波の中へ

クラストコア、ノイズコア、アナーコ、USコア、ジャパコア、ニューウェーブ等など、なんでもかんでもな内容のブログです!

Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK. その14

2017-07-30 00:04:00 | Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK.

MTB - GET OFF THE BEAR 1(その13からの続き)

 

月曜の朝か。

なんか毎週のように、休日が終わって朝が来ると、

決まってこんな科白を吐いてるような気がするぜ。

だがしかし、今朝は今までとは違う様相を帯びている。

それは、今日から通勤用に

MTB(マウンテンバイク)を使用するところにある。

もちろん足腰のリハビリ用に考えたのもあるのだが

(毎日のバス代もバカにならないし)、

この26インチのマシン、

これがこんなに面白いと思わなかったぜ!

 

 

 

 

そもそも、あの飲み会で店を追い出された後(勝手に出てきた?)、

翌日が休日組と仕事組とに行動が分かれ、

前者は結局タダヒロの家で飲み直すことになり、

シンイチロウ、ホルヘと彼の家まで30分の道のりを歩いて向かった。

タダヒロ家に着くと、玄関前外燈の灯りに

彼の弟マモルのMTB(24インチ)が照らされていたので、

酔っ払いのお遊び道具として

ウィリー走行とか三人乗りとかふざけて乗り回したりした。

そしてその後、

なんとこのブログの管理人が

そんなに気に入ったのならということで

お古を1台譲ってくれる運びとなり、

昨夜から我がアパート前にブルー・マシン

'ANCHOR X9'

(ドリンク:'WILKINSON' アサヒ飲料)

が加わることになったのだ。

(写真の背景、実は隣のマンション敷地を拝借)

 

 

タダヒロの部屋では、

エミリがヴォーカルをやるなら

どういうバンドの歌い方を参考にしてもらいたいとかいう、

勝手気ままなことを言い合っていた。

 

4人が推すバンドとして、

 

タダヒロ:AMBULANCE

シンイチロウ:ZERO HOUR

ホルヘ:LOST WORLD

オレ:UNHINGED

 

というバンド名が口に出た。

 

タダヒロが推すスウェーデンのAMBULANCE。

 

 

        AMBULANCE  ‘THE END OF OUR TIME’ LP  PUTRID FILTH  P.F.C. 040  

 

 

これは女性ヴォーカルというよりは

男の歌い方に近いということで一致した。

ツインのギター・サウンドは

白夜的哀愁を感じさせるフレーズが随所に散りばめられ、

高音と低音のバランスが微妙に不協限界っぽくてそそられる。

ジャケットのイラストからして暗く寂しくなるような音が想像でき、

その中から何かを掴み取っていこうとする、

例えば ‘己との葛藤’、

‘刺激細胞間の紛糾’など、

樹木的な光合成力を兼ねた強い意志が放たれている。

バンド名は、救急車という意味のほかに、

軍事用語で

[1940年までの]移動野戦病院、移動衛生部隊がある。

 

(、、、続く、、、)

 


MTB - GET OFF THE BEAR 1

 

Monday morning?

Like every week, when the holidays are over and the morning comes,

I feel like I'm speechless like this.

However, this morning,

however, it has a different aspect from the past.

It is in the place where MTB (mountain bike)

is used for commuting from today.

Of course I thought about the rehabilitation of my legs

(I do not mind making daily bus fees stupid),

but this 26 inches machine,

I did not think this was so fun!

 

In the first place,

after the store was kicked out at that drinking party (did it arbitrarily?),

The next day was divided into a holiday group and a work group,

the former eventually drunk at Tadahiro's house,

Shinichiro, Jorge, I walked down the road to his house for 30 minutes.

At that time, his brother Mamoru 's MTB (24 inches) was illuminated

on the front light of the entrance,

so we were cycling around like Willy or triple as a drunk playing tool.

Then, after that,

Blog Administrator carried away an old bicycle

and it was supposed to be a blue machine

in front of my apartment last night.

(Background of the photo, in fact borrowing the neighboring condominium premises)

 

In Tadahiro 's room,

if Emily was doing a vocal,

we were saying something freaky about wanting to refer

to how the singing band sang.

 

As a band that four people will propose,

 

Tadahiro: AMBULANCE

Shin-Ichiro: ZERO HOUR

Jorge: LOST WORLD

Hajime: UNHINGED

 

The name called Mouth came out.

