波の中へ

クラストコア、ノイズコア、アナーコ、USコア、ジャパコア、ニューウェーブ等など、なんでもかんでもな内容のブログです!

Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK. その2

2017-07-01 22:15:11 | Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK.

リハビリテーションズ・オブ・ザ・グラス7(その1からの続き)

 

「よおっ! 調子はどうだい?」

「うおう、タダヒロ!」

「帰り際、ちょうどそこの角を曲がったついでに、居るかなと思ってね。

電話ボックスまで行くのも面倒くさいしな」

「配達の方はどんな感じなんだ?」

「ああ、あれだけ混乱してたのが、やっと元通りに戻ってきたってとこかな」

「なんか、戦争には敗けたのに、まるでそれを忘れようとするがごとく街全体のパワーを感じる時があるぜ」

「ところで、“PUNK AND DESTROY”LPを借りたいんだが」

「もしかして、歌詞対訳カードかい?」

 

 

    ’PUNK AND DESTROY’ 似顔絵大パッチ(白布、黒マジック)

 

 

「ああ。でもよ、そもそもPISTOLSの影響で始めたバンドのはずなのに、

どうしてある日あんなサウンドになったのかってね」

「ある日っていうのは、Calが曲を作り始めてからのことかい?」

「ああ。作詞・作曲は出来上がったとしても、

スタジオの8チャンネルだけで何故あんな音になっちまったんだろうな?」

「オレは思うが、プロデューサーのMike Stoneが実は二日酔いで、

耳の調子がおかしかったからじゃねぇかと思ってる」

「ははっ! いつも通り普通にレコーディングした音質じゃ、

耳にこもって聞こえてきてギターだかベースだか聞き分けられなかったってことか?」

「そうよ、そのこもりをなくすためにあれこれミキシング・レバーをいじりまくってたら、

あんな音に行きついたってわけよ!」

「歴史的に見ても、本来あり得ない失敗がとんでもない成功に結びついた例がごまんとあるからな」

「Bonesなんて、最初は誰か違うやつが弾いてると思ってもの凄く驚いたという、

有名な話もあるわけだしな」

「おいおい、それは飛躍しすぎだろうが! 

Rainyは髪の毛ばっか気にしてたらしいしな!」

「ブラック・ヘアーにこだわったってか。

オレから見たら別に無理に染めなくてもいいんじゃねぇのと思うが」

「そうそう、どうせレコード・ジャケットはモノクロしか使わないんだしな!」

「はっはー! カラーよりもモノクロの方がメッセージ色を強く出せるからって、

本当は金が足りなかっただけの話だったりしてな」

「HCはそんなとこにパワーと金を使わねえで、もっと別の、例えばビール、ウィスキー、

ドラッグ、シャブ、マリファナ、敵対するマフィアとの抗争、、、

違う違う、これはギャング映画の話だな!」

「はっはー! なんだかビールが飲みたくなってきたぜ!」

「よしっ! 今買ってくる。どうせ冷蔵庫には何も入ってないんだろうが?

で、これから予定は?」

「ナッシング! じゃあ、これでバンシボでも頼むかな」

「イエッサー・アイ・ウィル!」

「ヤンに電話しようと思ってたところで、誘ってみてもいいか?」

「ああ! ギャンブルが調子良さそうだから、なんか持ってきてくれることを期待して!」

「よし、久しぶりに ’ドランク・ウィズ・ハダシ・デ・サワー’ でもやるとするか!」

「ははっ! なんだそりゃ?」

「うおう、ただのアルコホル合言葉よ!」

「 ’超・絶・ヘヴィ・ネス・ディス・チャ〜・ジ〜!’ ってか?」

「おいおい、もうはや酔っぱらっちまったか?」

「あるいは、‘人生破壊’ の罠か、、、誰か、教えてCLAY、、、」

「くだらんこと言ってないで、さっさと行ってこいよ!」

「ラ、ラジャ〜!」

 

(、、、続く、、、)

 

Rehabilitations of the Grass 7

 

"How is it going?"

"Wow, Tadahiro!"

“On the way back, just after turning around the corner there,

I wonder if you can stay.

It is troublesome to go to the telephone box. "

"How does the person of delivery feel?"

"Oh, it was confusing that much that it finally returned to its original state"

"Somehow, we lost to war,

but there are times when we feel the power of the whole city as if trying to forget it"

"By the way, I'd like to borrow 'PUNK AND DESTROY' LP"

"Could it be a lyric translation card?"

"Yes, but it's supposed to be a band that started out as a result of PISTOLS,

so why did it sound like that one day?"

"One day is it since Cal began making songs?"

"Oh yes, even if the songwriting and composition is done,

why did it come to such a sound just by the studio's 8 channels?"

"I guess that's because the producer Mike Stone

is actually a hangover and his ear is not right."

"Haha! As usual recorded sound quality,

did he hear it in the ears and heard that he could not distinguish

whether it was a guitar or a base?"

"Oh yeah, if he messed around the mixing lever to get rid of that feeling,

he arrived at that sound!"

"Historically, there are cases where failure

that originally can not be done leads to surprising success"

"There is also a famous story that Bones seemed to be surprised at first thought

that someone was playing a different guy,"

"C'mon, that would be too leap!

Rainy wish only to care about his hair!"

"I guess he sticks to black hair,

I think that I do not have to dye it separately if I look at it."

"Oh yeah, they do not use monochrome as a record jacket anyway!"

"Ha ha! It's just a story that monochrome is stronger than a color message

because it's not enough money."

“HC does not use power and money like that,

and to a different extent,

for example, beer, whiskey, drugs, stimulants, marijuana,

conflict with hostile mafia..., differently, this is a gang movie story, it is! "

"Ha ha! I guess I 'm getting some beer to drink!"

"Okay! I will buy it now.

Why is not there anything in the refrigerator anyway?

So what is your future schedule?"

"Nothing! Then, I will ask Ichiban-Shibori for this"

"Yes sir, I will!"

"I tried to call Yang, can I invite him?"

"Oh! Because gambling seems to be in good condition,

expect me to bring something!"

"Well, after a long absence

‘Drunk with Hadashi-De-Sour’ would do it, too!"

"Hah! What is that?"

"Wow, just Alcohol words!"

"‘Ulti-Mate-Heavy-Ness-Dis-Char-Gee’ ?”

"Hey, have you gotten drunk already?"

"Or is it a trap of 'Life’s destruction', ... someone, tell me CLAY ,,,"

"Do not say bullshit, go quickly!"

"O, Okay~!"

 

(,,,To Be Continued,,,)

 

 

※前回その1 “リハビリテーションズ・オブ・ザ・グラス6” は、【英語版】を追加しています。

 

 

 

 


It’s no T.V. Sketch

 

Limbs of a child stick   ぷすぷす音が残る焼け跡に

Out of debris – and     子供の大腿骨が突き刺さっている

Its no T.V. Sketch      テレビ画面の映像じゃないぜ

NO NO TV Sketch      TVの中だけの話じゃないぜ

It ain’t the work of      粉々に砕けた肉の破片と 

make up artists,      赤色に染まった場所

this wounded flesh and    メイク・アーティストたちの

blood                               作品じゃないぜ、

a child lies dead                血の海で 

in a pool of          息をひきとっていく子供

blood – and its                  よく目に焼き付けておけよ

no TV Sketch.        テレビの番組じゃねぇからな。




では、Cheers!

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Q: AND GASMASK? A: AND GAS... | トップ | Q: AND GASMASK? A: AND GAS... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Q: AND GASMASK? A: AND GASMASK.」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL