こころのしろくろ

 誰の罪?

「やさしさ」と「強さ」の心理―自分を敵にまわすな!  (加藤諦三の本から)

2017年05月15日 | 日記
探し物をしていたら、ふと古いメモが出てきた。
何年も前の私は、いったい何を書き留めていたのだうと、少しドキドキしながら読んでみた。
そこには、加藤諦三の『「やさしさ」と「強さ」の心理―自分を敵にまわすな! 』という本の一節が書かれていた。

「理想の自分を演じようとこだわるから不安になる。自分が弱い人間であることを心の底では知っている。しかし、それを意識したくない。他人から弱く見られることを恐れている。そこで抑圧する。そうなるともう、彼は自分にそれを意識させそうな事件も抑圧しようとする。たとえば、自分が何か失敗しそうになると、ただちに他人を責める。」

読み終わって思った。これは、その時の私が常に意識しなければならない言葉だった。
でも、今はもう大丈夫だ。とっくの昔に理想の自分を演じるのはやめたし、そもそも私が考える理想の自分は、大したことがないことに気づいた。
人からはどう思われてもいい。自分が自分をどう思うかの方が大事なのだ。

そして、もう一つのメモには、何かで読んだ「自己実現」について書き留めていた。

自己実現とは
自分の限界を知り
不完全な自分
不完全な他人
不完全な現実を受け入れること
部分的な理解
部分的な愛情の世界で
理想的な自分になるということではなく
範囲と限界の中で生きている
不完全な自分を受け入れて
ありのままの現実的な自分になるということなのです

今、このブログを書きながら、この文章はどこで読んだのか気になったので検索してみた。
そして見つけた。下のサイトだ。
当時の私はこれを読みながら、いろいろなことを考えていた。
身近な人に「あなたは私のことを全然わかってくれない」と言われたら、どう返事すべきなんだろうかとか、なぜ不安なのかとか、どうしてそのような考え方になるのかとか、それから自分はどうなんだとか…。

今の私は…、人間関係は難しいけど、自分の考えをしっかり持っていれば、何があろうとどうにかなるって思っている。

誰も私のことを分かってくれない(下)
http://eggs.g.dgdg.jp/sikou/daremo3.html

思考と行動の問題点
http://eggs.g.dgdg.jp/sikou/sikou-index.html


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 条件が整ったので、ミサイル... | トップ | 籠池氏と民進党、世にはばかる »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。