波の中へ

クラストコア、ノイズコア、アナーコ、USコア、ジャパコア、ニューウェーブ等など、なんでもかんでもな内容のブログです!

追悼:IWATA (The★STRUMMERS!) その3

2017-11-15 00:13:09 | 追悼

夢、希望、明日

 

IWATA氏の夢を見た。

寝る寸前に、

当ブログ ‘追悼:IWATA編’ 記事のことを考えていて、

アクセスが今でも途切れることがないのは、

それだけ彼(ら)のファンが今なお多いということなのか、、、

そう思いながらレコード・プレイヤーに乗っている

12”EP ‘HARD RAIN BOMB’から針を上げて眠りにつくと、

明け方に、

彼が夢の中に出てきた。

(11/11未明)

 

 

舞台は、

どこかの講演ホールらしき建物内、控室の中。

壁が鏡状の部屋、

座敷の上で5〜6人の男がテーブルを囲んで座っている。

そのテーブルに近付いて行き、

「今から、新宿ロフトに新生The★STRUMMERS!のライブを見に行くけど、

一緒に行くやついるかい?」と尋ねてみると、

座っている若い1人が

「あっ、オレ行きたいっす!」と直ぐに返事をして立ち上がり、

ブーツを履き始めた。

そして、

テーブルの一番奥にずぅ〜〜ん!とした雰囲気で存在感を際立たせて

胡座をかいているIWATA氏(講師?)に近づいて一言、

「これから、ちょいとライブでも見てきますわ。

新しいボーカルがどんなものかも確かめたいんで、、、」と言うと、

IWATA氏は黙って頷き、

何かを考えているかのごとく真っ直ぐ前を見ているようだった。

ブーツを履いた男が、

‘新しいボーカル’ と話題に出たことでなんか気まずそうな顔つきを見せながらも、

「失礼ながら、自分も行ってきやす!」

とIWATA氏に一礼するのを目にした途端、

意識が薄くなってきて、

その後少しして目が覚めた。

 

起きて直ぐに ‘HERE’S THE☆STRUMMERS!’ LPを聴いて、

忘れないうちにメモ帳に内容を書き留めておいた。

 

その夜、

当ブログに ‘追悼記事 その3’ として載せるべく文章を入力していて、

ふと、彼らのアートワークも内容に盛り込みたいと思い立ち、

ダンボール箱の奥にある古いコピー群の中を探してみた。

 

 


20世紀の終わり《4 SEASONS

 

Album ‘STAND AGAIN’リリースの頃、

事務所のIWATA氏宛に送ったイラストのコピーが、

部屋のどこかにないものかと探してみたが、

どうしても出てこないので、

同じものを自分の記憶を頼りに作ってみた。

 

 

原画:紙、ペン、黒インク

(126×151㎜)

 

 

 

スキャンして画面に貼り付け、完成。

(原寸:210×230㎜)

 

                                '20世紀の終わり'《FOUR SEASONS》

 

 

似顔絵にもかかわらず、IWATA氏に全然似てない?

 

タイトル ‘20世紀の終わり’ のフォントがガタガタ?

 

 

‘そんなイラスト喜劇演じる俺様 道化役者か?’

 

‘気狂いピエロ団!’

 

今、当ブログ内で連載している ‘AND GASMASKシリーズ’ に登場する

‘気狂いピエロ団’ というネーミングも、

彼らのAlbumの曲名から使わせてもらっており、

決して同タイトルの仏映画 ‘Pierrot le fou’(Jean-Luc Godard)から

取ったというわけではない。

 

 

それにしても、

‘★HERE’S THE STRUMMERS!’ LPの歌詞カードを改めて読んでみると、

なかなか、いい唄が揃っていると思う。

 

 

‘生きてることは それだけで自由なはず!’

 

‘まとわりつく いらだち 全て吹き飛ばせ!’

 

 

もちろん、どの曲か直ぐにわかるよなぁ?

 

 

夢に出てきた

‘新生The★STRUMMERS!’ のキーワードは、

ライブ・スケジュール 2018.1.25の

サイト記事を閲覧したからなのは否定できないが、

どんなライブになるのか

ファンにとってはかなり嬉しい企画だ。

 

映像 ‘衝突精神’ をまだ観てないので、

それまでには何回も繰り返し観ておくようにしたい。

 

‘その2’ で終わりのはずだったが、

‘その4’ も出来たらアップするかもしれない。

 

では、Cheers!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

追悼:IWATA (The★STRUMMERS!) その2

2017-05-14 00:27:09 | 追悼

デザインからの思い出

 

それらしき紙を見た記憶があったので、

部屋のダンボール箱を探してみると、

奥底に眠っていたカラー・コピーを発見。

封筒に入れたとみられる折り目がしっかりと白く浮き出ているが、

それをスキャンして下に貼り付け。

 

 

 

これは27年前の1990年、

Album “STAND AGAIN”の発売に合わせて、

とあるレコード店の店員

(当時仲良くさせてもらっていたN氏)に頼んで、

最初の20部に同封してやって下さいと

お願いして送ったカラー・コピーとなる。

(※コピーのコピーなので色が悪い)

