散歩写真をBGP(Back ground Photo)に
日々の徒然、主にたべもの。
わたしの居場所~M's Lunch Boxes



ブログ仲間のご縁があって、上越市高田にあるミニシアターで
地域活性に貢献しながら、映画の普及に努めていると聞き
これは応援せねば…と今回イベントに参加することになりました。

チーム猫好きのメンバーの予定がうまく合い、
また 地元で行われる謙信酒祭りなるイベントともブッキングしていたので
今回は マサラ上映という、インド映画を何倍も楽しもうという企画らしい。

当日は早朝の新幹線で出発。
ちなみに 上越 = 新潟 = 北陸新幹線 だと思っていたら
乗車するのは長野新幹線だと初めて知る。

そして 新潟 = 学生時代の友人で映画大好きだったカワくん(仮名)= 学生時代インド放浪 
という図式もあったので
せっかくだからと 三条在住の彼にもメールを送って参加を募ってみた。
(ちなみにこの映画館のある高田と三条は 同じ新潟市でもエリアが全く違い
車で1時間半はかかるそうだ。知らないって怖い)

上越妙高駅に着いたのは 8時40分。
そこからえちごトキめき鉄道なるローカル線に乗り
今宵の宿となる仲間の娘さんの家に着いたときは まだ家主は夢の中だったもよう。

町並みは 雁木づくりと呼ばれる雪国独特のアーケードのような付きの歩道と
かなり空き家の目立つシャッターストリート。
店舗なんだかおうちなんだか 区別のつかないような町家が続きます。

となると 当然目に入るのが なつかしフォントをふんだんに使った看板たち。

娘さんのおうちからその日ちょうど開催中の朝市と酒祭りに向かうのに
あっちへ引っかかりこっちへ引っかかり かなり時間を費やしました。
しかし!早朝出発の功あって 時間はたっぷり。
さて 上越高田のタイポさんぽでございます。



まず驚いたのは 雪国仕様の各戸についているはしごにちょっと感動。



この標識もここならでは。
雁木というのは各戸が軒を通りまで伸ばして 雪が降っても行き来できるように工夫されているつくり。



こちらは今回 初めての町を移動するのに目印となった 角の果物屋さん。
こういうお店 最近減ってしまいました。



「プチフール」という菓子店。おそらく始めたころはとってもオサレな名前だったのでは?





この「まちだ」さんのフォントは 昭和の香りがします。





ライブとかもやってるらしいレコード店。Heart&Music多田金さん。
「ただきん」という響きがここちよく この前を通るたびになごみます。
コンサートの告知ポスターにも名前が載っていたりしたので 高田の文化スポットなのでしょう。
ちなみにHPがあって 覗いてみると

上越市の名曲「高田の四季」「上杉謙信の歌」「高田スキー音頭」「越後いたこ」
「糸魚川エレジー」「八社五社」など20曲余を収録した当社オリジナルCD、カセットテープ、ビデオテープは、
大好評 発売中!!ORIGINAL RECORDES をクリック!!                          
越後ごぜ唄  注文殺到!!このサイトで音をチョットだけ聞けます。

と 懐かしい作りのページから頑張っているようすがうかがえました。



こちらは町家交流館小町
吹き抜けの美しい 資料館+観光スポットです。

ここで見つけたのは これとか



これはちょっと萌えポイント高かったです。



お部屋のインテリアにしたい。
そしてなんとこれ 日本統治下の台湾で作られていたお菓子だそうです。
向田邦子さんの「父の詫び状」にも登場するらしいので 本棚を探したのですが
魔窟化してて見つからない…。これは読み直してみなければ…。

この町家交流館、どっしりとした作りがここちよく
今回の旅で お気に入りの一枚が撮れました。



なによこれ?って感じの写真ですが、吹き抜けの太い柱を見てみると
鑿(ノミ)のあとが逆光によく映えていたの。



美味しいものにも美味しいフォント見っけ。



棒状になったカレーパンが入っていました。



こんなとぼけた丸いフォントも。
この笹だんごパンは しっとりパンの中に笹団子が丸ごとイン。

こちらは子どもたちの声が聞こえてきそうな お子様御用達のお店。
学校の前にあります。





そしてこちらが今回のメインとなる 高田世界館の入り口。
1911年創業の日本で一番古い映画館になるのだそう。
イベントがらみだったので内の作りがゆっくり見られなかったため
後日撮影旅行に出かけるつもり。

当日は午後から オームシャンティオーム「恋する輪廻」の上映。
実のところインド映画はまったく知識も興味もなかったのですが
歌って踊ってテッパンな構成で 最初は馴染めなかった俳優さんたちの濃いルックスも
終わるころにはすっかり馴染んでしまいました。
2007年公開のこの映画は 今でも根強いファンたちによって繰り返し上映されているようです。

マサラ上映という独特な鑑賞法も初体験。
映画の中の盛り上がりと一緒に 台詞に参加したり踊ったり(仮装もあり)
もっとも映画自体を知らないと あれよあれよという間に終わっちゃいますよね。
その道のプロの方たちが前方で 盛り上げてくださっていました。

片道1時間半の道のりを来てくれたカワくんは 
さすがにインド通映画通だけあって わたくしたちが覚えきれない俳優さんたちの名前を
いとも簡単に口にし、彼らがインドでは大スターであることを教えてくれました。
そして どさくさ紛れにアッシー君までさせてしまった車の中では
インド音楽がカーステレオから…。
一時間半 これを聞いてモチベーションを揚げながら来たのでしょうか。

映画の上映中は 紙吹雪やらクラッカーなどが自由に飛び交い
その代償として 館内のお掃除までが上映会というイベント。
紙吹雪の中には スターたちの写真が紛れ込んでいて 
掃除をしながら 何枚かお持ち帰りしました。



こちらが上越タイポさんぽのお土産。
大事に撮っておきたいと思います。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 近くで台湾ごはん おまえらバカだよ »
 
コメント
 
 
 
お疲れさまでしたぁ〜 (n)
2016-10-31 10:29:07
楽しい旅、ご一緒できてホントうれしかったです。
『ただきん』と『御旅館』の並びでの、最高潮に達した盛り上がり。
風邪の熱のせいばかりでなくワタクシの体はホットホットに盛り上がっておりました(この歓びの感情がまわりの方にわかりにくいのは母娘そっくり)
民宿を始める夢は、今回ですっぱり諦めました。
貸し部屋ってことで、みんなで作り上げるっていうのはいかがでしょうか。
冬はみんなで雪を下ろし、
夏はみんなで草を取る。
春はみんなでサクラを愛で、
秋はみんなで紅葉を・・・
 
 
 
★nさんへ (p)
2016-11-01 00:00:15
いろいろありがとうございました。
淡々とそれでいてとても盛り上がりのある旅になって
楽しかったです。
そして 体調悪いのに無理をさせてごめんなさい。
貸し部屋!いいですね。
広さは十分にあることが分かったので(笑)
これからすこしずつ環境を整えていきましょう(^^♪
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。