ぽたねっと.com

超ビギナー夫婦が小径車に乗り、わずか数年でポタリストとなった(と思われる)奇跡の記録。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

祝!納車♪

2005年10月25日 | BD-1Z
我が家に念願のBD-1 がやってきた。


購入検討の時からせっかくBD-1Zを買うのであれば、かっこよくオールブラックにカスタマイズしてみようと思い、以下のパーツに初めから交換をしてもらった。

・サイクルしぶやさんのハードスプリング(前後・BLACK)
 →小デブのオットでも耐えれるスプリングが必要?
  

・loroさんのオリジナルアルミスタンド(BLACK)
 →オールブラック化計画に絶対必要不可欠!


あとはステムとシートポストとペダルを交換したかったが、はるかに予算オーバー

今回のスプリング交換で気になったのが、前サスの芯のようなスポンジが折りたたんだときによく外れるのだがこんなもんなんかなあ???(オット)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

グリップ交換(FRETTA)

2005年10月25日 | FRETTA-T
購入の際、ポジショニングの確認のためにFRETTAに跨ったのですが、いくつか気になったことがありました。
まずひとつめ、
  「グリップがつるつるで滑りやすそう」

FRETTAのハンドルグリップは表皮で、当然ながらゴム製のような凹凸が全くありません。
  
↑こんな感じで表面ツルツル

早速、カンザキ吹田店へグリップの物色にいきました。
私が事前にチェックしていたのはコレ。

1.CX-R  スポンジグリップ(CGK)
 感触がフワフワで柔らかく、25gと軽量。エンドキャップが付属しているため、後々バーエンドが欲しくなった時も取り付けが楽そう。

2.BG-コンフォートグリップ(スペシャライズド)
 何といってもボディジオメトリー(?)。独特の形状が握りやすそう(な気がする)。

実物を見ても甲乙つけがたく、結局1を買うことにし、店員さんに渡すと
 「あー、これ・・・」
絵に描いたような苦笑い、何かあるとしか思えません。どうしたんですかっ!?
 「これ、最初はフワフワで気持ちいいんですけど、だんだんカビカビになりますよ。」

オット、隣で爆笑。
た、たしかに素材的に耐久性はなさそうだ。(自分のセンスが否定されたみたいで少し恥ずかしい
じゃあ、2はどうです?

 「いいんですけど、ちょっとごついんです。お客さんだと扱いづらいかもしれません。」
えー、じゃあ、どんなのがいいと思いますか?
 「好みがありますけど、グリップなんて靴下みたいなものですからシンプルなのが僕は好きですね。」
靴下か・・・わかりやすい表現ですねぇ。
 「素手で自転車に乗るのは絶対にやめた方がいいです。 グローブをしていれば、このグリップで充分。
何回か換えるうちに自分の好みが分かりますから。」
 
うーん、なるほど。
最初から凝るよりも、まずはシンプルなもので試すのがいいかもしれない。
結局、購入したのはコレ。

■VLG-108A (VERO)

本当に何の変哲もないデザインですが、すっきりしていてFRETTAにはあっています。
グリップが薄い分、女性や手の小さな人には扱いやすいかもしれません。
次のポタが楽しみです。
(ツマ)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加