ずい分とまた

図々しいことをしていたなと今になって思うが、

当時の自分も

IWATA氏の“熱さ”に

少なからず触発されていたなと述懐できる。

デザインのタイトルである

“SOUL SHAKEDOWN ROCK N ROLL” 英字は

黄色系の絵の具を使ったのだが、

これは米国DISCHORD Recordsに所属していた

3 (THREE)というバンドの

英字体を参考にさせてもらったもの。

バンドのメンバーである

Jeff Nelson(元MINOR THREATのドラマー)が

手掛けたフライヤーからヒントを得ている。

 

“STAND AGAIN”がリリースされる前に、

前述のレコード店に

IWATA氏の似顔絵(全身像)を送ったことがあり、

その店員がそれを壁に貼ってくれてたみたいで、

来店した本人がそれを見た瞬間

「あっ、俺だ!!」

と叫んだという話を

その後の打ち上げの席で聞いたりした。

 

上記Albumの収録曲 “時代の目撃者たち”には、

“覚えているかい〜あの日のことを〜

・・・時代を〜目撃しちまった〜・・・

そして〜新しい 〜時代へと〜・・・、

なくしちゃいけないものがある〜・・・”

という歌詞の別の曲があり、

“カム・ザ・ナイフ(!?)”、

“3-6-5”(岩田氏が"365日"と言ってたかも!?)、

ともども

ライブでしか演らなかった

隠れた名曲(!?)となっている。

他にもAlbum未収録の曲があるのだろう。

 

“HARD RAIN BOMB” と

“REBEL ROCK” を

そのレコード店より購入して、

当然のこと

まだ持っていない当時廃盤で手に入りにくかった

1st LP “HERE’S The STRUMMERS!” が

もの凄く欲しくなった。

ある時、

¥28,000という

レアな値段が付いていたのを見つけたが、

その頃は

AMEBIX “MONOLITH” LPを

それに近い値段で手に入れていたので、

我慢して知り合いにダビングしてもらった

カセット・テープを暫くのあいだ聴いていた。

その後、

確か¥7,000〜8,000でやっと手に入れると、

盤はPink Vinylだった。

(1st PressがPinkで2nd PressがGreen)

 

    ★THE STRUMMERS! "★HERE'S THE STRUMMERS!" LP (CSR 1003) 1998

 

ジャケットに入っていた歌詞カードにより、

“狂った世の中” の部分、

“弾丸のビートを打ち続ける〜”

というずっと聴き取れなかった内容が

やっとはっきりした。

それにしても

“ダイナマイト抱えて〜 

裸足で駆けてゆく〜”

から小爆発が続いていくこのAlbumは、

ROCKの歴史上でも

名盤として

永遠に位置付けらていくだろう。

 

 

 

あとは

ステッカー・デザイン(100×100㎜)。

 

 

これは1992年の “理由なき世代” ツアーの時に

100部作ってメンバーに持って行ったもの。

原画はもうないが、

黒インクで描き、

星マーク︎はグラデーションのスクリーン・トーンを使った。

右上の目元からして、

“RUNNING ON THE WILD SIDE” CDの

裏ジャケを見て描いた、はず。

ライブが終わって、

IWATA氏が黒いパーカーの胸に

早速このステッカーを貼って着てくれていたので、

目茶苦茶嬉しかったのを覚えている。

確かこのデザインの長袖Tシャツ(白)を自分用に作って、

ライブでIWATA氏に

左袖にメッセージとサインを書いてもらった。

Tシャツは他に、

"HERE'S The★STRUMMERS!"、

“HOT ROAD”、

“PUNKY BOY”、

“GIMMIE POWER”

などを作ったりした。

(IWATA氏に渡したか事務所宛で送った)

 

 

 

“ 今何を思う? 何を感じる?

 今何をやろう? 何を始める?

 今どこにいる? どこへ向かう?

 今何を信じる? 何を愛する?”

 

 

“20世紀の終わり” で

IWATA氏が問いかけていたメッセージ。

2000年代に入り、

もうこの曲は演らないと言っていたっけ。

 

  

IWATA氏、

今どういうことを考えて

熱くなってる!?

 

 

 

 

“教えておくれよ'STREET'

  約束の地があるなら 

 真実の歌は

 ここから聴こえるはずだろう”

 

 

 

IWATA 氏、

聴こえるぜ!

いつでも、

“歌” が

聞こえてくるぜ!!

 

 

 

 

 

では、Cheers!

追悼:その3’ に続く)

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

追悼:IWATA (The★STRUMMERS!)

2017-05-11 02:03:40 | 追悼

SPIRITS of IWATA CONTINUE!!

