満天横丁

満天横丁にある満天笑店。
ゴルフ好き店主のぼや記・本・漫画・映画の話など…。
こんなグータラ猫状態でやってます

不思議な少年(作:山下和美)

2007-08-27 | 漫画紹介

      (不思議な少年 1~5巻)

左は「天才柳沢教授」「寿町美女御殿」を描いた
山下和美さんの漫画です

多分…この漫画はマーク・トウェイン作の「不思議な少年」を元に
描かれたのではないかの~?っと思われます
ただし、マーク・トウェイン作の「不思議な少年」っという小説も
実際は誰か別な人が書いた話であろうっというのが定説となっています

小説では「堕天使サタンの甥」っと名乗る少年が
小さな村の少年に様々な人間の悪行を見せ
人間の悪い所をあげつらう~ってな話になっております

心に残る言葉の一つに…
哀れな人間にも一つだけ最高の武器がある
それは「笑い」であるっとサタンの甥が語る場面があります
苦しみも悲しみも「笑い」という武器によって
一瞬にして吹き飛ばす事が出来る…
この言葉がこの小説の唯一の救いだったと感じた記憶があります(笑)

さて山下和美さんの描いた漫画では
主人公である不思議な少年は時間も空間も場所すらも飛び越える
不思議な能力を持っています
その彼があらゆる場面の人間を…時には体験者として
時には傍観者として見続けるっというお話になっています

それぞれ30P前後から100Pあまりの一話完結が収録されているので
どの巻から読んでも面白いと思います

紀元前399年の古代ギリシャにて
死の間際のソクラテスと会い…彼を時空へと連れ出す少年。
戦いによる人間の愚行が詰まった未来を見せるが…
絶望の淵に佇んだソクラテスが、そこで発した言葉とは…


南極大陸の探検に向かい…遭難し…生き残った隊員二人
育ちの良い男と、育ちの悪い男
一見なんの接点もないように見えた二人だが…
幼い頃にある事件で二人は出会っていた…
少しずつ蘇る記憶。
遥か遠方に助けの船が見えた時、二人に再び何かが起こる

日本の現代、リストラされ離婚の危機に直面した末次家。
末次家の長男として潜り込んだ少年は
不甲斐ない父親に何代もの先祖までさかのぼり過去を見せる
なんという事もない過去の出来事に次第に夢中になっていく父親
普通の生活がその裏側に隠し持っている奇跡に気付いた時
父親の世界を見る目も変わっていく

永遠(?)の生命を持ち
時空を超えて旅を続ける少年は
色々な人々の生き様を見て行きます

神がかりな場面もあるのですが…
人間の少年の様な心を持ち合わせている場面もあります

人の心を多少なりとも持ちつつ続けるこの旅は…
何の意味があり…どんな結果を生むのか…
未だ謎のままですが
人の心を持ったままでは辛い旅になって行くのではなかろうか?
などとボンヤリと感じました


その点、小説の主人公の少年「サタンの甥」には人間的な要素が皆無な分
辛さは感じなかったな~

この二つの作品、小説と漫画だけれど
似て非なる面白い組み合わせだと思うので
機会があれば読み比べてみるのも一興かもしれません~

気持ち的には…歴史の真実を知りたい!っと思っておりやすが…
世の中には知らないからこそ幸せじゃ~てな事も沢山ありますもんね~
例えば…満天さんの…(ガハハハハハハ)

『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熱烈歓迎! | トップ | 鴨川カントリークラブ »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
噂でよく聞くのだが~。 (トミー。(猫とマンガとゴルフ~の管理人))
2007-08-27 15:38:45
 これ、ネットでよく噂を聞くのよね~。そいでわたしゃ~大昔の手塚 治虫氏の 「不思議な少年」 を思い出してしまうのよ。内容は全然違いますよ、確か時間を止められる少年の話じゃった。

