波の中へ

クラストコア、ノイズコア、アナーコ、USコア、ジャパコア、ニューウェーブ等など、なんでもかんでもな内容のブログです!

Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK. その48

2017-10-19 00:05:30 | Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK.

WHITE PARKS ON HOPE 20(その47から)

 

「REVELATIONシリーズNo.一桁のシングルで、今回はNo.6」

 

     NO FOR AN ANSWER ‘YOU LAUGH’ 7”EP REVELATION RECORDS REVELATION: 6

 

 

(ファイバッ公園、続き)

 

Hajime「それにしても、

Jackson Vは、なかなかいい音を出すかよ!」

Tadahiro「ジャパンだけどな」

Kenzi「アンプのMESA/BOOGIEも、

良く響くぜ!」

Jorge「音響効果は抜群なはず」

Shin-Ichirou「さて、

今日はとりあえずテストの段階だが、

記念すべきオープニングは

例の通り‘校歌HCヴァージョン’でいくとして、

これのタイトルは

‘V.O.V.H.のテーマ’ってことでどうだ?」

(※‘Visions Of Vieta-Laussi Hard Core’)

Emily「それなら、

‘ヴィェタラウシのテーマ’の方が、

メイン・ヴォーカリストのマモルくんも分かりやすいんじゃない?」

Tadahiro「おい、マモル。

それでいいか?」

Mamoru「うん! 

まさか ‘小学校校歌斉唱’ なんて、

うざくて言ってられねぇかよ!」

Hajime「(がくっ)あらっらっ! 

はっは〜! マモル選手、

ゼッケンは‘丸ヴィ’ってことで!」

Yang「確かに、

‘V.O.V.H.’よりもシンプルでいいですね!」

Satoshi「ひゅ〜っ!

‘アニマラ〜イツデイ’で

‘ア〜〜イッ!’ってか!」

Kenzi「すっかり‘バステーッ’から

チェンジしちまったか!」

Shin-Ichirou「今回のメンバーは、

ドラムにマー、

ベースは俺で、

ギターはタダヒロ、

あとは全員が歌担当ってことでO.K?」

全員「‘ア〜〜〜イ!’」

Masahito「では早速、

ドラム・ポジションを決めさせてもらうな」

Tadahiro「よっしゃ、リハーサル開始と! 

マモル、カセットに録音しておけよ!」

Mamoru「お兄ちゃん、

90分テープでいいかな?」

Tadahiro「おう。

120分じゃ直ぐに伸び伸びのヘロヘロになるからな。

90分がベストだろ」

Emily「今回のリハが、

いつか何かの形でCDのボーナス・トラックに収録される時が来たら、

なんか素敵じゃない!」

Satoshi「ほんと、ス・テ・キ!

‘ア〜〜イッ!’」

Hajime「おい、まだ言ってるのかよ!」

Yang「さっき、

一度合わせた校歌の歌詞を紙に書いてみたんだけど、

こんな感じですか?」

Hajime「あ、ここ、はっは〜! 

‘ディスコ’じゃなくて‘DIS コア’だけど、

あとは問題なしかよ」

Jorge「バリバリの‘動物愛護’、

HCにふさわしいテーマ」

Kenzi「それこそジャングルの奥に潜んでいる

得体の知れない怪物に対しても、

愛護の姿勢を崩さない。

直ぐにでも歌詞対訳 ‘アニマル編’ が思い浮かびそうだ!」

Emily「あんた、

いつからそんなに英語が出来るようになったのよ?」

Hajime「エミリ、聞いてくれるかよ! 

入院してこいつが寝ている間に宇宙人がやって来て、

とある金属破片を膝に投与されてからかよ! 

オレは同じ部屋の窓から、

飛び立っていくUFOを見た、、、

、、、気がしたかよ!」

Mamoru「宇宙人? 

へぇ〜、やっぱり本当にいるんだ! 

すごい!」

Emily「ほらー、見なさいよ! 

マモルくんが本気にしちゃうでしょ!」

Kenzi「宇宙人とかUFOというよりも、

チンパンジーとかサイなんかが

そこの茂みから突然出てくる方が、

まだ現実的だよな!」

Jorge「サイよりヘレフォードの方が、

もっと日常的」

Satoshi「そういえば、

急に腹が減ってきたな」

Yang「もしかして、

みんな昼はまだ食べてないのでは?」

Hajime「よお、シンイチロウ! 

