宇宙人エロヒムが好きだ☆

宇宙人エロヒムについてのコラムと趣味の話

アスパルテームは危険ですから、飲まないでください!!

2012-01-30 23:17:31 | 健康
ダイエット〇ークや〇ルピス系によく入っている人工甘味料アスパルテームは、人をゆっくり殺すスローな毒のようです。

ダイエット系ドリンクには必ず入ってます。

これも〇ダヤバンカー(銀行家)たちの、地球人口削減計画の一環と聞いたことがあります。

人口削減したかったら、産児制限をすればいいだけの話と思いますがね〜♪

下記はBetty Martiniさんの報告の翻訳で〜す♪

英語の原文はこちら Hidden FDA Studies Show Aspartame Causes Birth Defects
Open Letter to EFSA - More FDA Hidden Studies showing aspartame causes birth defects: Parliament informed
From Dr. Betty Martini



隠されたFDAの研究はアスパルテームが先天性障害を起こすことを示している

べティー・マティー二(Betty Martini)によってイギリス議会に報告された、EFSA(欧州食品安全機関)に対する公開状



あなたがたが公にできるのは会社側の研究や宣伝だけで、私たちが送った全ての調査研究や、独立した同僚評価研究を公にできないことは分かっています。

それらの調査研究は、アスパルテームは安全であると全く証明されていないこと、FDA(アメリカ食品医薬品局)は会社が非難されてほしいと思っていること、アスパルテームに関する研究は記録から消去されていたこと、アスパルテームが飲食の市場に出回っている唯一の理由はドナルド・ラムズフェルドの政治的詭弁であること、などを示しています。

独立した同僚評価研究や発ガン物質研究は、アスパルテームは最初からがんを生じさせることを示しています。

FDAと共に働いていたBressler レポートの作者Jerome Bressler は、FDAが彼の報告から削除した2つの研究を私に発見するよう懇願しました。なぜならアスパルテームの先天性障害について人々に警告することが重要だからです。

発見するまでに8年かかりましたが、それらの研究はここにあり、議会はそれらに目を通しました。

デンマークの研究がアスパルテームは早産率を78%上昇させることを示した後、イギリス議会はアスパルテームの先天性障害を警告することをとても懸念しました。

FDAが産業界のために世間から隠し封印した、アスパルテームは先天性障害を起こすという研究をFDAは認めていたことに注目してください。自閉症がなぜ今流行しているのかこれでお分かりでしょう。

議会は、アスパルテームは心臓発作、肥満、脳出血、空腹時血糖値の上昇、がんなどを起こすことを示す他の全ての研究についても知っています。

今、封印された未発表の研究がさらにWoodrow Monte博士によって入手されました。アスパルテームと水頭症や口蓋破裂症についての研究は、世間から隠されていました。それらは、アスパルテーム中のメタノールについての彼の新著書”科学が眠っているとき”の中で考察されています。

この本のいくつかの部分を読んでみましょう。なぜならこの本は、イギリス・アスパルテーム・意識キャンペーンでJim McDonald が世間に公表したメタノールとホルムアルデヒド問題について述べているからです。

「私は故意に、1978年9月11日日付のFDAの重要な記録メモを見ることを妨げられていました。その記録メモには、アスパルテームと先天性障害と重篤な脳の発達障害についてくわしく書かれていました。母うさぎに妊娠中にアスパルテームを与えた実験で分かったこの記録と調査データは、30年以上、2011年3月まで秘密にされていました。情報要請の自由の結果、その記録はついに発表されました。」

「アスパルテームを与えられたうさぎが産んだ子ウサギに明らかな複数の神経管の先天性障害が発見されたと、FDAの記録メモにおいてトーマス・コリンズ博士は報告しています。その研究は1974〜1975年にG.D. Searle とHazeltonの研究所で行われました。」

「アスパルテームが先天性神経管障害を引き起こす試験が確かだったかどうかは、2011年1月16日まで私には分かりませんでした。その日、確かな犯罪の証拠であるFDAの記録が私の手に入りました。これは、1983年に私が見ることを許可される前に、アスパルテーム協議ファイルの中から除去されたたくさんの重要な記録の内の一つでした。」

