goo

『POSSE』vol.35刊行記念イベント「学生がつくる働き方雑誌が続く理由」を開催します!

 7月15日(土)に、『POSSE』vol.35刊行記念イベントとして「学生がつくる働き方雑誌が続く理由」を開催します。
 『POSSE』の創刊は2008年、ちょうど派遣村が大きく取り上げられた時期でした。その後も、2010年にはブラック企業や就活、2011年には震災とタイムリーなテーマを特集し、そして2013年はブラック企業特集を続け、学者や評論家、論壇からも注目される存在になりました。
 そんな『POSSE』は、創刊時から学生ボランティアの手によって作られています。なぜここまで継続して作り続けられるのかについて、NPO法人POSSE事務局長・渡辺寛人と編集者・小林えみ、『POSSE』学生編集部員・鈴木による鼎談をおこないます!

日時:7月15日(土) 15:00開始

会場:しばしば舎(埼玉県川口市芝新町8-13)
JR京浜東北線蕨駅下車東口徒歩4分

登壇者:

渡辺寛人(NPO法人POSSE事務局長)
1988年、神奈川県生まれ。NPO法人POSSE事務局長、ブラックバイトユニオン代表。東京大学大学院博士課程在籍。社会福祉士。専門は貧困研究、社会福祉学。ソーシャルワーカーとして貧困問題に取り組んでいる。共著に『断絶の都市センダイ』(朝日新聞出版、2014年)。


小林えみ(編集者)
1978年、東京都生まれ。編集者。主に堀之内出版にて編集・営業担当。担当の書籍に『ウラオモテヤマネコ』、『貧困の現場から社会を変える』、『地域アート』、『神話・狂気・哄笑』など。


鈴木(編集部員)
大学生。『POSSE』編集部員として、雑誌政策に携わっている。

料金:学生・未就労者無料(自己申告)、一般:前売1000円、当日1300円
[申込]
前売りはPeatixでチケットをご購入いただくか、直接しばしば舎にご来店で申し込みいただけます。
Peatixの申込みページはコチラ→http://peatix.com/event/277336


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 6/30(金... iPhoneアプリ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。