こころのしろくろ

 誰の罪?

もしこれで稲田大臣が辞めちゃったら、軍事クーデターみたいなもんじゃないですか。

2017年07月23日 | 日記
今日の『新報道2001』での平井氏の発言。
「日報問題は実は自衛隊、陸上自衛隊の人が文民である稲田大臣を告発してますよね。もしこれで稲田大臣が辞めちゃったら、軍事クーデターみたいなもんじゃないですか。つまりその本来暴力装置である自衛隊はね、政治的な発言をしちゃ、政治的な言動をしちゃいけないんですよ。それがもう崩れちゃってるでしょ。僕はもうこれは由々しき事態なんで、あのう菅官房長官あたりがね、稲田さんと陸幕長の両方呼んで、白黒つけて、どっちも辞めてもらうと、そうするしかないと思うんですが、そういう意味ではもう来週そうそうにでも辞めさせたほうがいいと思いますが、ただ安倍さんがなぜ首を切らないかっていうと、この日報問題って、その戦闘があったか無かったかって、これは日本の防衛の根幹に関わる問題ですか?ねえ?それをこう「稲田おろし」に使っているみたいな部分があるんで、安倍さんもちょっとあのうムキになっていて、切れないというのがあるんで、僕はちょっと時間がかかるような気がします。」

私は「もしこれで稲田大臣が辞めちゃったら、軍事クーデターみたいなもんじゃないですか。日報問題って、その戦闘があったか無かったかって、これは日本の防衛の根幹に関わる問題ですか?ねえ?それを稲田おろしに使っている。」を聞いた時、その通りだと思った。こういう状況だからこそ、稲田氏は辞めるわけにはいかない。今ここで辞めてしまったら、野党と反日国家を喜ばすことになってしまうからだ。
しかし、いずれは辞めるだろう。それまでは嫌がらせのように挑発し、揚げ足をとってくる人には、絶対に感情を見せてはダメだ。笑顔で余裕綽々としていればいい。こういう時こそ「逆転の発想」で乗り切ってほしい。
そして、リオ五輪閉会式の「安倍マリオ」を見て世界が絶賛した時のように、後任の防衛大臣については、野党も反日国家もあっと驚くような、文句の付けようがない人が現れてほしい。

最後に、平井氏は笑顔でこんな発言もしていた。
「今、一番問題なのは、みんなして安倍さんをイジメているでしょう?で、安倍さんの票が逃げているのは、全部小池さんの方に行っている。民進党には行ってないから。で、僕は例えば、石破さんや平さんが拙速に安倍さんをおろすと、小池さんはヒッヒッヒと喜びますよね。それは注意しないと、乗っ取られてしまいますよ、本当に自民党は小池さんに。」

これらの平井氏の発言のおかげで、私の気分はスッキリした。


新報道2001 2017年7月23日 170723
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「お連れ様はどちらですか?... | トップ | サブリミナル効果(オウム)... »

日記」カテゴリの最新記事