「1978年のFDAの記録後20年後に、メタノールはもう一度テストされ、ねずみにおいて先天性神経管障害をもたらすことが発見されました。この日までアスパルテームは催奇性物質のリストに載っていませんでした。なぜなら、FDAとG.D. Searle は、アスパルテームの安全性を強調し、妊娠中に飲んでもリスクは全くないと偽って主張する偽の科学論文をお金で科学者に書かせ、産婦人科医や小児科医が読む国際的産科雑誌に発表していたからです。」

「一つの例として1980年のNEDO(New Energy Development Organization)の報告から失われたページは、全く委員会のメンバーの下へは配られませんでした。問題のページには、2世代のねずみにわたって脳の重さが減少したことを示す研究が含まれていました。その研究は特別な副次的研究で、再度検証されました。」(私はここで自閉症の子供はしばしば、生まれたとき脳が小さいことを指摘しなければいけません。)

 メタノールは先天性障害のとても大きな原因の一つですが、50%フェニルアラニンはもう一つのその原因です。Louis Elsas 博士は議会の前でこのことを証言しました。大いに激怒がありました。なぜなら、大勢の人々がアスパルテームに毒されているからです。

1985年と1987年の間に議会で3つの公聴会がありました。政治的権力は上院議員Metzenbaum の法案が委員会の外に出るのを防ごうとしました。Metzenbaum はアスパルテームを一時停止にしたいと思っていたのです。NIH の独立した研究では子供の行動障害や心臓麻痺などが見られていたからです。

どれだけ多くの、家族が欲しいけど子供ができない女性が増えているか、考えてみてください。アスパルテームは内分泌ホルモンを破壊する物質で、プロラクチン分泌を刺激し、月経を変化させ、不妊症を起こします。女性たちはそのことを知りません。

アスパルテームを止めて妊娠し、再びアスパルテームを飲用すると流産や早産になります。


研究者への脅しと不可解な事故

私たちアスパルテーム研究者は皆、死の脅しと不可解な事故にうんざりしています。

Richard Wurtman 博士は Searle の副社長に脅しを受けました。もしアスパルテームの研究をするなら、研究資金は拒否されるだろうと・・そして、そうなりました。MITは今は研究資金を得ていますが、Richard Wurtman 博士はもはやアスパルテームについて語りません。

James Bowen 博士はアスパルテームについての本を書き、何度も脅しに遭っています。多くの事故や不法侵入に遭いました。彼はアスパルテームでALS(筋萎縮性側索硬化症)になっています。

Maria Alemany 博士はバルセロナで私に、アスパルテーム製造業者に暗殺されそうになったことを語りました。彼の行った、遊離メチルアルコールから変換されたホルムアルデヒドは人間の臓器に防腐処置をしてミイラ化させ、DNAを破壊するという研究のためです。その研究後、彼はアスパルテームによって2億人の人が死ぬだろうということを知りました。

私がイギリスで講演したとき、イギリスのイミグレーションは私を3時間半拘束し、アスパルテームについての資料を没収しました。彼らの質問は普通ではありませんでした。「もしあなたをイギリスに入国させたら、一体どれだけ大勢の人がアスパルテームの危険性に気づくと思っているのですか?

そして、私は空港医師のところへ連れていかれました。私が12時間飛行機に乗っていたので、尋問できる状態かどうか調べるためです。しかし、彼らはロバート博士のアスパルテームの資料を医師の机の上に置くというミスを犯しました。

医師は、1000ページに及ぶアスパルテームによる疾患の文書を見て、私に言いました。「私はアスパルテームを使っています。」「では、あなた死にますね。」「私は糖尿病です。」「ならあなたは早く死にますよ。」ロバート博士は糖尿病の専門家だったのです。

その医師はロバート博士の文書を読んだ後、イミグレーションにこう言いました。「没収した文書を全て返して、彼女を入国させなさい。」

そして、私がShrewsbury Shropshire で講演したとき、アスパルテーム製造業者の法律顧問らは講演を録音するためスパイを送ってきました。2回目にイギリスで講演したとき、主流マスコミはそのことをもはや記事にしませんでした。ある人が、新聞はアスパルテーム産業の弁護士に脅されていると教えてくれました。

