こころのしろくろ

 誰の罪?

どんなときも「好きなものは好き!」と言える気持ち…

2017年07月16日 | 日記
今日の『新報道2001』で、平井文夫氏が片山善博氏の「片山4条件」に対して、素晴らしい発言をした。このおかげで、今日は偏向報道を見ても気分がスッキリした。以下がその内容。

片山氏が安倍首相へ提案する、内閣支持率回復のための「片山4条件」とは、
①できるか・大決断!“加計”の白紙撤回
②村上誠一郎氏をあえて入閣
③菅さんの距離をおける?
④急がば回れ、憲法改正

これに対する平井文夫氏の発言
「さっきの片山さんの4条件というをのですね、これを悪意を持って解釈すると、つまり「規制改革をするな」「内閣府一致」「菅さんをクビにしろ」「憲法改正をするな」、そうすると確かに落ち着いて低い支持率で続きますが、それだったら安倍さんが総理である意味がないんじゃないですか?国民はそれでいいんですかね?僕はそれだとこれはむしろ安倍潰し4条件のような。」

今日の気分転換の歌
槇原敬之 - どんなときも。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海老蔵のブログ:生きている... | トップ | 蓮舫は自民党の小野田紀美議... »

あわせて読む