 

Swedish AMBULANCE recommended by Tadahiro.

 

It agreed that this is close to a man's way of singing

rather than female vocals.

The twin guitar sounds are scattered all over the place

with a melancholy sorrow,

and the balance between the treble and the bass is slightly disguised

as a dissonance limit.

From the illustration of the jacket you can imagine sounds

that make you feel dark and lonely,

trying to grab something out of it,

for example 'strong conflict with self',

'intense interaction between stimulating cells' I am learned.

Besides the meaning of an ambulance,

the band name is a military term [until 1940]

a moving field hospital, a moving sanitation unit.

 

 

(,,,To Be Continued,,,)

 

 

 

 

 では、Cheers!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK. その13

2017-07-28 00:11:53 | Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK.

ジ・アライズ・イン・ワンダーランド7(その12から)

 

Emily「ほら〜、見なさいよ! 

みんなが騒ぐから、とうとう追い出されちゃったじゃないのよ〜!」

Kenzi「まったく、サトシがそんな髪型して店に入ってくるから、

すっかりドロップ・デッド扱いだぜ!」

Satoshi「なにー! 

お前が何かって

バステ〜ッとか大声で喚くからだろうがっ!」

K「あのよ〜、

とある曲の歌詞を日常生活で口ずさむ、

これこそ彼らに対する最高の称賛だと言って欲しいね!」

Yang「きっとWti.氏は、

目をギョロつかせて喜ぶでしょうね!」

Jorge「プロイテッ、バーミアーミというコール、

久しぶり思い出した」

Hajime「はっはー、せっかく盛り上がってきたのによっ!

でもよ、他のテーブルでも結構酔っ払って大声で騒いでたのに、

何でオレたちだけがクレームの対象になったんだろうな?」

E「私は対象外よ、きっと!」

Shin-Ichirou「それは、

俺たちに何か問題があるからじゃないのか?」

Tadahiro「というより、だらけじゃねぇか! 

これ以上に問題なんてねぇよ!」

Satoshi「バステ〜〜ッ! 

ってまったくケンジみたいに言いたくなってくるよな!」

K「やっぱ、わかる? 

ポ〜ティシャン!」

T「おほっ! 

アイ・ヘイ〜、ユー・ヘイ〜、ウィ・オ〜、、、」

H「おい、誰か止めてやれよ!」

Shin-Ichirou「やれやれ。

さて、こんなアーケードにいても仕方がない。

これからどうする?」

 

 

(、、、続く、、、)

 


The Allies In Wonderland 7

 

Emily“Hey, look at that!

Everyone is making a noise, at last it has been kicked out! "

Kenzi "Satoshi is such a hairstyle and enters into the store,

so we are completely treated as drop-dead!"

Satoshi "What!

Because you call something ‘Busted!’ in a loud voice!"

K "Well,

I'd like you to say that singing the song lyrics in my daily life,

this is the best praise for them!"

Yang "Well surely Wti.

he will be glad to see his eyes wide open!"

Jorge "Exploited Barmy-Army call,

I remembered after a long time"

Hajime "Ha ha, it depends on the excitement!

But it was quite loud and drunk at other tables,

so why were we the only ones subject to the complaint?"

E "I will not cover it, I bet!"

Shin-Ichirou "That was because we had something wrong?"

Tadahiro "There is nothing wrong with the problem!

No more problems than this!"

Satoshi "Busted!

It makes me want to say like Kenzi at all!"

K "Yeah, you understand?

Politicians!"

T "Oooh!

I hate, and you hate, we all hate,,,"

H "Hey, stop someone!"

Shin-Ichirou "Whew.

Well, even if we are in such an arcade, it can not be helped.

What will everyone do now? "

 

(,,,To Be Continued,,,)

 

 

 

 

 

 

 

DRUNK WITH POWER

 

FOR HOW LONG DO WE TOLERATE THESE FOOLS

DRUNK WITH POWER

CHORUS / DRUNK WITH POWER OBSESSED WITH

DEATH DEATH AND DESTRUCTION DRUNK WITH

POWER

A GIANT GAME OF CHESS THEY PLAY WITH YOU

AND I AS THE DISPOSABLE PIECES.

 

だからよ いつまでこんな奴ら相手に我慢してんだよ

アルコホーレン バワーバワーと相席ってか

悪魔が取り憑き 死とか破滅とか それっぽく囁きやがる

アルコホーレン バワーバワーに 支配されちまう

奴らが お前と楽しんでる人生ギガント・チェス・ゲーム

俺はというと 使い捨ての ただの臭ぇくそコマさ!



