こころのしろくろ

 誰の罪?

蓮舫って、どれだけ日本人をバカにしているんだろう。

2017年07月13日 | 日記
蓮舫って、どれだけ日本人をバカにしているんだろう。
蓮舫たち民進党を見ていると、とても疲れる。
戸籍開示について、蓮舫は会見でゴタゴタ言っていたけど、民進党は他者に厳しく己に甘く、偽善者を装いながら日本崩壊を目論んでいる集団にしか見えない。
民進党は籠池や前川と組んで、国会を振り回すだけ振り回し、無駄な時間を作ることで国会の足を引っ張る。安倍政権は「こんな人たち」を相手にしてはいけないと思う。
ここ最近、私は政治に関することを見るのも、その感想を書くのも疲れた。
それは、今回の野党とその共犯のマスコミ報道を見ていると、安倍政権イジメにしか見えないからだ。
また、先日には沖縄の山城博治被告の国連演説について書いたが、被害者を装って国連を利用する行為は「日本の恥」であり、下の記事にある「山城被告らが防衛省沖縄防衛局の職員に暴力を振るう場面」の動画を見て、山城被告たちの行為は、子供たちのイジメの加害者たちと似ていると思った。私はこれらを見て、なぜか2015年の川崎市河川敷リンチ事件を思い出してしまった。

話はそれるが、松居一代を見ていても疲れる。
私は子供の頃からどこか抜けていて、自分が騙されたり、利用されていることに気付かない。
愚痴を吐く人は、共感だけ求めて、解決策は求めていない。そんなことも気付かない私は、ない知恵を絞って自分なりに一生懸命解決策を考えて、また相手が望む通り行動をして、結局最後には疲れ果てる。こんな自分はつくづくバカだなって思う。だから、できるだけ人との関わりは避けたい。でも、こんなバカな私でも、不幸ではないと思っている。感動を感じる心があれば、それはとても幸せなことだと思う。
というわけで、しばらくブログを書くのをやめて(投稿したいものは政治の感想ぐらいだから)、読書でもしようと思う。

最後に、先ほど2010年に獄中でノーベル平和賞を受賞した中国の劉暁波氏が亡くなったニュースを聞いた。悲しいという言葉しか見つからない。

国連利用に聴衆冷ややか 人権理事会で「抑圧」アピールの山城博治被告
http://www.sankei.com/politics/news/170618/plt1706180005-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/170618/plt1706180005-n2.html
山城被告は人権理事会関連のイベントでも、約50人のメディアやNGO関係者らを前に「私たちへの不当な処遇は政府の圧政にあらがう県民への見せしめ、恫(どう)喝(かつ)であったことは言うまでもない」とアピールした。沖縄タイムスの記者も登壇し、同紙と琉球新報の地元2紙が「政府から言葉による攻撃を受けている」などと主張した。
ところが、山城被告らが防衛省沖縄防衛局の職員に暴力を振るう場面の動画に関する質問が飛び出すと、山城被告は「私は日本一のテロリストのように喧(けん)伝(でん)されている」とはぐらかした。「加害者」だったことが暴露され、居心地の悪い思いをしたようだ。国連を利用して日本人が発信する“嘘”が封じ込められた瞬間だった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有田芳生議員は何が怖いの?... | トップ | 私の勘違い。朝日新聞がまと... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-07-15 18:19:03
本当に非常識なことばかり書く人間ですね。
信じられないですね。

あわせて読む