 で、ちょっと連載中の1話だけ読んだことある。面白かった。全部読んでみたいものじゃ。時間を越えて生きられると言うのは人間の夢ね。でも自分がそうなったら (不死になったら) いやだわ怖いわ。火の鳥みたく精神が超越した神様じゃないもの。
面白そう~ (いっさん)
2007-08-27 15:59:43
真実の歴史っぽいものとかこう言うSFって好きだなァ。
いろんな事が歴史の中で隠されてるからなァ~
例えば…いっさんの…(ガハハハハハハ)
トミーさんへ (満天)
2007-08-27 19:37:26

本日っていうか~先程、発送完了致しました~
ので…この「不思議な少年」もお手元に届きます~
(良かった~全部見てなくて~笑)

トミーさんならお気に入りになると思うな~
面白いよ~~ん
是非、トミーさん流の記事UPを
ヨロシクお願いいたしやす~
(ガハハハハハハ)
いっさんへ (満天)
2007-08-27 19:39:32

えっ?
いっさんも…
いっさんにも隠された真実が・・・(ガハハハハハ)
なの?(アハハハハハ)

知りたい・・・・
これは知りたい・・・・
絶対に面白いハズだもん(ハハハハハハ)
たとえ…金払っても知りたい・・・
Unknown (ぶー)
2007-08-27 22:36:58
4次元の世界?
というのでしょうか…今子供達がしているゲームの内容に似ていました。

有難うございました。知らないで催促してしまって申し訳ありませんでした。

アレだけ書いていただければ、そのように伝えられますので、有難うございました。

たとえば満天さんのガハハハハハハ…
気になりました。
でも今日はまだブログも絵も描きかけです。
之で、帰りますが、本当にお手間取らせました。
有難うございました。
子供の頃に見たドラマ?に・・・ (せっちゃん)
2007-08-27 23:11:14
昔、NHKで、夕方にやっていたドラマ・・・?
題名が思い出せない??

『サブタン』と言う男の子が『時間よ~止まれ!』と言うと世の中が止まって、危機を救うと言うそんな番組があったと・・・?
子供心に時間が止めれたらいいなぁ~なんて・・・
落ちそうになったケーキを受け止めて一人で食べたかった・・・ハハハ(そんな事思っていた・・・)

誰か、知ってる人いたら教えて下さい・・・

不思議な少年 (くま)
2007-08-28 00:15:46
アッシも読んでます~♪
アッシもこの「不思議な少年」のお話の中では、特に「ソクラテス」のお話と、「末次家」のお話が印象に残ってます。
どのお話も何と言うか哲学的なことを考えさせられるようで、しんみりしてしまうんですけど、ラストにはいつも「それでも」っていうような希望や優しい慰めのようなものも描かれているようで…ホントに良い作品だと思います。

マーク・トゥエインの小説の方は、全然知らなくて吃驚したんですけど、そうなんですか~!そんな内容の小説もあったんですね~!
これは読んでみたいです!
満天さん、教えてくださってありがとうございます!

人の心を持ったままでの永遠に近い永い孤独な旅…想像するだに辛そうですけど…本当にこの物語の結末は、どんな風に結ばれるんでしょうね…?

>歴史の真実を知りたい!
アッシも色んな謎を知りたい!って思う方なんですけど、確かに今のアッシじゃ~知らない方が身の為、ってことが、まだまだいっぱいあるんでしょうね~…。

>例えば…満天さんの…
ミステリアスな女性は魅惑的ですよね
未読です (ブック)
2007-08-28 00:18:02
今、いつもいくブログのところを回ってコメント書きながら
すべて未読ですと書きました・・・・

題名は知ってるんですけど、最近にしては一番漫画から
離れてた時期の漫画だったような・・・
青年誌に載ってましたからね~

やっぱりどこかで探してみましょう、今は無理かもですけど(笑)
ぶーさんへ (満天)
2007-08-28 08:00:23

あんまりお役に立てなくてごめんなさい

ほいでもEXに載っていたワンコが可愛かった~
EXを見て感じたコトを
ぶーさんのブログに書いても伝わりますもんね
それでも良いかもしれません
あんまり写真などを沢山載せて重いサイトだと
見れないPCもあるみたいです
でも見れますもんね~
それで良いのじゃ~~~~(アハハハハハ)
  ↑
最終的に笑って誤魔化す~~(笑)
せっちゃんへ (満天)
2007-08-28 09:26:45