では、Cheers!


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK. その12

2017-07-26 00:54:55 | Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK.

ジ・アライズ・イン・ワンダーランド6(その11から)

 

Emily「そうね、とりあえず指の包帯を取って、

キューティー・ハニーのハート型イヤリングに付け直してからね♡」

Shin-Ichirou「あらっらっ、、、」(ゴンッ!)

Hajime「そんなこと言うから全くよ」

S「痛てー、、、今日になって突然エミリが

CHARGEとかORDERの曲名を口にして、

何かあるなと思ってたら、

Mattさまの手ほどきがあったってわけだ」

H「手ほどき? うわあ〜! 

やべぇ、考えたくねぇ!」

E「なに大げさに言ってるのよ。

まるでREAGAN YOUTH 1st.LPの

オリジナル盤とリプロ盤の違いほどありそうじゃないのよ!」

 

 

  REAGAN YOUTH  'OH, COME NOW JIM, IT COULD NEVER HAPPEN HERE.........'  LP  FREEWAY ENT. 

 

 

S「レーガン・ユース、ハイルハイルハイル!(Heil, heil, heil!)

それは、なかなか高度な例えではあるな!」

H「ほんと! 

こっちが手ほどきしてもらいてぇくらいだぜ、はっはー!」

S「あっ、ケンジ! 

早いな、こっちだ!」

H「うおう! ジョニーは船頭になった野郎! 

すっかり元気になりやがって!」

Kenzi「病院以来だな、

Mummy(ミイラ男)ファイヤー、ギヴミー・ファイヤー!

いやいや〜、久しぶりの出番だぜ!」

(「塹壕からの電信:その12」参照)

E「職場には復帰できたの?」

K「おうよ! 

毎日マシン(クボタ・トラクター)を乗り回してるぜ」

S「来週、課長が十八地区を見て回る予定だったはずだ」

K「畜産試験場殿、そいつはありがてぇ! 

最近調子がパッとしねぇのがいるんだよな。

あ、マンカインドじゃなくて、ホルスタインのことね」

H「なんだよ、キョロちゃんじゃねぇのかよ!」

E「この人酔っ払ってるから、ごめんなさいね〜」

K「エミリが1番酔ってるんじゃないのか?」

S「あ、わかる?」

K「だいたい刺青のW・アクセルが

DISCHARGEに変わってるじゃねぇか!」

H「本当だ! いつの間に?」

S「しかもGRAVE NEW WORLD!」

 

 

         DISCHARGE  'GRAVE NEW WORLD' LP  VAP INC.  35165-25

 

 

E「何よ〜、この時期から聴き始めたんだからいいでしょ!」

K「そういや、歌い方がちょいとW・アクセルと似てなくないか?」

H「ぜんっぜんっ似てねぇよ!」

E 「ちょっと何よ、その超否定的な言い方は!」

S「おい、やめようぜ、

このものすごく核心をついた話題は!」

Tadahiro「よお! 諸君! 

なんだ、この少々険悪な雰囲気は? 

どこが盛り上がるライブ・ハウス状態なんだよ?」

E「ちょっと〜、タダヒロ! 

グレニュー時期がどうしてそんなに悪いのか、言ってみなさいよ!」

T「うっ! 

着いていきなり絡まれるの図だぜ!」

K「エミリ、

悪いなんて、誰も一言も云ってないからな!」

H「悪くないけど、良くもねぇからな!」

S「ハジメ! 

そんなにムキになって言うことじゃないだろ!」

E「そういうBROKEN BONES だって、

なによあのヘナちょろギターは?」

 

 

        BROKEN BONES  'DEM BONES'  LP  FALL OUT RECORDS FALL LP 028

 

 

H「ヘナちょろって? 

喧嘩売ってんのか!」

K「おいおい、なに 

BonesとPoochのことでそんな醜い争いしてんだよ!」

E 「Poochじゃない! 

グレニュー期はBrookesよ!」

S「やれやれ。

やっぱ、Bonesが脱退するのが早すぎたってことなんだよな」

T「俺、DISCHARGEより

DISCARDの方が好きだな」

 

 

  DISCARD  'DEATH FROM ABOVE'  7"EP  

                          JESUS KUDD RECORDS  JKR 001 

 

 

 

E「なにそのディスカードって? 