この辺で休憩にしないかよ?」

Shin-Ichirou「そうだな。

ドリンクはあるから、

誰か食い物の買い出しでも行くとするか?」

Emily「じゃあ、アミダで決めようよ!」

Mamoru「アッミダッくじっ! 

アッミダッくじっ!」

Tadahiro「ふふん、直ぐにそうやって歌う! 

子供だぜ!」

Shin-Ichirou「アッミダッくじ〜っ! 

アッミダッくじ〜っ!」

全員(タダヒロ以外)「アッミダッくじ〜〜っ!」

Tadahiro「はいはい、わかりましたよ! 

なんか非難されてるようなので、

俺が行ってくるよ!」

Hajime「じゃオレも、

荷物持ちってことで、いいかよ?」

Tadahiro「本当はハジメのMTBとバトルしたいところだがな」

Hajime「みんな、

メニューは手っ取り早くハンバーガーでいいかよ?」

Satoshi「それとチーズ・バーガーとね!」

Kenzi「でも、

なんであそこ ‘ドムダー・バーガー’ なんて店名にしたんだろうな?」

Masahito「そこの店長、

スウェーデンHCのファンなんだよな」

 

 

  DOM DÄR ‘SKRATTAR BÄST SOM…..’ 12” MINI-LP PAS-83 PRODUCTIONS MLP 00790

 

 

(、、、続く、、、)

 

では、Cheers!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK. その47

2017-10-17 00:13:33 | Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK.

WHITE PARKS ON HOPE 19(その46から)

 

「秋。

‘どこを〜行けば〜 コアに辿り着くのか〜?’

今日は曇り空。

窓の外からは、

選挙カーの演説が聞こえてくる。

ピーチク、パーチク、

何か言ってるのが聞こえてくる。

ヘイ、みんな! 

あんなのに耳を傾けることはないぜ!

オレたちは、

オレたちだけで行こうぜ!

1、2、3、4!、、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、COMON!

ONE、TWO、THREE、FOURRRR!!」

 

 

 (‘CRAZY GOVERNMENT’ song by CONFLICT

        ‘IT’S TIME TO SEE WHO’S WHO’ LP CORPUS CHRISTI CHRIST IT’S 3)

 

 

(ファイバッ公園の続き)

 

Shin-Ichirou「マー、

どうやってここまで来たんだ?」

Masahito「原チャリを昨日やっと手に入れてな」

Hajime「なんと、

MTBにしなかったのかよ?」

Masahito「ああ。

まずは次の仕事を優先にするつもりでな」

Kenzi「決まったのか?」

Masahito「隣町のメッキ工場にな」

数人「よかったじゃないか!」

Emily「これであんたも、

ドラムで仲間入りね!」

Hajime「久し振りに叩くと、

ベティみたいにゼェゼェするかよ!」

Jorge「‘小太鼓担当’に、

ドラム・スティック渡す系」

Yang「その‘ゴールデン・エッグス’って、

そんなに面白いんですか?」

Satoshi「それが、

ここのブログ管理人がたまたまヴァレッジ・ヴィンガードに入ったら、

店内でそのビデオが流れていただけの話しだったりして」

Shin-Ichirou「だから、

その‘19話’しか知らないらしい」

Tadahiro「一つしか知らないのに、

さもなんでも知ってるみたいな言い方しやがって!

、、、おおっと、、、

批判的な言動は慎まなくてはならないんだっけ?」

Emily「そうよ。

ここファイバッ公園が突然真っ暗になったら、

あんた、どう責任取るつもりなの?」

Hajime「うおう、

ジャングルの奥から謎の怪物を登場させて、

オレたちのケツに噛み付くように設定なんて、

管理人だったら本当にやりそうかよ!」

Masahito「だいたい、

俺だって爆撃機が来た時は小学校の体育館に避難していたはずなのに、

いつの間にか凶悪な加害者で務所入りにされてたからな!」

Kenzi「俺だって病院じゃ、

顔じゅうに包帯巻かれて、

まるで歴史本に載ってる戦争の犠牲者フォトみたいじゃねぇか!」

Yang「なんか、

段々話しが脱線してきているように感じるんですけど」

Jorge「‘諸行無常’ 言わねばよかった」

Hajime「はっは〜! 