「サブタン」それこそが…
上のコメでトミーさんが言っている
手塚治虫作の「不思議な少年」です~
懐かしいの~
せっちゃんも見てたんだ~~~
同じ不思議な少年っていうタイトルで
時間を止めるっというシチュエーションに
したんだよね~~~
昔の外国映画でも同じのがあったな~~~
時計の針を止めると時間の流れが止るの
だけど時計を壊してしまって
永遠に止った時間の中で生きていかねばならない
男の話で…子供心に怖いの~っと思ったな~~
くまちゃんへ (満天)
2007-08-28 09:32:45

末次家の奇跡は少し感動したな~~~
地球がこの角度で自転し月がたまたまアノ位置で
奇跡の様な配列が人間を産んで
また奇跡の様な出会いが人生を織り成し~
って所がイイ!
子供の頃に宇宙にエライ興味があって
色々な本を読むうちに
我々の地球こそ奇跡の産物じゃ~っと思った時に
鳥肌が立つ思いをしたもんじゃ~~~
その気持ちをこの末次家の奇跡を読んで
思い出したさ~~~
この先の終焉をどういう風に持っていくのかが
興味深いマンガじゃが…
山下さんはどう描くつもりなんじゃろう
楽しみだよね~~~
ブックさんへ (満天)
2007-08-28 09:36:06

今、トミーさんへ送ったので
帰ってきたらブックさんへ送りますよ~~
買わないでも大丈夫どす~
ブックオフにも売ってるが…
全部が揃っている所は無かった・・・
ああいうマンガは他店と強力して
揃えてから販売して欲しい~
(ガハハハハハハ)
いや…一冊だけ欲しい~ってな人も
沢山居るんだもんね~~~
遅くなっても良かったら待っててね~~~
1、2巻だけ持っている (夜)
2007-08-28 10:30:27
私もあちこちで評判になっているので
BOで¥105で見つけた時、即買い!だったんだけど
その後はさすがに¥105ではね、手に入らない

うん、面白い!
最初っからアベルとカインのテーマで衝撃的な感じだったけど
ラストは。。。
普通の人々の愚かさ、哀しみをヒューマンな視点で描いてて
そしてどこまでも前向きで。。。人間を信じてる!
山下さんのお得意とするところですね

そこに絡む少年は何者なのか?
天使?悪魔?
人間を試すのが神
人間を陥れるのが悪魔だとすると
やっぱり、天使なのかも。。。

私は1巻の最後の「狐目の寅吉」が好きだわ~


残念ながら、マーク・トゥエインの方は未読なんですが
粗筋を読むとスティーブ・キングみたいな感じですねぇ



夜さんへ (満天)
2007-08-28 11:04:26

夜さんもやっぱり読んでいたか~~~
ほいでもコレ・・最後はハッピーエンドじゃろうか?
多分…山下さんの事だから
パンドラの箱の様に最後に希望を残して
終結になるのかな~~っと思っておりやす(笑)
もしかして…ライフワークにするつもりか?
って位に5巻まで来ても何も解らん(ハハハハハ)
柳沢教授ともども長くなりそうな予感が・・・
(ガハハハハハハ)

夜さんもスティーブンキング作品好き?
私は出ている作品は全部読んでます~
彼の作品もただ怖いだけではなくって
人間の内面の恐ろしさを表現してますもんね
キング作品のメインテーマは
何かに妄執した人間が一番恐ろしい~
……マンガに妄執している我々は……
ハタから見ると恐ろしいのかもねぇ~~(ガハハハ)
面白そうです~ (あこ)
2007-08-28 18:42:39
山下和美さんは「ダンディーと私」の頃最も読んでました。
途中少年誌の方に移行されたのか「天才柳沢教授~」の頃から作風が随分変わられたように思えます。