クレジットの会社のこと?」

H「うひゃひゃ! 

ナイスなギャグだぜ!」

K「まあまあ、ここは丸くなって、

CHAOTIC DISCHORD酒でも飲もうぜ、みんな!」

 

 

  CHAOTIC DISCHORD  'FUCK RELIGION, FUCK POLITICS,

                                             FUCK THE LOT OF YOU!'  LP  VAP INC. 35115-25

 

 

 

Yang「それって、‘失望’ のカクテルですか?」

H「うおう、ヤン登場! 

オレの家では土産物サンクス! めっちゃ美味かったぜ!」

T「この前の競馬場では、あの後どうなった?」

Y「はい、メインの’函館記念’も獲れました!」

T「なんと、あの大穴万馬券を?

あ、この前競馬場でばったりとね」

Y「それが、枠連だったのでたいした。70倍でした」

K「70倍でも十分いいじゃないのっ!」

Satoshi「70倍が当たったんだったら、

最近人気のディストロで買い物が出来そうじゃないか! 

毎度ありぃ、いえい!」

Shin-Ichirou「あ、サトシ! 

おい、なんだその髪型、

プロイテッドもどきじゃないか!」

E「ほんと!

‘ドラッグ・スコッド・マン’ 1人見つけ〜!」

 

 

           EXPOLITED  'JESUS IS DEAD'  12"EP  ROUCH JUSTICE 12 KORE 102

 

 

 

H「エミリ、いいぞ!」

Satoshi「やっぱ商売はよ、第一印象が肝心でよ!」

Y「本当、そうですよね。

ドラッスコッマン!」

K「バステ〜〜〜〜ッ!」

Jorge「なんか、

騒がしい奴らいると思ったら、案の定だった!」

T「ホルへッ! 

見てくれサトシの髪型、ドヤッスコッマン!」

K「バステ〜〜〜〜ッ!」

店員「あのー、恐れ入りますが、

周りのテーブルから静かにして欲しいという苦情が来まして、、、」

一同「バステ〜〜〜ッ!! 

すみまっ、せんっっ!!」

 

 

(、、、続く、、、)

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK. その11

2017-07-22 23:16:58 | Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK.

ジ・アライズ・イン・ワンダーランド5(その10から)

 

Shin-Ichirou「それで、バンド名は?」

Emily「前回記事の最後で、テーブルの横にあった段ボール箱に

SEDITION文字で書いたじゃないのよ!

(‘EMILY THE D-RANGE’)

気が付かなかったの?」

Hajime「うおう、、、このD-RANGEの‘D’って何の略かよ?

まさか‘電子’じゃねぇよな?」

E「もちろん、私の目指す D-BEATの‘D’よ」

S「discothequeの‘d’じゃねぇのか?」

E「ちょっと、ディスコって、馬鹿にしないでよ!」

H「GUNS、BON JOVI、MOTLEY CRUE、

このへんのハード・ロックが好みじゃなかったのかい?」

E「あんたが貸してくれたFINAL CONFLICTを一応ダビングしておいたら、

ある日突然目覚めたのよ! 文句ある?」

 

 

FINAL CONFLICT  ‘DEATH IS CERTAIN’ 7”EP  Revoltation 12

 

 

H「い、いえ! 滅相もございません」

S「いやはや、話の展開が、

スラッシュ・メタルよりも激しいリズム・チェンジだ」

 

 

         VOI VOD  ‘WAR AND PAIN’  3CD  METAL BLADE  3984-14491-2

 

 

E「バンドでは、男女ツイン・ヴォーカルにしたいのよ」

H「うげっ! エミリとステージングできそうな奴って、

シンイチロウ、誰か思い浮かぶか?」

S「うむむむ、、、この界隈じゃ難しそうだな」

E「サトシのディストロの知り合いで、オハイオ州の人がいるんだけど、

その人が今度こっちに引っ越してくるそうなのよ」

H「もしかして、ヴォーカル経験者とかかよ?」

S「まさか! あのレーベルやってる奴じゃないよな?」

E「何よ、ロウ知ってるの?」

S「いや、ホルヘの知り合いバンドがLP契約して

代金とマスター・テープをかなり前に送ったらしいんだが、

未だにLPも何も送ってこないらしい」

H「なんか、ありがちな話だな。

どこまでが噂で実際にはどうなのか、本人に会ってみないとわからねぇよな」

E「なんか、こっちに来たらショップ・ハンダの店員になるとか聞いたけど」

H「ええ〜? 

