心の中が波立っていたら、次の現実は波立つものとなります


ここで私が少し我慢をすれば、少し妥協すれば、平和になる・・

その考え方は波動エネルギーのことを知らない考え方です。

表面上の我慢をすれば、我慢の回路が開きます

そして、また我慢をしなければいけない現実になるのです。

そして、その現実はもっと大きな我慢を必要とするものとなって行きます。

それが回路が開くということです。


ここで私が”うん”といえば、すべてが丸く収まる・・・表面上はみんな丸く

収まったように見えるでしょう。

でも、一番大切なあなたの気持ちが丸く収まりませんね。

いつまでも波立った気持ちが残ります。


なら、ケンカになっても自分の主張を通せばいいのですか?・・という

エネルギーを感じますが、主張すること=ケンカではありません。

自分の気持ちを素直に話をすることは、ケンカを呼ぶことではないのです。

あなた達は、自分の気持ちや意見を言うとケンカになると思い込んでしまっています。

ケンカになるのはコミュニケーションの取り方が違っているからです。

お互いに自分が正しいと主張し合えば、それはケンカになります。

でも、それはコミュニケーションではありません。


コミュニケーションとは、お互いの意見や気持ちを尊重しすることで、はじめて

成り立つものです。

あなたはそう考えるのですね、でも私は少し違ってこう考えます。

お互いの意見や気持ちを尊重できれば、主張し合う必要はないのです。

ただ、お互いの意見や気持ちを素直に話をすればいいだけなのです。

そして、お互いの意見や気持ちをすり合わせることが出来れば、お互い不満が

残らず納得できる方法が見つかります。

もし、どう刷り合わせてもこの件に関しては接点が見つかりませんね・・という

ならば、その件に関して離れればいいだけのことなのです。


それが平和であり調和なのです。

みんな違うのです・・一人としてすべて同じ考えかた、同じ気持ちの人はいません。

そこが基本なのです。

そこから、みんなの意見を出しあいみんなが納得できるものが出来るか・・を

話あうことが本当に平和であり調和なのです。


みんなが同じ考え方をする、同じ気持ちになるために、みんながそれぞれに少しずつ

我慢をすることが平和や調和ではないのです。

個性のハーモニーが平和であり調和なのです。

たくさんの違う音が重なり合って素晴らしい音色になる・・これがハーモニーであり

平和であり調和なのです。

ひとつでも自分の音が出せないことがあれば、ステキなハーモニーは奏でられません。


ハーモニーを奏でるために一番大切なのは、それぞれの個性の音を大切にすることです。

音を消しあうと、ハーモニーは奏でられなくなるのはわかりますね。

それぞれの個性が輝くから素晴らしいコミュニケーションが生まれるのです。

素晴らしい調和の音色が響き渡るのです。


自分の意見や気持ちを出すことを怖がらないでください。

あなたが素直に出せば、相手も素直に出してくれます

あなたがハートを開けば、相手も開いてくれるのです。

まずはあなたからはじめてください。

相手が開いてくれるのを待っていても開いてはくれません。

まずはあなたが素直に自分の考え、気持ちを相手に伝えてください。


そうすれば、あなたの中が平和になりますので、表面上の平和や調和ではなく、

真の平和や調和になります。


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

この記事をはてなブックマークに追加

お金を追わないで。自分がどうしたいのか?何がしたいのか?を先に考えて(ア

2016-09-23 | 覚書
 
なんか、ド近眼な世の中だなぁ~~・・って思うんですよ。

目先しか見えてないみたいな^^;