この「不思議な少年」はまだ読んでないけど、満天さんのレヴュー読むと面白そうで…。
今月は金欠なのでBOで見つけることができたら買ってみたいです~。
あこさんへ (満天)
2007-08-29 08:02:16

「ダンディと私」~懐かしい~
本当だよね~~~
確かに作風が変わってきてるわ
私は昔はそんなに印象に残ってなくって
少年誌でシッカリお目にかかったんです(笑)
それで後で山下さんって・・
あの漫画の人だったんだ~っと驚きました~
(ハハハハハハ)
これオモロイですよ~
アチコチを回るので…たぶん…
来年なら貸し出しできると思います
(来年の事を言うと鬼が笑う~?)
BOで見たんですが全巻揃ってなかったので
探すの大変だと思うのですよ~
もし待てるのなら他にも何か本を付けて
貸し出し致します~~~
借りて読んでます~ (たれぞ~)
2007-08-29 09:36:22
友達が作家買いしているので借りて詠ませてもらってます~
ただこの巻はまだ未読~!(苦笑)
3巻くらいで綺麗な終り方をしていたので、4巻が出たとき「まだ続いていたのかー!!」と驚いた記憶があり(苦笑)

天使か悪魔かは判らないけど、妙に冷めていながら根底に優しさがみえるこの少年。
正体はいったいなんなんだろう~
私が未読の巻に描かれているんだろうか~

面白そう~ (富良野)
2007-08-29 10:51:07
読みたいリストがまた増えた~(笑)。φ(.. )メモメモ
山下和美さん「天才柳沢教授~」は連載を読んでた時期もあったんですが…雑誌そのものを買わなくなったので。
マーク・トウェインの「不思議な少年」も合わせて読んでみたいぞ~。

たれちゃんへ (満天)
2007-08-29 11:23:10

全然描かれてないのよ~~~
5巻に入っても何も書かれていないので…
「不思議なのじゃ~~~」
(ガハハハハハハ)

どう思う?
ま・まさか・・コレで終わりにしないよね~~~
なんの説明もないままってな訳がないと思うが
「そうです。
これが本当の不思議な少年です」っで終わったら
アッチョンブリケー!!どす~(笑)
富良野ちゃんへ (満天)
2007-08-29 11:29:00

柳沢教授もオモロイが・・・
この「不思議な少年」の方が
富良野の姉様のお好みだと思うな~~~
会った事がないけど、そんな感じがするのだ~
(アハハハハハ)

遠い世界を描いている時も
近い世界を描いている時も
風を感じる作品なの
元はマーク・トウェインの不思議な少年だと思うが
作者が日本人でしかも女性だけあって
風の又三郎の様な風と共に現れて
風と共に居なくなる~的な雰囲気もあってね~
とっても面白い作品ですよ~~ん
機会があったら是非、読んでみてくだされ~
あっ、ありがとうございます (あこ)
2007-08-30 08:14:00
ありがとうございます~~~!!!
早速、BOに行って来ましたが満点さんの仰る通りで・・・。
かろうじて1巻のみ見つけることができましたが、あまりの痛みように買うのを断念してしまいました。
よかったら是非お願いします~。
まずはgooアドレス宛にメールをお送りするのでいいですか~?
あこさんへ (満天)
2007-08-30 09:19:44

了解です!
待ってますのでお願いします~
アドレスはpote741@mail.goo.ne.jpです
一応、入れておきます~

最近は会社でメールを見るので
gooを使う事が殆どでやんす~
ほいでも…多分…来年ですよ~~~
今、他の人の所で
次が決まってまして
その次に入れておきます~~~
首を長~~~くしてお待ち下さいね~~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「不思議な少年」/山下和美 (雨降り人色バス)
満天さんにお借りして「不思議な少年」読みました! 表紙に登場している金髪の美少年が彼の「不思議な少年」なのですが・・・ちっちゃく...