さっきはマツウラさん、そんなことは一言も云ってなかったぜ」

S「しかし、もしそうだとしたらなおさらの事、

街のHCシーンも盛り上がっていきそうじゃないか!」

E「Mattが、あ、その人の名前ね。

参考に観てくれって、DVDを送ってくれたわ」

 

 

       CONFLICT  ‘REBELION SUCKS!’  CD+DVD  MORTORHATE  MORTCD 240

 

 

 

H「Matt氏はエミリをMariaとかSarahにしたいのか?」

S「Eveよりはいいんじゃないの?」

E「あたし的には、SARAYAの方が理想的なんだけどな」

H「SARAYA、また、渋いとこを突いてくるじゃねぇか!」

 

 

 

         SARAYA  ‘SEDUCER’  12”EP  POLYGRAM  PZ 149 867 175-1

 

 

S「知らないね。ダ・ヴィンチの助手かい?」

E「それはサライでしょ。

ちょっとロウ、酔ってきたんじゃないの?」

H「いや、エミリが強すぎるんだよ」

S「全くだ。酔っ払った姿を見たことがない」

E「これは遺伝だからしょうがないのよ」

H「おいおい、突然

なんで指に包帯なんか巻いてるんだよ?」

S 「右手の中指・人差し指に、何か意味でもあるのか?」

E「あたしはストレンジなことが、

好・き・な・の!」

H「はいはい、、、しかし、

この街では今まで女のバンド・メンバーがなかなか現れなかったのが、

やっとここに来て、それも誰かと思いきや」

S「ばああぁぁ〜ん! と降臨しそうじゃないか?」

E「初ステージで、

いきなりA-SECTばりに(立って踊りながら)

‘ソウ・イズ・ソブラヤティー・アンザ・ロースト・マイガー!’

(Saw is sobriety and the roast my god! :

ギザギザ野郎も嘘つき泥酔い状態、こんがりしてるぜ、オーマイガッ!)

とか歌い出したら客に受けるかしら?」

 

 

                  ANTI-SECT  'T-SHIRTS DESIGN'

 

 

H「うううう〜ん、、、、シンイチロウ、どう思う?」

S「うううう〜〜ん、、、、せめて、

‘チーッス、おぁ、な〜にセッション?’

ってかC-FIX調かな」

 

 

          CRUCIFIX  ‘DEHUMANIZATION’  CD  Southern Records 18523-2

 

 

E「はははっ! なんかお互い冴えないわね〜。

昨日 ‘エミリ・ザ・キャン・ディー・ビート’って曲を作ったけど!」

H「うおう、早くも最高傑作の誕生か!」

S「プロデュースはMike Stoneにでも頼むかい?」

H「いや、Pete Haigかな!」

E「ちょっと〜、二人とも酔いすぎ!」

H「はっはー! この馬刺しめっちゃ美味いぜ!、、、

てことはエミリ、肉食べるのやめてベジタリアンにでもなるってのかい?」

E「野菜か〜、ダイエットにもいいかもね」

S「俺とハジメも前にベジタリアン・ライフに挑戦してみたが、

一週間も持たなかったことがあったよな」

H「正確には3日だぜ。スーパーの半額焼肉にやられたよ」

E「それにもかかわらず、あんたたち、

CONFLICTを聴く資格なんかあるっていうの?」

S「あれ? エミリも目が据わってきてるか?」

H「本当だ。ツイン・ヴォーカルの目になってきてるぜ!」

E「酒じゃなくて闘争の美学と言ってもらいたい気分よ!

レジスタ〜ンス! レジスタ〜ンス! 

レ・ジ・ス・タ〜〜ンスってね!」

S「ここで、

‘FROM PROTEST TO EMILYSTANCE’

のオープニングか!」

 

 

        CONFLICT  ‘ONLY STUPID BASTARDS HELP EMI’  LP  NEW ARMY RECORDS

 

 

H「うおう! 一気にライブ・ハウス状態のテーブルになってきたぜ! 

そうだ。

ケンジ、タダヒロ、ヤン、サトシ、ホルヘ、

子分どもに召集かけましょうか、エミリ大佐?」

 

 

(、、、続く、、、)

 

 

The Allies In Wonderland 5

 

Shin-Ichirou "So, what's your band name?"