じゃあ、流れを変えるために、

この曲でもかけるかよ!」

 


VIOLENT WORLD  『事実を歪曲する世の中』

 

I’ve been in this situation many times before

これまで何度もこういう状況に陥ったことがある

Someone is screaming there is blood on the floor

誰かが「感情的シコリあり」と激しく抗議している

Everyone accepts as if it was alright

皆はまるで「それで申し分ない」ように快く受け入れている

If there is a problem there’s always fight

不都合が生じる時はいつでも、言い争いが起こる

Violence is something you learn to respect

驚くべきことに、ひとは歪曲を重んじるようになる

Violence is something we have to reject

歪曲は、拒絶しなければならない重要なことなのに

Why should this violence be part of our lives?

この事実をゆがめることが、どうして人生の要素になる?

Why should it always be on our minds?

なぜ事実を故意に捻じ曲げていつも心配しなくちゃならない?

 

 

              DISORDER ‘VIOLENT WORLD’ LP DISORDER RECORDS AARGH 4

 

 

 

(、、、続く、、、)

 

 

では、Cheers!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK. その46

2017-10-14 00:04:39 | Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK.

WHITE PARKS ON HOPE 18(その45から)

 

「REVELATIONシリーズNo.一桁のシングルで、今回はNo.5」

 

SIDE BY SIDE ‘YOU’RE ONLY YOUNG ONCE…’ 7”EP REVELATION RECORDS REVELATION: 5

 

 

(日曜日、ファイバッ公園、

ステージ横のビニールシート前、

マモル持参のダブル・カセット・デッキから音楽が流れる)

 


DOOMS’ DAY

 

AND NOW THE END THE END IS NEAR IT’S TIME TO SAY

OUR LAST GOODBYES

 

CHORUS /

DOOMS’ DAY DOOMS’ DAY IT’S DOOMS’ DAY DOOMS’ DAY

DOOMS’ DAY DOOMS’ DAY IT’S DOOMS’ DAY DOOMS’ DAY

 

IS IT REALITY OR JUST A NIGHTMARE NIGHTMARE NIGHTMARE

 

NO WHERE TO RUN NO WHERE TO HIDE NO ESCAPE NO ESCAPE

 

IS IT REALITY OR JUST A NIGHTMARE NIGHTMARE NIGHTMARE

 

 

        DISCHARGE ‘STATE VIOLENCE STATE CONTROL’ 7”EP CLAY RECORDS CLAY 14

 

 

‘♩〜

みぃ〜っどりっにっ は〜え〜る〜っ

ヴィェタ〜ラウシ〜の〜っ

か〜わのっ ちかく〜の ま〜なび〜や〜に〜

 

コーラス /

アニマラ〜イツデイ! ラ〜イツデイ!

アニマラ〜イツデイ! ラ〜イツデイ!

 

つどお〜う われら〜は〜

カミサウ〜ロ〜ヴィル〜のっコ〜

DISコアで〜も〜 ききな〜がっら〜

 

コーラス

 

うさぎ〜ごっやのアミを〜

ぶっこわせ ぶっこわせ 

ぶっ〜こわ〜そうよ〜っ!

 

コーラス ’

 

 

 

Hajime「だからよ、

DISCHARGE ‘DOOMS’ DAY’ のコード進行をパート延長にして、

そこに校歌の歌詞をぶち込むわけよ!」

Kenzi「おい、

そんな滅茶苦茶なこと言ってもな〜。

だいたい小学校の校歌なんて覚えてないし、

なあ!」

Tadahiro「ヤンとホルヘ以外は全員ここの小学校卒業してんだから、

一回演ったら直ぐに思い出すだろ」

Emily「あたし覚えてる〜!」

Shin-Ichirou「マモルも、

やっぱみんなと歌いたいよな?」

Mamoru「うん! 

ぼくね、DISCHRAGEの曲調を一人で歌うのは、

キャルに申しわけないって思うんだ!」

Satoshi「いいぞ! 

それでこそ、タダヒロの弟だ!」

Yang「では、

ぼくらも最初は聞いて覚えますね。

‘DOOMS’ DAY’ に近い曲調なんですか?」

Jorge「ファイバッ公園は直ぐ横‘JUNGLE’系。

校歌は‘諸行無常’で奥が深い曲調系」

(※ ‘ベティとレディースバンドをアカウントなしで見よう!’ 参照)

Hajime「では。

‘1、2、3、4! 