私がセントルイスでちらしを配っているとき、ある男性に止められました。「私はあなたよりアスパルテームについてよく知っています。」話してみるとその人は内科医で、彼は、その地域の医師らはもしアスパルテームがアルツハイマーを起こすことを誰かに言ったら訴えると脅されていると述べました。またある情報提供者は、NSDA(今のAmerican Beverage )は10年間の研究でアスパルテームは先天性障害、アルツハイマー、失明を起こすことを証明したが、それらを決して公にしないと述べました。

ここにイギリスの新聞に掲載された記事があります。リンパ肉腫の女性がダイエットコークを手にしている写真と警告が載っています。またそこにはイギリス・アスパルテーム意識キャンペーンのJim McDonald のコメントが出ています。

メタノールとホルムアルデヒドは何を起こすか知っています? リンパ肉腫と白血病!Morando Soffritti 博士はアスパルテームは発ガン物質であることを示す研究で何を発見しましたか?リンパ肉腫と白血病!

だいぶ前に、ロバート博士(Dr. H. J. Robert )は、私にダイエットコークを持ったジャクリーン・ケネディの写真を送ってきました。彼女は何で死んだでしょうか?リンパ肉腫。この女性と同じ病気です。

「アスパルテーム・メタノールについては、家庭医や他の開業医を含むとてもわずかな人々しか気づいていません。メタノールは人間にとって激しい代謝性の毒です。これはひそかにゆっくりと効く毒なのです。0年から20年かけて神経や臓器を破壊します。アスパルテーム入りのガムやダイエットドリンク、味つきドリンクをいつも愛用している人がいたら、その人の家庭医に連絡してアドバイスしてもらうべきです。」

なぜあなたがたのような政府機関(EFSA:欧州食品安全機関)がアスパルテームの企業に忠誠をつくすのか、私には理解できません。

FDAは私に電話でこう弁明しました。”それが何だというのですか?私たちは人口を激減させなくてはいけないのです。” この人は悪魔に取り付かれています。普通の人間はこんな発言をしないでしょう。

ある人々は、アスパルテームはドナルド・ラムズフェルドの権力によって保護されてきたと捉えています。彼がG.D.Searle の役員をしているとき、彼の政治的詭弁によりアスパルテームは市場に出回りました。

大事な子供のこと、アスパルテームによって自閉症になった子供や多発性硬化症になった犠牲者のことを考えてください。アスパルテームで失明した人々や死んだ人々のことを考えてください。それらは、医療書が語る全てのアスパルテームのことよりも、恐ろしいことなのです。

  
ジャンル:
社会
キーワード
アスパルテーム アルデヒド レーション ラムズフェルド イギリス議会 多発性硬化症 セントルイス ジャクリーン イギリスの新聞 バルセロナ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« CIAとモサドはアルカイダとい... | トップ | ラエルは沖縄の米軍基地を閉鎖す... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (サフィ)
2012-11-08 01:47:49
とても情報を集めてらっしゃるようなので、ご存じでしたら教えていただきたいのですが、
アスパラギルフェニルアラニンのメタノールエステルであるアスパルテームが危険ということならば、
タンパク質の加水分解(よく旨味添加物で使われていますし)などで生じるアスパラギルフェニルアラニンにも同様の危険性があり得るということでしょうか。

もし、アスパラギルフェニルアラニンが毒物ならば、他のオリゴペプチドにも同様の毒性があってもおかしくないですよね。
そうなってくると、問題はアスパルテームだけでなくなってしまう訳ですから、恐ろしいことです…

メタノールに関しても、発酵副産物として生成したものがお酒に含まれておりますので、
お酒を嗜むことも良くないのかもしれません。

本当に、何を食べればいいのか分からなくなってしまいます。
コメントありがとう! (にし)
2012-11-12 13:07:08
調べたのですが、よくわかりませんでした。すいません。
自分的には、アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムKや、調味料(アミノ酸)と書いてある商品は、買わないようにしています。本当、いろいろ調べると、わかんなくなってきますよね。
あべし (あべし)
2013-12-11 22:52:50
アスパルテームが特保にも入っている。おー恐い。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。