 

The★STRUMMERS!のヴォーカルである岩田美生氏が、

5月9日、

腎臓がんの転移のため逝去。

享年51。

昨夜MOSH氏(妹)よりメールがあり、

訃音を知った。

ちょうどDISCLOSEのK氏に関する記事を

当ブログに入力していて着信に気が付かなかった。

あまりにも突然の出来事。

ここに、慎んでご冥福をお祈りします。

 

 

今回の記事は、

ヴォーカル岩田氏とThe★STRUMMERS!の思い出です。

 

 

彼らを初めて観たのは、

1989年はTHE STAR CLUB “Solid Fist Tour”での

前座としてのライブだった。

その数ヶ月前に、

名古屋のSレコード店でプッシュされていた

彼らの12”EP “HARD RAIN BOMB”と

7”EP “REBEL ROCK”を購入していて

音は聴いていたのだが、

ライブハウスでの生のステージは

想像以上に良かった。

特に岩田氏の熱い雰囲気は

忘れることが出来ないものだった。

その後、

彼らのライブは通算で15〜18回くらい観たと思う。

 

いつだったか、

打ち上げのとある居酒屋の席上で

岩田氏に

「俺たちの曲の中で3つ好きな歌は?」

と聞かれたので、

“探し続けよう”、

“Everyday Everybody”、

そしてもう一つ

アルバム未収録の曲を挙げた。

その曲は

とあるライブ(TAKATO氏加入の頃)で演ってた曲で、

歌詞は、

“お前は逃げてる〜、

いっつも逃げてる〜、

だけどお前自身からは〜

逃げられない〜、

馴れ合いの

連帯感の中で〜……”

という歌なのだが、

サビの部分が

“3-6-5 Everyday!

そんなもの捨てちまいな!

3-6-5 Everyday!

何が変わるというんだ!”

とあり、

“3-6-5” というタイトルと見当をつけて、

その後にリリースされた

“理由なき世代”にクレジットされていたのを見た時に

やった!と思ったが、

全然違う曲だった。

 

持っているCDを全部出してみると、

結構リリースしていたのだなと改めて気がつく。

 

 

持ってない盤もあるし、

何てったって結成32年だから、

自然とアルバムも増えるのはわからないでもないが、

そのCDごとに思い出があるものだなと

今知ったりした。

 

例えば、

“MAXIMUM ROCK 1991” や

“理由なき世代”は、

世田谷区祖師谷の知り合いのアパート近辺の雰囲気を思い出す。

上京して泊めてもらうのはいつもここだった。

“TOKYO JESUS”は、

そのサウンド・チェンジにライブでも客が非常に戸惑っていた。

“AGILE & FICTION” と

“EXILE”の頃は

自分の中でも沈滞期、

しばらく聴かない時間が流れたりした。

その後

“LIFE, MOMENT, PUNK ROCK SONG” の

“明日に向かって撃て!” を聴いて

久し振りに燃えた!

“ALL WE CAN OFFER”、

“STRUMMER ROCK”、

“WILD ROMANCE”の3作は、

短期間のうちに続けて手に入れたと思った。

“DJANGO”がリリースになって、

とある吉祥寺でのライブの前に、

事務所内岩田氏宛に

曲のリクエストなどの手紙を送ってみた。

希望曲を取り入れてくれたのはいつものことだったが、

やはり格別に嬉しいものだった。

“STAND AGAIN”の頃、

アンコール1曲目で

“Stay Gold”を演ってみてはどうかと提案した時も、

その後の日清パワステなどでは

しっかりと取り入れてくれた。

結果はアンコールとしては盛り上がりに欠けたところもあったが、

実験としては良かったと後で言っていた。

 

岩田氏のサインも長T 袖に書いてもらったのだが、

捨てなければ良かったと今になって後悔している。

自分でデザインしたThe★STRUMMERS!のポスターなども

レコード店内に貼ってもらったりしていたが、

1枚くらいはコピーとして残しておけば良かった。

 

涙は全く出てこない。

岩田氏は

やれることは全力でやったはずだ。

The★STRUMMERS!に

全てをかけていたはずだ。

悔いなど

これっぽっちもないはずだ。

 

彼に言われたことがある。

「俺がロンドンでJoe Strummerに実際に会って

話をした時のドキドキ感が、

君の接し方で

逆の立場がわかるような気がする」と。

 

やっぱり、涙は出てこない。

 

ここで

“友よ”

が流れる。

“出口はどこだ!? 

I’m not down 

胸に刻め、

この言葉”

沁みてくるゼ。

 

打ち上げのライブ会場では、

岩田氏を通して

音楽雑誌D誌のM編集長と

初めて直に話すことが出来た。

M氏には

「DISCHARGEやCONFLICT以外でも繋がってしまったね」

と言われて思わず、

うおう、ゴッドファーザー!!

と言いそうになったのを覚えている。

 

ステージ上の岩田氏の、

あの視線!!

もがき、

わめき、

叫び、

ただひたすら突っ走る!!

 

“Spirits of FUCKIN’ STREET”、

この曲を

最高傑作にする輩が多いのだろうな。

 

 

 

 

 

“いつもいつも 

人間も街も時代も流れていく

でも生まれた歌達は 

くたばっちゃいない!”

(DJANGO  “Long Live Punks”より)

 

 

 熱いゼ!!

 IWATA!!

 

 

 

では、Cheers!

 

(5月14日付記事 追悼:その2 に続く)

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加