散歩写真をBGP(Back ground Photo)に
日々の徒然、主にたべもの。
わたしの居場所~M's Lunch Boxes



さていよいよ大団円です(笑)

p夫君の転勤が決まる前から
中国地方で家族の一大イベントが予定されていました。
p夫君の親戚が一同に会す法事&旅行です。

彼の両親はどちらも兄弟姉妹が多く、
そしてみんな仲良し。
なんだかんだと旅行したり集ったり。

昨年長女である伯母さまが100歳超えで亡くなられ
そろそろ皆様も健康上の不安を抱えるようになったこともあり
広島の山の中にある一族のお墓を訪ね、
幾人かのご先祖様の回忌のあと旅行に行くことになったらしい。

普段は遠巻きにしているわたくしですが
今回は嫁も ということで(でも嫁で参加したのはわたくしだけだったけど)
参加させていただくことになりました。

広島での法事のついでに 義母の実家のある島へ渡り叔父を見舞い
p夫君たちのいとこ会にも参加させてもらい
さらに 観光バス一台貸し切りの 一族大旅行へも参加するという大イベントとなる。

トップ画像は 高速艇という定期的に本土と島を結ぶ船。
この船は 通勤通学の足であり いとこたちもこれで広島市内の学校へ通ったそう。
島の暮らしは 時にオサレに伝えられるけれど、やはり不便なことも多いのだろうと
そこで暮らす方たちを見ると思う。

叔父の家へお邪魔した時 叔父を介護している高齢の叔母が
 「今日は珍しくシュークリームを売っていたから」と
お茶と一緒に 懐かしい感じの(むかーしパン屋さんで買ってきたような)シュークリームを出してくださった。
帰りに 港近くのJAに 妹と寄ってみたけれど、
欲しいものがコンビニですぐ手に入る生活に慣れ過ぎているわたくしたちは
なんだか自分の暮らしを恥じた。



p夫君と妹が 「ここは昔駄菓子屋だった!」と感動していた場所。



ほとんど人とすれ違うこともない、曇り空の下、
家族四人が歩く姿を 少し離れたところから見ながら
この距離は確かに埋められない距離ではあるのだけれど
今となっては 後ろを離れて歩くことができる自分になっているのだ。
望めば ここに並んで入ることもできるし 並ばないでいることもできるというか(笑)

船で市内へ戻った後は
これまた個性的な集団である いとこ会へ。
学者肌の人の多い一族なので 話は聞いているだけでも面白い。



翌日は 広島から3時間ほどかけてバス移動。
鳥取の三朝温泉での大宴会である。
部屋割りは ほぼ年齢順に振り分けられ
初めましての親戚の方と一緒に温泉に入り、
女子トーク(ここでは最年少)を楽しんで夜が更ける。

この30年でずいぶん 人の名前と顔と続柄も覚えたけれど
わからないままお話していることも多く(笑)



朝の桜のなぜかまぶしいこと。

3日目は 足立美術館
広島から三朝温泉、そして足立美術館と まあ移動距離ばかりいたずらに長い旅ではあるが…。
黄金比で作られたであろう庭園と日本の画家さんたちの作品、
そして 美術館自体が作品でもあるここは 一度は見ておいて損はなかったと思う。



そんな中 一番好きだったのは、こちらのお茶室のふすま。
このふすま紙、うちの茶の間に使いたい…。
… どこへ行っても何を見ても 我が家レベルに引き下げてごめんなさい。

もう一泊するという両親たちと別れて 岡山駅まで高速バスにて移動。
おそらくこの二日間 ほとんどの時間をバスの中ですごしたことなる。
サイコロの旅の彼らの気持ちを 少し垣間見た気がする。

最終日は 無理やり仕事を休ませてもらっての最後の倉敷。
といっても 観光ではなくp夫君の荷物の整理。
これで本当に 倉敷とお別れだ。
過ぎてしまった三年間だったら この三年間両親も元気だったし
わたくしもこちらへ一時住んでもよかったなぁと思う。
過去の話になったから言えることではあるけれど。

倉敷もそうだけれど 瀬戸内のあちこち、四国や山陰まで渡れたのは
大きな収穫だったと思う。
今後 もし移住という選択をすることがあったら
倉敷や山陰は候補地として浮上してくると思われるくらい好きだった。



この日は新倉敷から仕事へ出勤。
こんなことができるのも 新幹線のおかげ。



エクスプレスサービスで こつこつとためたグリーンプログラムのポイント。
ちょうど三年間で1000ポイント達成して めでたく最後にグリーン車へのグレードアップ。
車内誌は ちょうど行きたかったけれど行かれなかった小豆島の特集。
岡山駅のコンビニにあったえびめしのおにぎりを食べながら
雨模様の車窓を眺めるのもいいもんだ。

ちょっと遠いけれど かなり濃厚な三年間をありがとうございました。

お・し・ま・い。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« さよならとき... 宿題のつづきと。 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。