ウォ〜ッ! 

私のベイべ〜ッ!’」

(※ジェシカ姉さん風に)

数人「‘ア〜〜イ!’」

Kenzi「ははっ!

ファイバッすぐ横 ‘密林’ ってか!」

Tadahiro「‘密林公園〜!’」

数人「‘ア〜〜〜イ!’」

Kenzi「なんだ〜?

‘バステーッ’ はもう古いってか?」

Satoshi「‘マイガーッ!’ 

こっちの方が良かったりして!」

数人「‘オーマイガ〜〜〜〜ッ!’」

Emily「マモルくん。

こんな狂ったお兄ちゃんたちのことを、

間違っても見習ったらダメよ!」

Mamoru「うん! 

いつもうちで現場を見てるからわかるよ!」

Tadahiro「(スカッ)あらっらっ、、、、

シンイチロウ! 

兄弟のスキンシップの邪魔すんなよ!」

Shin-Ichirou「そういうことは家でやってくれ。

ここは他でもないファイバッ公園、

別名 ‘密林公園’ だからな!」

EmilyとMamoru「‘ハートにビュンビュン〜!’」

Hajime「はっは〜! 

二人とも、乗ってきたかよ!」

Masahito「オス!

随分とまた盛り上がってるな! 

ファイバッ公園って、ここか?」

数人「マー! 

よく来たな!」

 

 

(、、、続く、、、)

 

 

では、Cheers!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK. その45

2017-10-12 00:05:04 | Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK.

WHITE PARKS ON HOPE 17(その44から)

 

 「REVELATIONシリーズNo.一桁のシングルで、今回はNo.4」

 

                                                                  GORILLA BISCUITS ‘S-T’ 7”EP REVELATION RECORDS REVELATION: 4 (1st PRESS)

 

「さて、

先週は雨で流れたファイバッ公園のセメント・ステージ設営だが、

明日は予報通りの晴れっぽい天気だから、

ステージ周辺の会場作りも少しは出来そうかよ。

シンイチロウが持ってくる(はずの)

イベント用テントをステージ上に立てて、

その横にビニール・シートを敷いて

荷物棚やクーラー・ボックスなど、

機材置き場にするかよ。

ケンジが持ってくる(はずの)

発電機を外灯下に置いて、

照明類はオレが持っていくと。

あっ、

トイレの周りの草刈りも、

早めに行ってやらねば。

それと、

水道ホースを持っていって、

トイレの中を一度流しておくかよ。

女子用はエミリに頼むとして、、、

やってくれればの話しだけどよ。

問題は、

ステージまん前の客人スペースに、

イスを置くかどうかでよ。

今回はテスト・ステージングだから必要ないとしても、

そのうち企画ライブとかで客を呼んだとしたらよ。

そうだな、

なんか、切り株というか丸太みたいなのが

2〜3本横向きに置いてあると、

なんとなく腰をかけるのに具合がいいかもしれねぇかよ。

木材工場に知り合いがいるから、

そのうち聞いておくか。

さすがにMTBで丸太なんかを運ぶのは骨が折れすぎちまう、

チキチキボーンの、

‘ポッポッ、ポポポポ ポ〜’ かよ!

 

 

  (‘COUNTRY SQUAWK’ song by MDC LP R-RADICAL RECORDS 08-7972 MDC-4)

 

 

なんかよ、

横で焚き火とかして、

チキンとか焼肉なんかやったら、

ビールが最高に美味そうかよ!

もしもいつの日か、

ファイバッ公園がこの街上げての一大イベント会場になったりなんかしたら、

その頃には、

やり出したオレたちHCの連中が誰も呼ばれなくなるかもしれねぇ! 

はっは〜! 

そんな規模になるわけねぇ、考えすぎかよ!

 

あと、

企画 ‘REMEMBER DECONTROL GIG’(仮)の

フライヤーを作ってみたかよ!

(※架空バンド名使用)

 

 

 

 

一応、

記念ずべき第1回目はハロウィンに日程を決めてみたが、

ま、今の界隈のHC状況を考えると、

そもそもバンドのメンバーが集まるのか見当もつかねぇ! 