かなり前の話になるんですけどね・・神戸の震災があった時、

石焼イモを一本6000円で売ってた人がいたんです。

みんな食べ物が手に入らなかったので背に腹は代えられず買ってました。

そして、落ち着いて生活が戻って来たころ、その石焼イモ屋さんが

前の値段で売ってたけど誰も見向きもしなかったそうです。


同じように神戸の近くの温泉でも同じようなことが起きてました。

お風呂に入りたくて神戸の人たちがたくさんその温泉場に行ったんですね。

ある温泉宿はいつもの3倍の値段になってたそうです。

もちろんすべての施設がそうではなく、普段の値段で提供してる宿も

ありました。

でも、需要と供給のバランスが悪くその3倍の値段の宿を利用するしか

ない人たちもいたんですね。

その3倍にした宿は、神戸が復旧して落ち着いてしばらくしたら倒産した

そうです。

一時は大儲け出来ると思います。

でも、そんなの続くわけがないじゃないですか・・どうしてそんな簡単な

ことが分からないんだろうか?・・って当時すごく思いました。


今の社会を見てると同じことをしているとしか思えないんですよね。

外国人の爆買に乗って外国人だけを大切にしていたお店(デパートも)が、

本来のお客さんたちが離れてしまい、爆買が収まってきたらお客さんが

来なくなってしまって困ってるってニュースでも聞きました。

原発もそうだし・・・一番すごいなって思うのが国の政策ですよね。

賢い人たちの集まりなはずの政府のお役人さんや政治家さん達・・

ホントにド近眼だなってつくづく思います。

ホントに見えなくてやってるのか?見えてるけどわざとやってるのか?

どっちにしろ、いい加減あきれて石焼イモ屋さんや値段を3倍にした宿の

ように、みんなが離れて行ってしまうと思います。

・・っていうか、早く離れましょう^^


では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

お金を追わないでください。

お金は追えば逃げます。

お金を先に考えるのではなく、自分がどうしたいのか?何がしたいのか?を

先に考えてください。

そして、それをしてください。

そうすればお金は後からついてきます。


お金を追えば、愛が無くなります。

何かを創ったとしても、お金(利益)を先に考えるとそこに作り手の愛が

無くなるのです。

人の目を気にして(売れるかどうか)創ってしまうと、自分の表現が出来なく

なるのです。

自分の表現を楽しんでいないものには、楽しいエネルギーが乗りませんので

売れないのです。

人は、デザインやいろんな条件を考えてものを買ったりしますが、それよりも

もっと5感の外の感覚でそこに創り手のエネルギーを感じているのです。

楽しくないエネルギーで創られたものには、そのエネルギーが乗りますので魅力を

感じないのです。

だから売れません。


大量生産されたものは、値段などの条件で一時は売れるかもしれません。

でもすぐに飽きられてしまいます。

急激に大きくなったけど、10年もしないうちに斜陽になる会社などはその典型

だということです。

飲食店でもそうです・・どこで食べても同じ味で、マニュアル化したサービス。

そういう意味では安心して食べられるかもしれませんが、そこには楽しい

表現のエネルギーが乗っていませんので、しばらくすると飽きてくるのです。

新しい業態のお店が出来ると、物珍しさで人は行きますが、すぐに飽きます。

だから次から次へとめまぐるしくいろんなお店が出来ては消えていくのです。


愛があるところは、気持ちが良いですので何度行っても

飽きることがないのです。

それが長く続く一番の方法なのです。


お金を先に追うと、それが分からなくなってしまいます。

そして、うまくいかなくなるのです。

先に、手っ取り早くお金になる事ばかりを探していたら迷子になります。

訳が分からなくなって、結局はお金にはならないのです。


まず、お金ではなく自分がしたいことをしてください。

自分が楽しいことをしてください。

自分が納得できる(自分も欲しいと思えるもの)を創ってください。

自分は使わない(食べない)けど、お金になるから・・などという考え方は

ナンセンスにもほどがあります。

すぐに行き詰ってしまいます。

愛が無いところには、人は寄り付かないからです。

創っている人の楽しいエネルギーが乗っていないものには、

人は感動しないのです。


お金が欲しければ、お金を追うのではなく、楽しさを追ってください


あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」



ありがとう アシュタール!

私たちからもあなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります。

この記事をはてなブックマークに追加