goo

POSSEも登場。雨宮処凛さん『生きさせろ!』発売中。

■雨宮処凛さん著『生きさせろ!』発売中!

雨宮処凛さんの新刊『生きさせろ! ~難民化する若者たち~』が先月15日、発売されました。
もう一ヶ月になりますが、みなさんご覧になりましたか? 

偽装請負の派遣社員、生活保護、日雇いフリーターの生活、正社員の過労自殺…。
取材された人たちの置かれている現状が劣悪なことは言うまでもありません。
ただ単にそれだけの内容ではなく。むしろその状況を打破できない彼らの抱える閉塞感、将来への不安などがにじみ出ていて、わかりやすい文体にもかかわらず、重苦しい全体に雰囲気が立ちこめています。
単に記事のネタとして取材しに来るテレビや雑誌とは異なり、現場を見て当人の話をじっくり取材し、自らも直接の体験をした人のみが伝えることのできる迫力があると思います。

現在の労働問題を考えるための入門書としては、非常に良い本でオススメです。

■POSSE取材の裏話

なお、わざわざ第六章「抵抗する人々」に「POSSE」という項目を設け、POSSEの代表へのインタビューも掲載して頂いています。

取材を受けたのは、昨年の夏。まだPOSSEも始まったばかりのころでした。
ロリータファッションを見にまとい事務所に入ってきた雨宮さんに一瞬たじろぐ代表の姿が印象的でした。
雨宮さんて『新しい神様』の人だ~、というぐらいの認識しかなかったので、その奇特な経験にもとづくアクロバティックなコミュニケーションを予想して身構えていたのですが、雨宮さんのあまりに「まとも」な問題意識に拍子抜けしてしまったものでした。

そのへんの雨宮さん自身の意識の変遷の経緯も本書には書かれています。
いまではすっかり格差問題を語る若手論客の1人になられていますね。

『生きさせろ!』の取材以降、雨宮さんはPOSSEの会員になってくださるわ、POSSEのシンポジウム『偽装「再チャレンジ」』に出演されるわ、『生きさせろ!』とは逆にPOSSEのフリーペーパーのインタビューにも応じられるわでPOSSEのためにも大変ご尽力いただきました。本当に感謝です。

■POSSEフリーペーパーも好評配布中です~

なお、『生きさせろ!』を大量に置いているヴィレッジ・ヴァンガード下北沢店に、雨宮さんのインタビューを掲載したPOSSEのフリーペーパーとのコラボをお願いしたところ、売り場担当者の方からあっけなくOKが!

というわけで『生きさせろ!』の横にわざわざフリーペーパーを設置して頂けました。ありがたいですね。こういう地域とのタイアップも今後いろいろ展開していきたいですね。

※POSSE事務所にも雨宮さんのインタビューの掲載されたPOSSEフリーペーパー『POSSE VOL.2』はまだ在庫がございますので、もし欲しい方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。(E-mail:posse-npo@hotmail.co.jp)

(POSSE事務局)
コメント ( 1 ) | Trackback ( 4 )
« 4/1~4/7の労... 5/8(火)... »
 
コメント
 
 
 
はじめまして (shira)
2007-05-06 21:03:03
 はじめまして。高校の教員です。
 POSSEは「Mammo TV」のインタビューで知りました。やみくもに若者の自己責任ばかり求める風潮に辟易としていたところで、以来こちらのブログも読ませてもらっています(勝手ながら、私のブログのRSSに加えさせていただいております)。これからもご活躍ください。
 雨宮さん、地に足が付いていていいですよね。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
本能の罠 ~戸塚宏『本能の力』から考える~ (新・後藤和智事務所 ~若者報道から見た日本~)
 以下の記事にトラックバックします。 今日行く審議会@はてな:教育再生会議はバーチャルな世界で教育改革をやっている 西野坂学園時報:ひきこもりから収奪して肥え太る姉妹豚・長田百合子&杉浦昌子 保坂展人のどこどこ日記:浅野史郎さん惜敗、悔しさをバネに カ...
 
 
 
要望はそこら中に (表現空間S.R 管理人のノート ブログ型)
  今回の記事は当サイトhttp://www.geocities.jp/hyok
 
 
 
『階級社会』 (右近の日々是好日。)
 こんにちは。今回は、マルクス主義社会学のH先生による『階級社会』(講談社、2006年)を読んで、私が考えたことを書きたいと思います。  H先生は、まず、「階級」とは、所有する経済的な社会的資源によって人々が区分化され、序列化された状態であることを示します。...
 
 
 
雨宮処凛 『生きさせろ!』 (身近な一歩が社会を変える♪)
実は、雨宮処凛さんの本をちゃんと読むのは、これが初めてです。 雨宮処凛さんのことは、就職氷河期世代の代表として、当然知っていましたし、新聞その他のメディアでお見かけすることは多いのですが。 自分自身も、「生きづらさ」を抱えた人間として、雨宮処凛さ...