Emily "At the end of the last article,

I wrote it with a SEDITION letter in the cardboard box next to the table!

('EMILY THE D-RANGE')

Did not notice? "

Hajime "Wow ,,, What does 'D' in this D-RANGE stand for?

No way, 'electron' are not you? "

E "Of course, 'D' of D-BEAT that I am aiming for"

S "Is not 'd' of discotheque?"

E "Just a little, do not fool me for a disco!"

H "GUNS, BON JOVI, MOTLEY CRUE, did not you like this hard rock?"

E "When I first dubbed FINAL CONFLICT you lent me,

I suddenly awoke one day!

Is there a complaint?"

 

H "No, no! There is no ruin"

S "No, the development of the story is a more intense rhythm change

than the Thrash Metal"

 

E "In the band, I'd like to be a male & female Twin Vocals"

H "Are you guys who could be staging with Emily?

Shin-Ichiro, does anyone come up with it?"

S "Well, it seems to be difficult in this neighborhood"

E "I am acquainted with Satoshi's distro,

there is a man in Ohio, but he is going to move here next time"

H "Maybe the man is a vocalist?"

S "No way! Is not he doing that label?"

E "What, do you know Shin-Ichirou?"

S "No, it seems that Jorge's acquaintance band made record contracts

and sent money and master tape quite a while ago.

However, it seems that he still will not send any records to him from the other side. "

H "Something is common,

I do not know until what I'm talking about is rumor and how it actually is,

I have to see him personally"

E "Somehow, I heard that he will be a clerk for Shop Handa if he comes here."

H "Well ... Matsuura-san before,

he did not say a word for such a thing"

S "But, if so,

it's more likely that the city's HC scene will also get excited!"

E "Matt is the name of that person,

he sent me a DVD to see it for reference"

 

H "Matt wants to make Emily, Maria or Sarah?"

S "You better than Eve?"

E "For me, SARAYA is ideal"

H "SARAYA, also, you will be pounding astringently!

 

S "I do not know, is it the assistant of Da Vinci?"

E "That is Salai (Gian Giacommo Caprotti).

Short, Shin-Ichiro, are you getting drunk?"

H "No, Emily is too strong"

S "It's totally. I have not seen a drunken figure"

E "Because it is genetic, it can not be helped"

H "Hey, suddenly you have wrapped bandages around your fingers?"

S "Is there any meaning in the middle finger & index finger of the right hand?"

E "I like strange thi/n/g/s!" (Senior Maidcore)

H "Yeah yeah,,, but, in this city I never had a woman's band member so far,

so I finally came here and I think that it is somebody"

S "Do not you think that it is going to come in?"

E "At the first stage,

if I suddenly start singing for A-SECT beam (standing and dancing),

‘Saw is sobriety and the roast my god!’,

will it be accepted to customers?"

 

 H "Wow,,,Shin-Ichirou, what do you think?"

S "Uuu,,, at least, at least,

'A cheese, or, what a sessions? ',

or C-FIX beam? "

 

E "Hahaha! Something is not going to be fair with each other....

Yesterday I made a song "EMILY THE CAN Dy BEAT! "

H "Wow, as early as the birth of the best masterpiece!"

S "Can you produce even Mike Stone?"

H "No, Pete Haig!"

E "Hey ~, they are both too drunk!"

H "Ha ha! This horse stuff is delicious!

What is it, Emily, you stop being meat and become a vegetarian?"

E "Vegetables, maybe for a diet"

S "As I and Hajime tried vegetarian life before,

I had something that I did not have for a week"

H "To be precise, it's three days,

I was given a half-price meat of supermarket"

E "Nevertheless,

are you qualified to listen to CONFLICT?"

S "Did Emily have her eyes set on it?"

H "It's true, it's becoming the eyes of Twin Vocals!"

E "Feeling to say it as aesthetic of struggle not alcohol!

Resistance! Resistance! Resistance, with the feeling! "

S "Where is the opening of

'FROM PROTEST TO EMILYSTANCE'!"

 

H "Wow, it's becoming a live house state table at once!

That's it.

Kenzi, Tadahiro, Yang, Satoshi, Jorge,

I will summon it to the minions, Colonel Emily?"