とりあえず初回案として

コピーをみんなに渡しておくかよ!

 

 

今日はヤンからポスト・カードが届いてたかよ」

 

 

REALITIES OF RAW 

     『際限なく吸い込まれる本質』(ギャンブル編)

 

War is a black hole to avoid

もはや制御のきかない感情的塗りつぶしは 出口のない暗い空間に繋がっている

The realities of raw are so disturbing

際限なく吸い込まれる本質というのは このように心の平安を乱している

The declare it but they don’t hear the cries of fear

競争が開始されても 4本脚協会は認識できない 嫌な予感で泣き叫ぶ音声を

Mutilated corpses and charcoal flesh

投票券はずたずたにされ さらに 大それた望みは炭と化す

Little the battlefields

いつも競技場は ゴミやクズであふれている

But their dead bodies are not to be found.

それなのに 協会の未払い券が見つかることは 決してない。

 

 

  DISCHARGE ‘THE CLAY PUNK SINGLES COLLECTION’ CD CLAY RECORDS CLAY CD 120

 

 

「ケンジと二人で、

まるで競うように ‘ギャンブル編’ を詠い合ってるらしいかよ!

へっ! 

たかが、

うおう、

されど、かよ!」

 

 

(、、、続く、、、)

 

では、 Cheers!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK. その44

2017-10-10 00:35:04 | Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK.

WHITE PARKS ON HOPE 16(その43から)

 

「うおう、明日こそ、

いよいよファイバッ公園に集合ってことで、

なんか気合いを入れるべくMTBで走ってたら、

こんなとこに来ちまったかよ」

 

 

                                          ドリンク:生茶(キリンビバレッジ)

 

 

「なんで ‘ジャンプ台’ なのかはわからんが、

躍動感というか、

‘羽を広げ HCの夢を見ていた〜’

っていう意味合いも含まれているかもしれねぇしよ。

それに最近じゃあ、

I CANとか流行ってるみたいだし、

今回のMTBスローガンは

‘YOU CANNNOT WIN’(A NUCLEAR WAR)

を掲げてってことでよ!

うおう、

徐々に気合いが入ってきたということで、

この曲が聴きたくなってきたかよ!

今の‘波’からいって、ここはCONFLICTしかないかよ!」

 

 

              CONFLICT ‘INCREASE THE PRESSURE’ LP VAP INC. 35123-25

 

 

多少アートワークを駆使(?)して、

歌詞もVAP盤の田中氏の対訳を使わせてもらおうかよ!

なんせ、

これ以上の対訳はないってなもんで、

これ、

翻訳者に対する最高の評価ってことで、

お願いしまっす!」

 

 

                          『行動を起こせ、腰を上げろ』 / CONFLICT

 

 

いいか、方法は一つだ。


そうしなければ何事も変わらない。


全ては君次第、わかっているだろう!


死ぬまで叫び続けたって、奴らは聞く耳を持っていないのさ。


座って考えてるだけじゃ何も起こらない。


奴らは一旦奪って手に入れたものを、絶対ただじゃ手放さない。


だから、立ち上がるのさ。攻撃をするんだ!



だけど指揮者たちは見抜いている。

奴らが内乱に備え、着々と体勢を整えているというのに、

俺たちはくだらない内輪もめで、少しも前へ進まない。

アイツは何をやっている、とか、アイツの方が売れているとか。

同権を求めて差別と闘う女たちは、

敵が社会の体系だということを忘れている。

 

まず第一に大切なのは、力を合わせることなんだ。

最終目的以前の些細な食い違いなんか、糞くらえだ。

ノイズだろうが音楽だろうが、奴らにとっちゃ皆同じ———

俺たちは‘臭い’だけなんだ。

奴らにとって俺たちは、病んだ卑しい道化者。

さあ、奴らに向かって汚物の権利を主張しよう。

俺たちに残された最後のチャンスを逃すな。

力を合わせて闘うこと、それが唯一の武器となる。

諦めるな、希望を捨てるな。俺たちのメッセージは永久に消えない。

やり方を変える気が奴らにないなら、

俺たちがこの手で変えてやる!!!

                                          (国内VAP盤 対訳:田中美妃氏)

 

 

 

(、、、続く、、、)

 

では、Cheers!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加