 

 

(,,,To Be Continued,,,)

 

 

※前回その10 “ジ・アライズ・イン・ワンダーランド 4” は、

【英語版】を追加しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A HELL ON EARTH

 

A GLARING LIGHT AN UNNATURAL TREMOR

SUFFOCATING HEAT SUFFOCATING HEAT

CHORUS / A HELL ON EARTH HELL ON EARTH

MEN WOMEN AND CHILDREN GROANING IN AGONY

FROM THE INTOLERABLE PAIN OF THEIR BURNS.

 

まばゆい閃光に 異常な揺れと視界多重線

窒息しそうな激熱が身を襲う

息の根が止まりそうな上昇温度

ちくしょう! ひでぇ光景だ!

なんだおい! 生き地獄に到着か?

男だか女だか見分けがつかねぇ 

子供までが悶え呻きながらのたうちまわり

耐えがたい火あぶりの刑を味わされる

 

 

CRIES OF HELP

 

NAPALM TUMBLES FROM THE SKY

CHORUS / CRIES OF HELP CRIES OF PAIN

SKIN LOOKING LIKE BLOODY HARDENED MEAT.

 

ナパーム爆弾が 天空から飛び込んでくる

助けを乞い泣き叫ぶ 痛てぇなんて前にゲロが出やがる

めくれた血だらけの肌から肉がただれ落ち 

ビフテキのぷすぷす音が聞こえてくるようだぜ!



では、Cheers!


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK. その10

2017-07-20 00:23:29 | Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK.

ジ・アライズ・イン・ワンダーランド4(その9から)

 

Hajime「あ、シーバス・リーガルをロックで! 

そういえば、ヤンからのポスト・カードでよ、

たまにSEDITION文字を使ってるのがあるよな」

Shin-Ichirou「年賀状がそうだったが」

H「なんかポケットに入ってると思ったら、

そのケルティック表でよ」

 

 

 

 

 

Emily「あら、メイク用品のピッキング・アルバイトで、

こんな表示のを毎日見てたわよ」

S「商品バーコードか、確かに似てなくもない」

H「これに数字が入ると、そのものだよな」

E「それって、つまり、

‘ザ・ファイナル・ブラッド・バーコード’ ね!」

H「、、、エ、、、?」

S「、、、エミリ、、、?」

E「なによ〜? 二人して」

H「今日はまた、、、」

S「、、、どうしたんだよ?」

E「あの、実は、私もバンドをやろうかなって、

最近、いろいろ聴くようにしてるのよ」

H「エミリが?」

S「バンドを?」

E「実はもうバンド名だけは考えてるのよね」

二人「(顔を合わせて)まじで?」

 

 

 

 

 

(、、、続く、、、)

 


The Allies In Wonderland 4

 

Hajime "Hey, please order Chivas Regal with Rock!

By the way, it was a post card from Yang,

he used occasional SEDITION letters"

Shin-Ichirou "The New Year's card was like that"

H "If I thought that something was in my pocket, that celtic alphabet"

 

     PINK TURDS IN SPACE / SEDITION  SPLIT-LP  INSERT

 

Emily "Oh, I was watching this display every day at the picking part of makeup supplies"

S "Is it a commodity barcode, surely similar?"

H "When a number comes in, it is it"

E "That is,

'THE FINAL BLOOD BARCODE' hi!"

H ",,,E ,,,,?"

S ",,, Emily ,,,?"

E "What are you doing?"

H "Today again ,,,"

S ",,, What's the matter?"

E "Um, in fact, I try to listen to lots of things

I'm going to do in the band recently"

H "Emily?"

S "Do you want a band?"

E "Actually, I am thinking about only the band name, right?"

Two people "(face each other) Really? "

 

 

(,,,To Be Continued,,,)

 

 

※前回その9 “ジ・アライズ・イン・ワンダーランド 3” は、

【英語版】を追加しています。

 

 

 

 

 

 

 

PROTEST AND SURVIVE

 

THE SAVAGE MUTILATION OF THE HUMAN

RACE IS SET ON COURSE

CHORUS / PROTEST AND SURVIVE / PROTEST AND

SURVIVE

IT IS UP TO US TO CHANGE THAT COURSE

PROTEST AND SYRVIVE PROTEST AND SURVIVE.

 

情け容赦のない人間による

ギロチン攻撃が始まった

抗(あらが)え 生き残れ 抗(あらが)え 死ぬんじゃねぇ

方向を変えるのは 我々の考え方次第

抗え 生きれよ 抗え くたばるんじゃねぇぞ




では、Cheers!



 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加